間食に適したメンチ&コロッケ。

世田谷区
12 /29 2017
下高井戸   肉と惣菜の堀田


ぽえむを出て下高井戸駅、
を通り過ぎて下高井戸駅前市場へ。


2017下高井戸 (37)

何度訪れても素晴らしいと思う風情、なのですが、
開いていないお店も増えたかな。


2017下高井戸 (38)

で、移転したお肉屋さんを眺めていると
ふむ、小腹が空いてきた(ぇ


2017下高井戸 (39)

移転先が小さく描かれた簡易な地図を頼りに向かうと、コロラドが2階に入っているビルの1階に在りました。
15:10訪店。


2017下高井戸 (41)

おばちゃんの後ろに並びますと、すぐに青年が河井の後ろに並びました。人気ありますな。
すぐに河井のターン。

メンチカツ(110+税)」
コロッケ(93+税)」をオーダー。
お会計は219円也。
おばちゃんの接客、明るくてテンポが良くて心地良し。

んだば、駅のホームでいただきませうかね。

ではでは。


2017下高井戸 (43)

作り置きでしたが、手に取ってみると充分温かいですな。
さて、見た目じゃどれがどれだかわからん。
最初はコロッケがいいな、と思いながら選んだ方へ齧り付くと・・・


2017下高井戸 (44)

メンチカツでした(^_^;)
小判形で厚みは控えめ、やや小さめのサイズ。
しっかりと揚げられた衣は厚み控えめでパリパリとした噛み心地。
肉は細挽きで肉肉しさそこそこ、玉ねぎの甘味をしっかりと感じますな。
下味が付いているのでソース要らず。
瞬殺。


2017下高井戸 (45)

コロッケも同じくらいのサイズ、形状。
丁寧にマッシュされているので口当たり滑らか。
ラードの風味とジャガイモ、合うよねぇヽ(´▽`)/
あー、ビール呑みたい。
瞬殺。

間食にぴったり、が総評。
んー、今日は夕飯、要らないな(^_^;)
連食の果てとは言え、揚げ物はやはり腹に溜まる。
腹をさすりながら駅へ向かう、河井なのでした。




関連ランキング:デリカテッセン | 下高井戸駅松原駅明大前駅



スポンサーサイト

ぽえむ直営店でいただく土佐和紙で濾したアイスカフェ。

世田谷区
12 /29 2017
下高井戸   ぽえむ


プルポでオムタコったあと、満を持して訪れたミルクホール、

ですが、嗚呼。
営業していないかぁ・・・
むしろ今回はここがメインだったのだが・・・・・
トボトボと帰途に、

つく筈もなく( ̄▽ ̄)


2017下高井戸 (30)

こちらの階段を上がり、
14:15訪店。

中程の2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めます。


2017下高井戸 (31)

2017下高井戸 (32)

へえ、土佐和紙ドリップコーヒー、とな( ̄ー ̄)
何でも繊維が細かいとかで雑味をキャッチしたり何とかするみたい。
で、
「アイスカフェ・土佐和紙(650円)」をオーダー。
「甘味は最初にお付けしますが」
「お願いします」
という遣り取りを経て店内を見渡します。


2017下高井戸 (33)

自然光を取り入れた店内は明るく、中々に年季が入っておりますがよく手入れされていて清潔感あり。
BGMのジャズギターもハマっています。
なにより使い込まれたテーブルがいいね(^_−)−☆

客は7割くらいの入り。
おばちゃんグループとマダムグループが二大勢力を築き、男達は一奥のテーブル席、あるいはカウンター席にポツポツ見かけますな。
やがてマダムグループが撤退しておばちゃんグループが覇権を握りました、が
おばちゃん達、水飲んでるな・・・竣工待ち、なのか?


2017下高井戸 (34)

厨房には若い女性2人。ほんわかした雰囲気を醸し出しています。
しかし、ぽえむってお店によって違うよなあ。
狛江のぽえむはもっとディープな印象でしたから(河井的には狛江の方が好み)。
それにメニューも全然違う、狛江にはオムがあったしなぁ。

置かれている雑誌はスポーツ新聞や日経、dancyu、Numberなどなど、
膝掛けが置かれているところに気遣いを感じますな。


んー、まだ来ない。
と、おばちゃんグループへようやくコーヒーとケーキが配膳されました。


2017下高井戸 (35)

22分で竣工。
和紙がコースター代わりに敷かれております。

ではでは。

甘さが結構効いてるな、その間を通り抜けて苦味がやって来ます。
鼻腔を通り抜ける風味は豊か。
そして確かに雑味が無い、故に余韻はスッキリ。

時間に余裕がある時に限られますが、のんびりと時間を過ごしたい方にはオススメできそうですな。
接客は、ほわぁんとしていて良し、とても良しっヽ(´▽`)/


窓から通りを眺めたりしつつぼんやりと過ごし、やがて家路についた河井なのでした。


つづく。

あ、そーいえばここ、ぽえむの直営店なのですよ。
あとで調べてみたらこちらと幡ヶ谷、高円寺の3店舗が直営の様ですな。
全店FCだと勝手に思っていたのでビックリしました(^_^;)




関連ランキング:喫茶店 | 下高井戸駅松原駅桜上水駅



【オムの細道:344】 タコライス屋でオム。

世田谷区
12 /28 2017
下高井戸   タコライス カフェ プルポ


松屋でプレミアムじゃない、故に東京ではレアな牛めしをいただいた後、通りを西へ。
学生街らしく、この時期(2017.8月のレビューです)は長期休業しているお店が多いですな。
日吉の白鳥もそうだったっけ・・・
密かに狙っていた鯛焼き屋も夏期休暇だ(*゚ー゚)>テヘヘッ
こちらは・・・


2017下高井戸 (12)


2017下高井戸 (13)

営業していました( ̄ー ̄)ニヤリ
13:45訪店。

お姉さん2人がお出迎え。
「お好きな席へどうぞ」と言っていただけたのでありがたく2人掛けテーブル席に座り、メニューを眺めます。
狙いはオムタコライスだったのですが、ノーマルなオムライスもあるのか・・・
・・・つーか、エビとアボカドのオムライス・・・だと!??
うわ、こっちも気になる・・・つかそっちが気になる(^_^;)
うーーーーーーーーーーーん、

両膝をワシっと掴み、前傾姿勢。
盤面を睨み付ける棋士のごとく、メニューとにらめっこし始めます。
・・・・10秒・・・・・・20秒、1、2、3・・・・

河井継之助四段、1回目の考慮時間に入りました・・・・・・・

・・・・うむ、
写真付きで紹介されているメニューの方が自信アリ、と見た(-_☆)キラーン
勢いよく顔を上げ厨房の方を向くと、
み、見られていましたああああああああ( ̄◇ ̄;)!!!
お恥ずかしいいいい(^_^;)

オムタコライス(700円)」をオーダー。
サルサソースの辛さを効かせるか控えるか訊かれたので、効かせるようお願いして店内を見渡します。


2017下高井戸 (20)

いやー、オサレでんな\(^o^)/
左の壁に沿ってカウンター席が奥へと延び、右にはテーブル席が並び、厨房は奥。
動線が広く取られているからかゆったりした開放感があり、オサレに免疫が無い河井でも落ち着けます。

客は時間も時間なのでまばらでしたが学生が多いですな。
後期が始まればまた客の入りも違って来るのでしょう。
男女比は半々で、年配の女性のお一人様もいらっしゃいますな。


2017下高井戸 (21)

5分で竣工。
木製の楕円皿の上にふわとろオム、傍にレタスという布陣。
オムタコライス、という形態のオムは吉祥寺のハモニカ・クイナで体験済みですが、さてさてこちらのはどうでしょう?

ではでは。


2017下高井戸 (22)

2017下高井戸 (25)

ミートはかなりジューシーに煮込まれていて、塊肉も入っていますね、意外と肉肉しいぞ( ̄▽ ̄)


2017下高井戸 (24)

サルサソースにはピクルスがゴロゴロと入っていて、辛さはちゃんと感じられるもののピリ辛程度。
ライスの炊き上がり良し。


2017下高井戸 (26)

玉子はスクランブルエッグの様なふわとろ。
チーズは最低限の入りで、肉肉しいコク旨味とサルサソースのピリ辛酸味で飯を喰らい、玉子がマイルドにまとめる展開ですな。


2017下高井戸 (23)

傍に添えられたレタスはやや少なめですが、赤パプリカが彩り良し。
瞬殺。

ボリュームは普通でしたが、肉がゴロゴロ入っていたのは嬉しいところ。
あっさりしたオムタコでしたね、優しいお味。
ハモニカ・クイナのオムよりも、何というか、手作り感みたいなものを感じましたし、
玉子のふわとろ具合も宜しく、その存在にも意味を感じました。
ドリンクが100〜250円で付けられるので、使い方次第によってはお得感が増すと思われます。

店を出る時に
「ありがとうございました」
の後に、
「お気をつけてどうぞ」
の一言が、何だかいい。何だか嬉しい。
ほんのちょっとの事で、客の満足度って変わるよね。

さて、じゃあ渡辺美里ゆかりのかき氷でもいただくとするか( ̄ー ̄)


つづく。




関連ランキング:メキシコ料理 | 下高井戸駅桜上水駅松原駅



多摩地区では唯一?の「プレミアムじゃない」牛めし。

世田谷区
12 /28 2017
下高井戸   松屋


久々の下高井戸。
以前三茶で働いていた頃はよく訪れたっけ。
さて、先ずはこちらへ。


2017下高井戸 (4)

とにもかくにもね、河井はここで牛めしを食べねばならんのだ(`・ω・´)
前回はこちらでビビン丼をいただいたのですが、大変な事を見落としていたのであります。
つーか、ビビンっ!と来ている場合ではなかった・・・
親愛なるマイレビュアー、ファブリアーノさんに教えていただいたのです、
こちらのアレは、アレなのだよと。
13:20訪店。

入口脇の券売機で・・・ホントだ( ̄◇ ̄;)
牛めし並(290円)」の食券を購入。

ん?
ええ、そうなんです、290円なのです。
ここの牛めしはプレミアムじゃないのですよ(^_−)−☆


2017下高井戸 (5)

東京ではこちらや東池袋店、あと池袋サンシャイン通り店でも扱っているらしいですが、かなりレア。
どうやら静岡県より西ではノーマルな牛めしの方が主流らしいですな・・・


2017下高井戸 (6)

1分で竣工。
黒胡麻焙煎七味が入った容器が無いくらいでビジュアルは変わらないな。

ではでは。


2017下高井戸 (7)

2017下高井戸 (8)

ふむ、脂身多め、味付けは強くないけれど、これはお店のブレかも。
肉質はやはり劣る様な気がしますが、でもこれで290円ならばアリだろこれ(^_−)−☆

そもそもプレミアムなアイツに付いてくる胡麻焙煎はそんなに好みじゃないのですよ。
当初ほどのインパクトを感じなくなってしまって・・・
もしかしたら、保管している間に風味が飛んじゃっているのかもしれませんが、風味の弱いピリ辛の胡麻粉末、ってな印象。
それにたまに入っていないのか固まっちゃっているのか、いくら振っても出て来ない時があるし、
湿気って塊で出て来る事があるし。
なんて事を思いながら普通の七味投入、うん、これこれ(*゚ー゚)>テヘヘッ
瞬殺。

接客は松屋なり。

なんにせよ、290円は嬉しい。
ま、ここに来る交通費を考えると割高になっちゃうから通うワケには行かないけれど(^_^;)
下高井戸住民を羨ましがりつつ、


つづく。




関連ランキング:牛丼 | 下高井戸駅松原駅桜上水駅



カレーパン屋でビーフカレー。

世田谷区
03 /28 2017
下北沢    天馬屋


あー

なんか、無性にカレーが食いたい( ^∀^)
トロワ・シャンブルを出たあと駅に向かって歩いていたのですが、駅を目前にして転針、

食べログ5 (36)

こちらへ吸い込まれました。
16:10訪店。

テーブル席へ通されて座り、メニューを眺めます。

食べログ5 (40)

色々あるな・・・あ、カレーパンとドリンクのセットもあるな( ̄ー ̄)
連食の果て、これくらいが丁度いいんじゃなかろうか?

あー
でも、米、食いたいヽ(´▽`)/

食べログ5 (37)
食べログ5 (38)
食べログ5 (39)

メニュー左上の法則、発動!!
「ビーフカレー(950円)」を「辛口〈5倍〉(無料)」、
「ライス大盛り(100円)」でオーダーして店内を見渡します。

食べログ5 (41)

時間も時間なので先客はまばら。
BGMはJAZZですが、聖書の講義中の男性2人、熱を帯びています。

食べログ5 (42)

よく作り込まれた店内は昭和のレストランの様な、純喫茶みたいな。

食べログ5 (46)

高円寺に在った不二家レストランを思い出しているところに、

食べログ5 (43)

6分で竣工。

ではでは。

食べログ5 (44)

粘度の高いダークブラウンのカレーは欧風っぽい酸味とコクがメイン。
味が濃縮された様な塩梅でかなりスパイシー、ちゃんと辛口だ。
ビーフは塊が2個、これがとろんとろんでウマウマであります( ̄ー ̄)
あとの具は素揚げされた茄子3切れとブロッコリー1切れ、ジャガイモ1欠け。

食べログ5 (45)

ライスに乗っけられたフライドエシャロット?フライドオニオン?が旨味と食感のアクセントを付与してくれますね。
大根の桜漬けだと思っていた脇のピンク色した奴は、玉ねぎのピクルスかな?
酸味が口直しの役割を果たしてくれます。
汗を掻き掻き完食。

ボリュームは大盛りにしてはささやか。ガッツリ諸君には大盛り+カレーパンは必須でしょう。
接客はそつ無し。
お安くは感じませんでしたが、ゆったりとしたスペースで居心地良し。
しばしのんびりして元を取った気分になり、シモキタを後にした河井なのでした。




関連ランキング:カレーライス | 下北沢駅池ノ上駅東北沢駅


シモキタのオトナのオサレ純喫茶。

世田谷区
03 /27 2017
下北沢   トロワ・シャンブル


オム、じゃじゃ麺と2回戦をこなした河井、まだ胃袋殿に余裕はあるが・・・
候補のお店が沢山あり過ぎて決まらない(^_^;)
そして人混みが河井の精神を徐々に削っていきます。
暫しシモキタを漂泊した末にこちらへ流れ着きました。

食べログ5 (29)

いい感じの看板に釣られるように階段を上れば、

食べログ5 (30)


食べログ5 (31)


これまた期待を裏切らない入口の雰囲気にニヤニヤ。

食べログ5 (32)

その表情のまま、
15:10訪店。

ダンディなマスターがお出迎え。
カウンターへ通されて中程の席に座り、メニューを一瞥、
「アイスドコーヒー(600円)」をオーダー。
砂糖やミルクは入れずにお願いして店内を見渡します。

食べログ5 (34)

モードジャズが流れるウッディな店内には落ち着いた雰囲気が漂い、年季が風格に昇華している印象。
こういう印象を抱くお店は、大概良店であります。
遠くてハットが鳴る・・・音響も良さげだ( ̄ー ̄)
コースターがまたイカすねぇぇ(^_−)−☆

2分で竣工。
ではでは。

食べログ5 (35)

おお、ヘヴィ( ̄ー ̄)
苦味がしっかりと効いていてコクの強いお味。
量も少なめなので、ちびり、ちびりといただきました。

テーブル席には地元民っぽい中年の常連客がタバコをくゆらせつつご歓談。
カウンターには若い男女のお一人様が読書タイム。
河井は食べログの下書きを仕上げ始めました、が、
河井が入店した時はまばらだった客の入り、段々と混み合ってきました。
ここらが潮時だな・・・
店を出て駅へと歩き出した河井なのでした。

外とは違った時間が流れている様に感じるお店、
ってのが河井にとっての純喫茶を測る基準

ここはまさにそういうお店でしたね。
短い時間でしたが、贅沢な時間を過ごさせていただきました。

因みに全席喫煙可、タバコの匂いが苦手な方にはオススメしにくいお店である事、付記しておきます。


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 下北沢駅池ノ上駅世田谷代田駅



敢えてのじゃじゃ麺。

世田谷区
03 /27 2017
下北沢   珉亭


食べログ5 (20)

らぶきょうでオムったあと、逡巡無くこちらへ向かいました。

食べログ5 (22)

食べログ5 (23)

14:25訪店。

カウンターの奥寄りの席に座り、メニューを眺めます。

食べログ5 (24)

食べログ5 (25)

ここではラーチャンをいただくのがセオリーだろうし、河井もそのつもりでしたが、
みんなラーチャンを食べているんだよね。
みんなと同じは、嫌だ・・・と天邪鬼が顔を覗かせました。
しかし中華丼は900円とお高めだ、むむむ

「じゃじゃめん(800円)」をオーダー。
「うどんみたいな太い麺ですが宜しいですか」
「大丈夫です」
という遣り取りを経て、店内を見渡します。

むふふ
昭和極まりないな( ̄ー ̄)
2階は座敷があるらしく、階段上に設けられた案内板がまたいいのですよヽ(´▽`)/
なんとなく木古内の急行食堂を思い出しましたが、そこまでこちらの創業は古くなく、
昭和49年くらいらしいですな。

食べログ5 (26)

年季が入りに入った店内ですが、カウンターはスベスベだし辣油の瓶もヌメヌメしません。

客は半分の入り。
ラーチャンを食べる若年層と、それ以外のメニューを食べているおっさん層、明確に別れていますが、おっさんは河井を含め3人、少数派なり。
奥の席で生姜焼き定食を食べているおっちゃんは間違いなく常連だろうな。

食べログ5 (27)

4分で竣工。
平皿にうどんみたいな麺が平たく盛られ、上には醬、傍には胡瓜、玉ねぎ、モヤシが控えております。

ではでは。

食べログ5 (28)

麺はコシとか皆無で、TGSのうどんみたいな・・・
まあ竣工が速かったから、そうだろうな、とは思っていましたが。

醬は酸味ありコク深し。でもしつこくはないお味。
具は挽肉、搾菜、刻み葱。
刻み葱が旨味のタンクと化していて存在感あり。
脇に添えられた胡瓜が合うねぇ、口の中をさっぱりさせてくれます。
醬自体には辛さは無く、玉ねぎの辛みがアクセントとなっています。
モヤシはモヤシ以上でも以下でも無いな(^_^;)
淡々と完食。

ボリュームはそこそこありました。
いやあ、しっかしお姉さんスゲーな!(◎_◎;)
全ての客のオーダーはお姉さんの頭に全て入っています。
すごいなあ・・・


食べログ5 (21)

感心しつつ、つづく。




関連ランキング:ラーメン | 下北沢駅池ノ上駅東北沢駅



【オムの細道:300】 フィッシュマンズとじゃこしば漬けオム納豆チャーハン。

世田谷区
03 /26 2017
下北沢   らぶきょう


キリ番のオムはちょっと変わったオムを選んでいるのですが、今回のキリ番はこちら。

しかし、ネタがなくなって来ました・・・
次のキリ番、どうしよっかなぁ(^^;)

食べログ5 (2)

久々のシモキタ、であります。

食べログ5 (3)

駅周辺は再開発の途上。
なんか、全然知らない街みたいになっちまったな・・・

食べログ5 (4)

なんて思いつつ歩き、こちらへ向かいました。

食べログ5 (5)

食べログ5 (6)

食べログ5 (7)


エレベーターで3Fへ・・・

食べログ5 (8)

うわあ・・・・・
多分、場違いだ、俺(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
3秒ほど立ち止まり、
立ち会い前の振分親方みたいな動きをしばらくして、

・・・うっし(゚Д゚)ノ ァィ
14:00訪店。

めっさ作り込まれた感のある店内、
大きめの音量で流れているのは、曾我部?bonobos?

あ、フィッシュマンズだ、懐かしいなあヽ(´▽`)/
タイっぽいココナッツミルクとナンプラーの匂いが満ちる中、店内中ほどまで進み、

先客無しか、緊張するるる(^^;)
窓際の席に座り、メニューをパラパラとめくり・・・よっしゃあったあああああうああ( ̄ー ̄)ニヤリ

食べログ5 (9)

食べログ5 (11)


「じゃこしば漬けオム納豆チャーハン(800円)」を、
あと「マンゴージュース(+250円)」も頼んじゃおうか。

食べログ5 (10)

下北沢の街を見下ろしつつ待ちま、、、あら、
向かいの店にもオム、あるじゃないの(゚- ゚ )
しかも3種類も。

食べログ5 (14)

・・・あ、レインボーか。
三茶でいただいたフォアグラオム、は無さそうだな、メニューが変わったのかそれとも店によるのか・・・と暫し見入って、内観。

椅子は独特な拵えですが、座り心地が良いとか悪いとかじゃなく、この店にはハマってます。
そういうお店。
ちょっとごちゃつきながらも狭すぎず、広すぎず、なぁんか落ち着く。
例えるならば、じんわり美味いオサレ雑炊みたいな(センスの欠片も無いな河井

大きめの音量で流れるベースラインに合わせて身体を揺らしつつ、ご機嫌なウェイティングタイム、
の中、店主っぽいお姉さん、バタバタしてます。
あ、そこに冷蔵庫、あるのね(^_^;)

食べログ5 (15)

10分でオム竣工。
ふわとろの玉子の下には赤いライスが見え隠れ。
オムの上には黒胡麻と大葉・・・の間に納豆だ。

食べログ5 (16)

納豆チャーハンだとばかり(勝手に)思っていたのですが、上掛かりとは。
つまりは普通のオムにおけるケチャップやデミグラスソースの立ち位置に、納豆がある訳ね(^_^;)
はてさて、どういうハーモニーを奏でるのか・・・

ではでは。


あはははは・・・

食べログ5 (17)


食べログ5 (18)


合うんだぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
じゃこしば漬けチャーハンには刻み葱がイン。油がやや主張しつつもサッパリした塩梅。
これに納豆がどハマるのよ( ̄ー ̄)

ここで「いかれたベイビー」が掛かる。
ああ、イカれてるぜ、イカれてやがるぜこのオムはよぅヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

玉子は薄焼きでちょいトロ。この「トロ」が納豆とチャーハンとの仲立ちをしてくれているかな。
しば漬けの酸味と納豆の風味がメインですが、大葉を含めて全てが共存共栄、ラヴアンドピースだヽ(´▽`)/
瞬殺。

マンゴージュースは濃厚ですが氷が大きく実量は少なめ。
完食。

いやはや、こういう相性もあるのか(^^;)
なんか巧い事アッサリさせておいてーの、納豆。この存在が余計じゃないんだな。
調理に技巧を感じ、ってのでもないんだけれど、しっくり来ちゃう。
これ、もうパッケージングの勝利だね(^_-)-☆

結局最後まで貸し切りでしたが居心地は良かったです。
店が醸し出す雰囲気とフィッシュマンズが織り成す浮遊感、暫し耽溺しました。

接客はドライ。
でもこの放っておいて貰っている感じ、このお店では正解だ。むしろ気楽に過ごせましたから。

タイトルはCHOCOLATの「ベースボールとエルビス・プレスリー」インスパイア、、、ってもう原型とどめてないね(*゚ー゚)>テヘヘッ


つづく。




関連ランキング:タイ料理 | 下北沢駅東北沢駅池ノ上駅




ココイチも変革する時期に入ったのかな。

世田谷区
06 /02 2016
下高井戸  COCO壱番屋


レビューを上げるタイミングを逸した感はありますが、上げときます(´・Д・)」

うーむ、閉まっているか・・・
[a:13048948,どどん]に最近とことん縁が無い( -_-)
つか、やってるのか???
日曜ばかり訪問してるからなのかなぁ・・・
全メニュー、制覇したかったんだけどなぁ・・・・・・

うーむ、久々にココイチ、行ってみるか。
で、19:30来店。

中ほどのカウンター席に座り、メニューを眺めます。
ほう、何だか面白そうなのあるじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ
んだばそれ、行ってみようか。
「[b:野菜カレー](669円)」を「[b:ライス500g](206円)」で、
「[b:濃厚甘くて辛いカレー]」でオーダー。

※ 因みに「濃厚甘くて辛いカレー」、今はやってないかも。

IMG_4147.jpg

長細い店内はI字カウンターが奥へと伸び、奥にはテーブル席が見え・・・・あら、本棚があるな。
へえ、漫画だ。
ワンピースにちはやふる、岳もある。
メジャーが全巻にメジャー2まであるぞ!?
特定の雑誌に偏らないラインナップ、やるじゃないか(^_-)-☆
店長、かなりの読み手と見た( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_4148.jpg

卓上にはハチミツがありますねぇ。
甘さを補えますよ、って事かな。

10分で竣工。
ココイチのルーにあるまじきドロっとしたルー。
しかし・・・うーむ、ライスのクオリティが微妙っぽいなあ・・・

ではでは。

IMG_4149.jpg

うむ、
確かに「濃厚」で、「甘く」て「辛い」な。
甘味ガッツンな序盤のあと濃厚なコクと旨味が攻め寄せ、辛さがじわじわと進出。
特徴が無いのがココイチらしさ、みたいな印象を持っていましたが、これは一線を画しますな。
かなりジャンクな、味の多いカレーです。

ジャガイモは軽く素揚げされているのかな?
前よりは美味しく感じました。
具が少なくなった様な気がしましたが、思い出補正がかかっているかもしれません。

ライスの炊き上がりは、やっぱり微妙だ。
やっぱりココイチはライスを軽視している様に思えますな(店によるのでしょうが)・・・
黙々と完食。

接客は普通でしたが、漫画の品揃えが良かったのは評価したいところ。

やはり安くは無いよなあ。
マンガは滞留時間を長くするためでしょう。
同じく安くは感じない風風ラーメンと同じアプローチを試みている様に思えます。
客が入っていれば活気に繋がるからね。
取り敢えず、炊飯器を見直すべきじゃないかな。
今回は甘くて辛いルーだったので使いませんでしたが、次回訪れる事があればハチミツを使ってみたいですね。




関連ランキング:カレーライス | 下高井戸駅松原駅桜上水駅


「四皇」傘下のカレー屋さん。

世田谷区
05 /19 2016
三軒茶屋  カレー&バー 2531


前から気になっていたのですよ、こちら。
三軒茶屋の「三角地帯」のど真ん中、
小料理屋やカラオケスナックが建ち並ぶディープゾーンに建つカレー屋さん。
12:05訪店。

ハキハキした店主に「カウンター奥からお座り下さい」と言われて従い、メニューを。

IMG_4214.jpg

IMG_4212.jpg

IMG_4213.jpg


うーん、取り敢えず一押しらしい「[b:和牛もつカレー](790円)」を、
「[b:ライスとルー大盛り](150円)」でオーダーして店内を見渡します。

白を基調とした清潔感ある店内はかなり狭く、2人掛けテーブルが1卓ある他はカウンターが斜めに横断しています。
カウンターは厨房に面して5席ほど、あとは窓に面して2席。
かなり頑張って席を増やしました、ってな印象。
先客は若い女性の2人組がテーブル席に、あとは男性のソロ客がカウンターに1人。
因みに13時まで禁煙タイムです。
待っている間に男性のソロと若いカップルがご来店。

・・・長いな(゜-゜)
改めてメニューを見やると、ビッグマムというお店の系列らしいですね、

[b:っておいおい!!!
ビッグマム、っつったら「四皇」の1人じゃないか((((;゚Д゚)))))))]

と心の中で密かにボケたところで、

IMG_4215.jpg

11分で竣工。
こちら、実はカレーつけ麺が人気らしいのですが、それに手間が掛かっていた様に見えました。
細長い楕円の白い皿に・・・・・つか、細いなああぁ、皿(^_^;)
・・・上品ですなぁ(^_^;)
コールスロー、あとコーヒーが付くとの事で、アイスコーヒーをお願いしました。

ではでは。

IMG_4218.jpg

とスプーンを手に取ると、アレだ。
食べ易い形状のヤツだ( ̄ー ̄)ニヤリ

改めて、ではでは。

IMG_4217.jpg

カレーはややシャバめで甘味と旨味が押す展開でコクは控えめ、余韻は微弱。
辛さはそれほど来ないですな。
具はモツ・・・お、美味いじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ
カレーだけだと正直物足りなさがあるのですが、モツと一緒に味わうと旨味が補完されるからか何となく味がまとまりますね。
ライスの炊き上がりはまあまあですが、ちょいカレーを弾くかな。

IMG_4216.jpg

コールスローはジューシーで甘味あり、カレーの口直しになってくれます。
完食。

ボリュームは大盛りにしてはやや少なめ。
男性ならば大盛りを推奨致します(゚Д゚)ノ
なのでCPはそれほど良くは感じませんでしたが

IMG_4219.jpg

コーヒーはフタ付きの紙コップにて登場。
時間が無い時には持ち帰れます、という心遣いの様です。

とここで満席になったので、コーヒー片手に退散。

ん?
この紙コップ、もしや座席の回転率を上げるためのアプローチなんじゃあるまいか( ゚д゚)
ま、知恵、だよな、うん。
どちらも得するナイスアイディアだと思います(^_−)−☆




関連ランキング:カレーライス | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ