メリハリのあるお味。

千代田区
08 /17 2017
秋葉原   ブリオッシュドーレ


母からこちらへ先に向かっていると連絡があり、父と共にこちらへ向かいましたが母は居ない・・・
河井は食べログで検索してこちらへロス無くたどり着けましたが・・・どうも迷っている様だ(^_^;)
店の前で到着を待ちつつナビしつつ、合流。
14:25訪店。

とはいえ、暑かったのでお先に「アイスコーヒーR(350円)」で涼を取っておりました(*゚ー゚)>テヘヘッ


2017年4月 (287)

母は念入りにリサーチしてきたらしく行きたいお店をリストアップしておりまして、
こちらはそのうちの一店。
母はテレビで紹介されていたらしい「トロペジェンヌ(350円)」をオーダーし、河井も右へ倣え。

・・・ん?
河井たちは窓際のカウンター席に陣取ったのですが・・・


2017年4月 (289)

窓の向こうのブースに「ねづっち」が登場するらしいぞ・・・

やがて竣工したトロペジェンヌ、結構大きいね(^_−)−☆
トロペジェンヌは南仏はサントロペで産まれた菓子パンの一種で、「サントロペっ娘」という意味合いを持つ様ですな。
なんでもブリジット・バルドーが愛したお菓子で、その名付け親が彼女だとか何とか。


2017年4月 (288)

ふふ・・・スイーツレビュアーの血が騒ぎますな( ̄ー ̄)(ぇ

ではでは。

手に取るとずっしりと重みあり、っつーか、結構大きいね(;´・ω・)
マ○○○ル○のハンバーガーよか体積あるんじゃないかな(;'∀')
そして冷え冷えですな。この日は気温が高かったのでありがたやヽ(´▽`)/
軽い塩気と甘みを有するブリオッシュに、柑橘系の風味ある爽やかなカスタードクリームが挟まれております。
ブリオッシュの上に付いているクリスプなあられ糖が食感のアクセントとなっていますな。
アイスコーヒー片手に瞬殺。

んー、

味にメリハリはあるんだけれど、絶妙、ってのではなかったなぁ。
大味というか・・・母の評価もそんな感じ。

接客は良かったですよ。こちらのムチャぶりにも頑張って対応していただいて・・・・もう、ホント、すいません<(_ _)>

お、どうやらねづっちが出て来るみたい。
ブースの前でしばらく待って・・・・ようやく登場ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

でも、暑くて退散・・・


つづく。




関連ランキング:パン | 秋葉原駅岩本町駅末広町駅


スポンサーサイト

純喫茶、ガード下。

千代田区
02 /09 2017
神田   神田珈琲園 神田北口店


食べログ3 (71)

神田 尾張屋本店で一枚手繰ったあと、こちらへ。
神田駅改札近くのガード下に在りました。

食べログ3 (72)

ほほう、いい佇まいだねぇ(^_−)−☆

食べログ3 (73)

元々ガードの一部でした、みたいな顔してますよ( ̄ー ̄)ニヤリ
14:45訪店。

食べログ3 (74)

1階の奥のテーブル席へ通されて座り、メニューを一瞥。
「珈琲園アイスコーヒー(500円)」をオーダー。

食べログ3 (75)

2分で竣工。
コースターは無し。

ではでは。

食べログ3 (77)

コク深く、苦味へのバトンタッチがスムーズですね。
余韻は甘味みたいな風味もありつつしつこくは無く、心地よいもの。
量は多くはないな。

食べログ3 (76)

年季の入った店内は、紫煙染み込んだブラウン系。
古いJAZZがよく似合っていますね。
年齢層は高めで地元民が多そうだな。

アルトサックスが哀しげに「You don't know what love is」を謳いあげる中、
遠くの自動ドアの向こうを歩く色んな民族の人達をぼんやりと眺めつつ、
食べログの下書きを仕上げたりしつつ、
満腹感、極まりつつ、
暫く時間を愉しんだ、河井なのでした。

なお、喫煙可。
タバコの煙はかなりキツいので、苦手な方にはオススメ出来ません事、ご了承下さいませ。




関連ランキング:喫茶店 | 神田駅新日本橋駅淡路町駅



テンポの良い老舗。

千代田区
02 /07 2017
神田   尾張屋本店


台湾ラーメンをいただいたあと、こちらへ。
こちらはあの木鉢会の一員で、創業は大正9(1920)年という老舗。

食べログ3 (60)

食べログ3 (61)

ほほう、ビルだよ、黒いビル!!
しかし入口周りは老舗の蕎麦屋感溢れているな。

食べログ3 (62)

うむ、いい店構えだ( ̄ー ̄)ニヤリ
14:15訪店。

チャキチャキしたおばちゃんに2階、というか中2階ですな、へ通されて奥の2人掛けテーブル席に座り、
メニューを眺め、
ますが、ヤバい、
・・・腹が膨れてきた(^_^;)
さっき喰らったご飯が台湾ラーメンのスープを吸って膨らんできたっぽいな(^^;)
という訳で、
「もりそば(540円)一枚下さい」

食べログ3 (63)

店内からは老舗の風格を感じますな(ま、外観からしてそうだがな)。
年季と清潔感が同居した、和の中にモダンをも感じさせる内観。
河井が居る中2階の下、つまり半地下にも客席が見えたっけ。

食べログ3 (64)

客は老紳士1人。このお店の雰囲気に溶け込むかの様な佇まい。
ああ、河井もいずれはかくありたいものだ(ちょっと無理め

食べログ3 (65)

3分で竣工。
量は少なめだな・・・

ではでは。

食べログ3 (67)

蕎麦は細切りで硬めの食感。噛むと蕎麦の風味がふわあっと立ち上りますね。
つゆは辛口で、かえしの甘味の余韻が心地良い塩梅。
ちょんと付けてずずっ、ちょん付けずずずっ、を一定のテンポで繰り返します。

食べログ3 (66)

ネギもワサビも風味あり、特にネギ美味し。
蕎麦の水切りは少し甘く感じたものの、端切れは一本も無し、見事なり。
蕎麦湯はナチュラルで、美味いねえ。
瞬殺。

食べログ3 (68)

上階はお座敷かな?呑み客が盛り上がっているらしく、おばちゃん達は忙しそうだ。
その間に予約の電話も引っ切り無し。
それらをチャキチャキとこなすおばちゃんの頼もしさ( ̄ー ̄)

食べログ3 (69)

良いお店って、心地よいテンポの様なものがある様な気がするのですよ(別にオカルト的なものじゃなくてね)。
先天性なのか後天性なのかは分からないけれども。
ここはそういうテンポがあって、河井はそのテンポに乗らせていただいたな、ってのが感想(べ、別にオカルト的なものじゃなくて、ね)。

ボリュームは少なめですが、まあこの価格だし。
がっつりいきたい方は
「重ねせいろ(918円)」を頼めば宜し。


つづく。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 神田駅淡路町駅岩本町駅


担仔麺寄りにしても、お高い。

千代田区
02 /06 2017
神田  郭 政良 味仙 東京神田店


ルー・ド・メールで破顔した後、少し迷ってこちらへ向かいました。

親愛なるマイレビュアー、ファブリアーノさんにこちらがオープンするという前情報をいただいておきながら、
行列がスゴいとの情報に頭を抱え(並ぶのが大嫌いなタチでして)、
狂騒が落ち着くまで我慢しておりました。
行列だったら尾張屋で蕎麦でも繰ろう、と保険もバッチリ(^_−)−☆
あら、並び、無いね・・・
営業して・・・・・いますねヽ(´▽`)/
13:45訪店。

食べログ3 (53)

よく通る声で「いらっしゃいませー」いただきました。
券売機で「台湾ラーメン(800円)」と「ご飯中(200円)」の食券を買うと、店員さんがカウンター席の前で「こちらへどうぞー」とスタンバイ。
食券を渡して座り、店内を見渡します。

食べログ3 (51)

情報通り狭いですな。うなぎの寝床みたいに奥へ細長い店内。
左手前に厨房があり、それに面してI字カウンターが奥へと延び、通路は狭いですね。
奥にはテーブル席が見えます。
カウンターの椅子は固定式で、後ろへ押すとスライドする機能が付いていますね。席を立つ時に有効なのかな?

食べログ3 (52)

客はまばら。
開店時の狂騒が落ち着いた、とは言え、
ランチ時を外した、とは言え、
ちょっと心配になるな。

食べログ3 (54)

3分で竣工。
小さいとは聞いていましたが、確かに小さいな・・・・
・・・いや、ちょっと、ホントに小さいなあ、丼(^_^;)
ライスはそれなりにボリュームがありそうですが・・・

ではでは。

の前に!!
取り敢えず、台湾ラーメンについて少々。
台湾ラーメンは1970年代、愛知県千種区今池の味仙にて産声を上げたました。
店主が故郷の台湾を訪れた時に食べた担仔麺を再現しようと試みますが、なかなか上手くいかず、
これを自分好みに(名古屋人好みに)アレンジして賄いとして出していたものを常連さんの勧めでメニューに加えたのが始まり、
と言われております。
やがてそれが爆発的人気を博し、近隣の店でも出す様になり、
今日では名古屋めしの1つに数えられるまでの存在になっております。
近年増えつつある台湾系の中華食堂で供される「台湾ラーメン(担仔麺のピリ辛アレンジ?)」とこちら「味仙」系の『台湾ラーメン』とはちょっと違い、
味仙系はニンニクと唐辛子がガツンと効いているのが特徴だとか。
中華食堂のタンタン麺が本場の担担麺とは違う様に、
台湾のラーメンを基に発祥した台湾ラーメンもまた台湾人が作る台湾ラーメンとは違う、という事ですな、
って何書いてんだかわからなくなって来た(^_^;)
因みにこちらは創業者の末っ子のお店であります。

改めて、ではでは。

食べログ3 (55)

混ぜる前にスープをいただくと、あっさり鶏ガラ醤油ベースで旨味と塩気が共に顔を出す塩梅。
これを混ぜ混ぜ・・・あ、でも麺はギッチリ入っていますね。
スープの色がみるみるうちに赤く色づいていきます。
先ずはスープから。
うん、そんなに辛くもなゴホッゴホッ・・・
いきなり咽せたよ、おい(^_^;)
因みに河井の辛さ耐性は、中本の蒙古タンメン(秋津と立川のお店)は味わっていただけますが、
秋津の五目蒙古タンメンはキツい、といった性能。ご参考までに。

スープ自体はアッサリさっぱりなんだけど、ニンニクとミンチの辣の辛さがガツンと来るね。
つかニンニクはガツンじゃないな、ゴツン、だな(^_^;)
車田正美風に言うと、ギャラクティカマグナム的なBAKOOOOOMだ。それに辣が付き従う塩梅。
国分寺のふうみどうの台湾ラーメンはマイルドな辛さにスープの旨味を感じるものでしたが、こちらはとにかくニンニクが遮二無二攻めたてる展開。

食べログ3 (57)

麺は中細麺で、まあそんなに自己主張はない。つか、ニンニクと辣には敵わず。
具はミンチ、ニラ、刻み葱。
ニンニクも具だな、刻み葱より入っているし。
お、細もやしも居た!お久しぶりですm(_ _)m
東じゃなかなか出会わないんですよね、細もやし。
これが入っていると、西からの刺客、って感じがするね。
淡々と瞬殺。

さ て こ こ か ら だ ! ! !

食べログ3 (58)

ご飯を丼に豪快にライドオン!!
んでもって、突き崩す、突き崩す、、突き崩して、、、混ぜるっ!!

食べログ3 (59)

・・・うはぁ、これこれ。これが醍醐味ですよ( ̄ー ̄)と思った刹那、

パタタタっと汗が、鮮血の様に。
・・・これが開戦、もとい、開腺の合図。
たちまち汗まみれ、もとい汗ダルマに陥る河井、ミスターデンジャーの如し。
ニンニクはやはりスゴいんだろうけれどもう麻痺してしまったな(*゚ー゚)>テヘヘッ

うおォン

・・・ここで我が胃袋が、溶鉱炉になりました。

無我夢中で完食。

辛いは辛いんだけれど、ヒーヒーするまでには至らず。
中本で北極とかペロリといけちゃう方なら余裕だと思います。
ボリュームは見た目よりはありましたが、やはり少なめ。連食しないならばライスは必須でしょう。
ライスとの相性は良かったですよ( ̄ー ̄)
辛さを中和しつつ麺以上にスープの旨味を持ち上げてくれましたし。
まあ、その分汗は掻く訳ですが・・・
接客は笑顔あり、キビキビした動きも好感。

しかしやはりCPがなぁ。
ライスはそれなりにボリュームあった(まあ200円だがな)けれど・・・
台湾ラーメン単品のボリュームは(800円の割には)物足りない。
担仔麺は本来小さい丼で供されるものなので、そういうものだと言われたらボリュームに関しては納得は出来ますが、
にしても、お高い。
「あと100円安ければなあ」ってのが総評。
あいや、
「ライスを含めてあと150円安ければなあ」が総評。
一時期の狂騒は完全に落ち着いたと見て良さそうですが、大丈夫だろうか・・・
ニワカ客が消えた後、地元のリピーターを掴んでいないと厳しいと思うなあ。
なんて思いつつ、


つづく。




関連ランキング:台湾料理 | 神田駅淡路町駅小川町駅



【オムの細道:296】 1500レビューのキリ番は、3000円の宝石箱なオム。

千代田区
02 /06 2017
神田   ルー・ド・メール


キリ番ゆえに、オム順が先んじてしまう事、お許し下さいませ。

食べログ1000軒目のキリ番を麻布食堂で飾った時には、
1500軒目のキリ番はこちらにしようと決めていました。

が、

食べログでは最近再訪レビューもレビュー数に換算される様になり、このさき軒数を把握出来なくなる自信がとってもあるのですよ(^_^;)
なので、1500レビューを一先ずキリ番とさせていただきます。

こちら、全国オムライスランキング5位(2017.1現在)ですが、1位の三浦亭とは0.04という僅差。
つかここ一年の間にはこちらが1位だった時期もあった様な・・・

食べログ3 (32)

神田駅を出て西へ。

食べログ3 (33)

雑踏から一歩離れた、エアポケットみたいな通りに在りました。

食べログ3 (35)

エレベーターで2階へ上がり、
13:15訪店。

食べログ3 (36)

席が空いていて、安堵。
中程の2人掛けテーブル席へ通されて座り、メニューを眺めます。
あ、因みにオムライスは13時からの提供となります、ご注意下さいませ。

食べログ3 (37)

オムは2種類、チキンかビーフかオム・ハヤシ。さて、どうするか・・・
軽く迷うも、
えええいキリ番だ、高い方にしようヽ(´▽`)/
高らかに(&震える声で)「ビーフオムライス(3000円)」をオーダーして、鼻息荒く店内を見渡します。

食べログ3 (38)

食べログ3 (41)

ピアノトリオが奏でるジャズ・ボッサがやや大きめの音量で流るる店内は白を基調とした内観、清潔感あり。
品の様なものが軽く漂いながらも敷居の高さは感じません。
うん、河井にはとてもリラックス出来ますなヽ(´▽`)/

食べログ3 (40)

客はほぼ満席でしたがランチタイム終盤故か半分くらいになりました。
しかし、カレーの匂い、たまらんな・・・お腹が鳴る鳴る、えーい!静まれぇぇいヽ( ̄д ̄;)ノ
エアコンの効きは軽め。

食べログ3 (42)

9分でスープ竣工。
旨味豊潤なコンソメスープですが、酸味がサッパリさせてくれますね。
この後に控えるオムへの期待を高める出来映え。

食べログ3 (43)

11分でオム竣工。
上に掛かるソースは無し。
綺麗に巻かれた玉子が美しいですなあ。
きっと内側、とろっとろなんだろうな・・・
ああ、ワクワクするな。

食べログ3 (46)

俄然高揚する河井の脳裏には、何故かナガシマスパーランドでウルトラツイスターに乗った時の記憶が浮かんでいました(何故)
あれ、エグかったなぁ・・・
垂直にカタカタと上がって、、落ちる寸前に開けた視界の広さと高さ((((;゚Д゚)))))))
未だに思い出せるのな、20年も前の事なのに。
息を飲む、ってあれ、本当なんだよ!?
「はあっ」って、飲んじゃうんだよ、本当に( ´Д`)
ってな事を思い出し(何でこれをここで思い出したんだ河井)つつ、

ではでは。

食べログ3 (47)

おお、黒い、黒いよ、ライス。

食べログ3 (48)

・・・ほっほ、スパイシー( ̄ー ̄)
醤油ベースというのは知っていましたが、胡椒かな?ガツンと効いています。
醤油のほろ苦みと香ばし旨味、いや、肉だ。
牛肉の旨味が口内を蹂躙します。うはぁヽ(´▽`)/
具は他にシメジとグリーンピース。
これらを玉子に使われているバターが円やかに、かつ自らも主張しつつ纏めます。
底まで丁寧に巻かれた玉子は見事な内トロっぷりで拍手喝采、お見事なり。

食べログ3 (49)

つかね、牛肉がね、ヤバい。
これはもう、アレだね。
ステーキだ。
バター醤油で味付けされて胡椒を効かせたステーキが、オムの中に潜んでいますよ。
しかも旨味を包み漏らさずに(^_−)−☆

食べログ3 (50)

・・・河井、破顔。
2口に1切れ、いや、3口に2切れは・・・いや、1口ごとに肉が口の中へイン。

食べログ3 (45)

忽ちに旨味横溢してしまう口内を、小皿にて供された福神漬けが的確にリセットしてくれます。
横溢、リセット、横溢、リセットの幸せエンドレス、
なひと時もいよいよ終盤、ああ。
名残り惜しげに完食。

いやあ・・・・・・、美味しかった。
3000円も払って中途半端な美味しさだったらどうしようかとドギマギしていましたが、
いやはや、全くの杞憂でしたね(^_−)−☆
納得出来る3000円でした。
まあちょっと味が強めなので好き嫌いは別れるかもですが、河井は存分に堪能させていただきました。

オムライスの醍醐味、って・・・
中身が見えない事だとも思うのですよ。
このオムはその醍醐味を充分に堪能させてくれましたね。
スプーンを挿し込むまでのドキドキ、ワクワク。それにしっかり応えてくれたオムでした。

ああ、そうか。
このオムは宝石箱だったんだな・・・。
ま、開けたら消えてしまうんだけどね、胃袋に(*゚ー゚)>テヘヘッ

あー、楽しかった。そして、美味しかった。
ごちそうさまでした<(_ _)>

次回はチキンオムライスをいただきたいですが、
カレーも食べたいなぁ・・・

なんて思いつつ、

つづく。




関連ランキング:洋食 | 神田駅淡路町駅小川町駅



【オムの細道:241】 旅の始まりをオムで飾る。

千代田区
06 /16 2016
東京   膳まい 東京駅南通路店


【オムの細道シリーズ】


キリ番に向けての特別対応により、オム順が早まったレビューとなります事、ご了承下さいませ<(_ _)>

京都が好きな叔母のために、京都で還暦祝いを行う事になり、河井を含む一行7名、京都へと向かいます。
うむ、先ずは腹ごしらえが必要だ。
というわけで一行、東京駅の駅弁屋へ向かいます。

IMG_5311.jpg

全国各地の駅弁が揃うお店に立ち寄るも、響かない(ー ー;)
全国各地の駅弁は、全国各地で食べたい。もしくは車内販売で買って食べたい(売ってないけど)(゚Д゚)ノ

IMG_5312.jpg

で、こちらへ。
06:00訪店。

うーん・・・・・・あ!

IMG_5313.jpg

えへへ(*´∀`*)
こんなのあるんだぁヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
しかも新発売とか書いてますぜ!??
これはもう、河井の旅の始まりを神が祝(ry

「[b:オムライス&かにクリームコロッケ弁当](1234円)」

ちょいと根が張るが、河井の旅の始まりとしては外せまい。
つか、ここでオムらない手は無いっ( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_5317.jpg


IMG_5318.jpg

新幹線の車内でいただきます。
てゆーか新幹線、久しぶりだな。
旅三昧だった4年前は一度も使わなかったしなあ。
フリー切符を駆使するのが目的、みたいな旅だったから、
宮崎県北部で特急を使わねばならない事態に陥った時は心底口惜しかった・・・
(各駅停車が日に数本しか走っていなくて、どう時刻表を駆使しても無理でした(T . T))

・・・って、話、ズレてるな河井(゚- ゚ )

IMG_5319.jpg

改めてオムに向かいます。
たいめいけん、こんなの出してたんだ・・・

IMG_5320.jpg

赤みを帯びたライスの上にはオムレツ。つまりはドルフィンタイプだ。
で、コールスローが入ってるのは嬉しいねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。

IMG_5322.jpg

具は細切れの玉ねぎとハムで、ライスはもちゃっとした口当たり。
玉子は前述の通りオムレツで、明確なる2層構造。
外はふわっと、中はトロッとしていますね。
ふわっとな奴にトロッとな奴を注入しているのかな?
駅弁でふわトロを表現しようとした努力に関しては、評価したい。
が、ちょっと不自然かなぁ(^_^;)

IMG_5323.jpg

カニクリームコロッケは冷めても美味いな。
やるね、たいめいけん(^ー^)ノ

IMG_5324.jpg

で、コールスローは裏切らないなあ!!
正直、この存在こそがこの弁当の肝と言っても過言では無いね(え?

これをアテに朝から呑むビール、最高じゃないかアヒャヒャヒャ(゚∀゚)ヒャヒャ( ゚∀)ヒャヒャヒャ(  ゚)ヒャヒャ(  )ヒャヒャ(゚  )ヒャヒャ(∀゚ )ヒャ
瞬く間にオムを平らげたあと、ビールとコールスローとの出会いを愉しみながら、
ゆるゆると完食。

IMG_5327.jpg

頑張りは感じますが、美味しいのかと問われると・・・
ライスも弱いしなあ。
よってお得感は無いですが、コールスローをアテに一杯呑りたい方にはオススメ出来ますかね(`・ω・´)キリッ


つづく。




関連ランキング:弁当 | 東京駅二重橋前駅京橋駅


へぎそば感は感じなかったが。

千代田区
06 /06 2015
飯田橋「越後そば 飯田橋西口店」


2015.2訪問

タベルナ・ラ・グロッタでオムった後・・・・

・・・まだ、胃袋に空きがあるな(゚- ゚ )
こういう発想は食べロガー特有のものですな(^_^;)
予定通り、次の店へ向かいます。
しかし、歩いているうちに・・・
あれ?ちょっと、つらくなってきたかも( -_-)
でも、折角ここまで来たんだからもう一軒入っておきたい(゚‐゚*)
こういう発想は食べロガーとk(ry

プランBに変更(`_´)ゞ
未訪の路麺店を攻めませう。
小諸か、越後か・・・・・・・・うん、
越後にしよう、何となく(`・ω・´)キリッ

で、こちらへ。
店の前の券売機で「かけそば(300円)」の食券を購入して、
14:20来店。

清潔感のある店内ですな。
厨房のおっちゃんに食券を渡し、

・・・30秒で竣工。
手際いいねぇ(^_^;)
店内を見渡し、とか忘れてたわ(^_^;)
ワカメと刻み葱がイン。
椅子に座っていただきませう。

ではでは。

(画像載りませんでした(ノд・。) )

あら、いい食感。
コシがあるけれど硬い訳でもなく、ちゅるんちゅるんしていますね。
生麺だな、これ。
喉越しはスムーズ。
竣工時間からして茹で置きだろうけれど、角も立っています。
まぁ蕎麦の風味はほぼ感じないですが。

つゆは熱々。
甘み強めで醤油の風味が続き、出汁は微弱。
まぁ、エグみとかは無く甘味中心にバランスは取れていますかね。
・・・何とか完食。

いやー、満腹だ・・・
当初の予定通りにヤミツキカリーへ入っていたら危なかったな(^_^;)
とは言えあのオムがヘビーだっただけで、こちらは普通のボリュームでした。
かけそば300円は安くもないですが、ワカメの存在が溜飲を少しは下げてくれますかね。
後で調べてみると、こちらはクレアグループの1業態。
蕎麦には「ふのり(海藻)(原文ママ)」が練りこんであるらしいですね。
でも、そんな風味は感じなかったな・・・ワカメの風味と混ざっちゃってたかもしれませんが。
「越後」と「ふのり」からして、恐らくは「へぎ蕎麦」を意識しているのでしょうが、
へぎ蕎麦感、思い返してみればちゅるんちゅるんな感じがそれっぽかったかもしれないなぁ、
ってくらいしかないな・・・

因みに、河井の2人後の客は茹で待ちでした。
やはり河井は生麺に嫌われている様です(T . T)


越後そば 飯田橋西口店

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:立ち食いそば | 飯田橋駅九段下駅牛込神楽坂駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ