【オムの細道:314】 漫画喫茶でオム。

東村山市
06 /10 2017
東村山   快活CLUB


グリム館でスパったあと、通し読みしたい漫画があったのでこちらへ。
快活CLUBって最近よくグーグルマップで見かけるけれど、訪問は初めてだな。
15:50訪店。

入会金は324円。登録作業はタブレットで行います。
へえ、利用時間に応じて自動的にパック料金が適用されるのですか!
明朗会計ですな(^_−)−☆
フルフラットも空いていましたがリクライニングシートをチョイス。

フロントのお姉さんの懇切丁寧なご説明、ありがたや。
指示通り席へと向かい、荷物とジャケットを置いて早速ドリンクコーナーへ向かうと、

東村山行 (113)

ほう、ソフトクリームがあるじゃないか!!
八王子での仇を東村山で果たしてやる!!
リベンジだコラァ(゚Д゚)ゴルァ!!!


どおりゃあああっ!!


あわわわ・・・あっ、、あああああ・・・


東村山行 (116)

前より酷い出来だ(´;ω;`)・・・
向こうのは柔らかかったけれどこちらは硬めの仕上がり。

東村山行 (114)

ドリンクの種類も多いね。
つか客層が良く感じるな。やさぐれ感が無いのよね(^_^;)
身なりの良い熟年夫婦もちらほら見かけたりしますし。

東村山行 (115)

「今日からヒットマン」と「自殺島」の終盤と「ヒストリエ」と「ALL OUT」の最新刊まで読み進めて、

一息。

PCを開いてフードメニューを眺めてい、
た、、、ら!!!


東村山行 (117)

オム、あるじゃなあああああいヽ(´▽`)/

今日はオムる予定は無かったんだけれど、
素通りは出来ないなぁ(-_☆)キラーン
オムライス(594円)」をclick。

東村山行 (118)

6分で竣工。
薄焼きの巻きオムですな。
で、端はしっかり閉じられているな。
このお店で作ったものではなさそうだな・・・ま、想定内では、あるか。

東村山行 (119)


ではでは。

東村山行 (120)

ライスは熱々。しっかりレンチンしてありますな。
オム上に掛かっているのはケチャップじゃなくてミートソースですね。
パスタメニューもありましたから、そちらからの流用でしょう。
具は、無さそうだけれど玉ねぎっぽい甘旨味を感じる塩梅。

静かな店内でカチャカチャ音を立てるのはちょい忍びなくもない(^_^;)
静かに完食。

その後、ここぞとばかり漫画を読みまくりつつ時間は過ぎていきました。
ビリヤードなんかも出来るみたいだし、1日のんびり出来そうですな。

ただし、
この日は謎の停電でフロア全体の座席の明かりが消え、復旧不可能な事態に。
6時間パックが適用されながらも4時間ほどで退店せねばならなかったのは痛恨。
明朗会計が仇となりました・・・
もーちょい気を利かせていただきたかったな(^_^;)




関連ランキング:その他 | 東村山駅


スポンサーサイト

東村山のランドマークで昭和のカルボ。

東村山市
06 /10 2017
東村山   グリム館


川島屋で山賊焼き定食をいただいたあと、てくてく歩いて正福寺にて国宝を堪能。

どんなものかな、と半信半疑で訪れましたが、いいねえ( ̄ー ̄)

東村山行 (33)

すっと伸びた屋根の端の反り上がりに品を感じますなぁ\(^o^)/
これはね、訪れる価値ありますよ(^_−)−☆
近隣にお住まいの方は是非是非(^_−)−☆

その後、古い町並みを愉しみつつ東村山駅へと下り、
前から気になっていたこちらを狙います。

東村山行 (98)

ロータリーの角の2階。

東村山行 (99)

んんんん!ショーケース、いいいいねぇヽ(´▽`)/

東村山行 (100)

東村山行 (102)

軽やかに階段を上がり、

東村山行 (104)

14:40訪店。

笑顔の素敵なお姉さんに「お好きな席へどうぞ」と仰っていただけたので中程の4人掛けテーブル席に座り、
メニューを眺めます。

東村山行 (105)

東村山行 (106)

カレー、ロコモコ、ピザ、ゲティ、ドリア・・・色々あるねぇ( ̄ー ̄)
しかしオムは無いのな(T ^ T)
何度も調べたから判っていた事ですが・・・それでも、
いつでも探してしまう、メニューのどこかに君の姿を・・・
山崎まさよしのあの曲みたいに(遠い目)・・・・・

(ま、ただの食い意地だな河井)

あんかけスパもいいな・・・
トルゼーヌも気になるんだよなあ。
へえ、イタリアンもあるんだ。このメニューがあるお店は老舗だよな( ̄ー ̄)

長考の末、出した答えは「カルボナーラセット(1030円)」。
セットのドリンクはアイスコーヒーを食後にお願いして店内を見渡します。

東村山行 (107)

年季の入った店内はスクエアでカウンターは無くテーブル席のみ。
小川駅前にある姉妹店はちょい入り組んだレイアウトでしたが、こちらはシンプル。

東村山行 (108)

窓際だけ一段高くなっていますね。
一応分煙の様ですが、仕切りは無し。
マダムがメインの客層ですが、おっちゃんのお一人様も見えますな。
水には柑橘系の風味あり。

東村山行 (109)

7分で竣工。
ほほう、写真の通りだ。
昭和のカルボナーラ、とでも言えばいいのかな、このタイプのカルボは。
確か笹塚のロビンや銀座のジャポネのカルボもこんなんじゃなかったっけ?

ではでは。

東村山行 (111)

おー、これこれこの感じヽ(´▽`)/
アルデンテとかどこ吹く風。
しかと炒められたゲティは油でコーティングされていてややオイリー。これこれ!これですよヽ(´▽`)/
まあ、ちょい細めなゲティですが。

具はベーコン、マッシュルーム、玉子、ピーマン、玉ねぎ。
ピーマンは彩り程度の入りですが、他の具材は多めの入り。
中でもベーコンの塩気と旨味が効いています。
イタリアンスパゲッティにスクランブルエッグを乗せた様な感じだろうか。

やがて徐々に蓄積し始めた油分をサラダでリセットしつつ食べ進めます。

東村山行 (110)

サラダはグリーンサラダで、サッパリしたドレッシングが適量の掛かり。

終盤に差し掛かったところで店員さんが「お飲み物をそろそろご用意しても宜しいですか」
「うむ、良かろう」

東村山行 (112)

アイスコーヒーは苦味の効いたスッキリ系、このカルボの食後にはぴったりだ(^_−)−☆
完食。

ボリュームは普通。
サラダとドリンクが付いて1000円ちょい超えの価格。
あと100円安ければ、というのは高望みでしょうか(^_^;)
接客は塩っぱさも感じるものの人によるかな。

さて・・・


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 東村山駅



山賊焼きもさる事ながら、気持ちの良いお店でした。

東村山市
06 /08 2017
八坂   川島屋


急用で急遽、久米川。
用事を済ませたあと、折角だから国宝を見に行こうと思い立ち、歩き始めて八坂。

・・・まだ先は長い。ここらで腹に飯を入れていこう。
ひまわりで久々にオムる、って考えもありましたが、

東村山行 (2)

長らく宿題となっていたこちらへ向かいました。

東村山行 (3)

12:30訪店。

カウンター席に座りメニューをチラリ。

東村山行 (5)

東村山行 (4)

ありました、ありました( ̄ー ̄)
「山賊焼定食(780円)」をオーダーして店内を見渡します。

うなぎの寝床みたいな店内は右手前に厨房があり、それに面してカウンターが5席ほど、
奥には小上がりが見えますな。
店主っぽいおっちゃんと人当たり良さげなお母様かな?お2人での切り盛り。

東村山行 (6)

カウンターは客でほぼ埋まっていて、小上がりにも客がいるみたい。
なかなか人気ありそうですな。

揚げたてを供するので時間が掛かるとは聞いていました。

東村山行 (8)

13分で竣工。
ほっほう、デカいね( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。


の前に、山賊焼きについて説明しておかねばなりますまい。
あ、でも面倒臭いな・・・
詳細はこちらのレビューでご確認くださいませ<(_ _)>

改めて、ではでは。

東村山行 (9)

衣、カリッカリですな。
そして、オイリーさ皆無!!

東村山行 (11)

軽く下味が付いているからそのままでもいける感じでしたが・・・
ここで店主が大きなタバスコの瓶をドン、と調達。

東村山行 (12)

なんでも客の間ではタバスコが一番人気なんだとか。
あと、現地では塩やソースでいただくのが一般的だとか、教えていただきましたm(_ _)m
タバスコも合うねぇ!
でもこいつにはソースかな、河井は。

前述した様にノンオイリーな山賊焼き。ゆえに、下に敷いてあるキャベツの扱いに少し困りました。
油と滲み出た旨味でキャベツを喰らいたかったのですが、これでは仕方無し(*゚ー゚)>テヘヘッ
ソースちょい付けでいただきました。

東村山行 (10)

ご飯の炊き上がりは良し、ここ重要(`・ω・´)キリッ
見た目以上に盛りもあるな( ̄ー ̄)ニヤリ

揚げ物は結構腹にたまるのですが、ノンオイリーだからか、そうでも無かったです。

東村山行 (7)

味噌汁をズズズっといただいて、完食。

店を切り盛りするは店主とお母様かな?どちらも気持ちの良い接客。
ベタつかず、かといって疎でもなし。絶妙な距離感が良いですなぁ。
とっても居心地良かったですヽ(´▽`)/

東村山行 (33)

この後、八坂神社を参拝。
そこから歩きに歩いて、元々は八坂神社の別当寺だった正福寺へ。

こちらにある地蔵堂・・・・


東村山行 (65)

これ、国宝なのですよ(^_−)−☆
いやー、素晴らしかった。
屋根がねぇ・・・もう、キューンとしてて、

東村山行 (69)

シャキーンって感じでさぁヽ(´▽`)/

(語彙力が致命的に足りないよなぁ河井(゚- ゚ )


つづく。




関連ランキング:居酒屋 | 八坂駅久米川駅


新発売「から玉丼」480円。

東村山市
05 /03 2017
新秋津   松乃家


新メニューだし早めに仕上がったのでUPします。

数年前から何度も利用していましたが、その折その折のレビューが塩漬けになっていたお店であります。
この日は【から玉丼480円】のPOPに釣られて自動ドアにタッチした次第。
20:25訪店。

券売機にて【おすすめ!】と書かれた「から玉丼(480円)」の食券を購入して、

って、ロースカツ丼490円の方がお得だったんじゃ・・・

なんて早々と後悔してみたりしつつカウンターの奥の席に座り、お姉さんに食券を渡して店内を見渡します。

20174 (252)

奥に厨房があり、その手前に刃の切っ先の様な変形U字カウンター、
通路を挟んで右には2人掛けテーブル席が5卓ほど設けられています。

20174 (253)

清潔感は普通。

20174 (254)

8分で竣工。

上に掛かっている刻み海苔の香りが鼻孔をくすぐりますなヽ(´▽`)/
唐揚げはちょい黒っぽい見た目。

ではでは。

20174 (256)

唐揚げはもも肉ですな。
6個、いや、小振りな唐揚げを2等分したものだから実質3個。少ないなあ(^_^;)
柔らかく調理されていてジューシーな仕上がり、なかなかに濃ゆい味付けで飯の進捗を促します。
大盛りでも良かったな(*゚ー゚)>テヘヘッ
玉ねぎはそこそこ入っていて時折半生、むむむ。
玉子はトロトロでもなく白身てろてろ、黄身ハード、ってな火の通り、微妙なり。

20174 (255)

味噌汁はワカメのみ。
瞬殺。

唐揚げは貧弱ですが味付けで喰わせる丼もの、ってのが総評。
ワンコインでお釣りが来るのは嬉しいけれど、お得感はそんなに感じませんでした。
10円足してロースカツ丼、だなあ河井は(^_^;)

接客は普通。
数年前は私語がホールにダダ漏れていて、床も汚れていたりして、余り良い印象はなかったのですよ。
当時の秋津駅前の松屋(未レビュー)の回しがプロフェッショナルで、どうしても比較してしまう、ってのもありましたかね。

今回は活気は無いがユルくは無いし、
エコーは無いが挨拶は最低限あるし、
数年前よりは一回り良くなっている印象を受けました。




関連ランキング:とんかつ | 新秋津駅秋津駅


かもねカマナ、そうカマナ、クセになっちゃうかもね。

東村山市
05 /02 2017
久米川   カマナ


確か元は居酒屋が入っていた場所に、カレー屋が入っていました。
13:10訪店。

人懐っこそうな南アジア系の兄ちゃんが「いらっしゃいませー」。
中程の窓に面したカウンター席に座り、メニューを眺めます。
ライスお代わり自由、とかはないか(^_^;)
日替わりの「サグとチキン」を「辛口」で、
セットのドリンクは「マンゴーラッシー」でお願いして店内を見渡します。

食べログ3 (294)

真新しさの残る店内は奥に長く、居酒屋っぽい内観でインドネパールしていませんね。
先客は1人。

食べログ3 (295)

待っている間におっちゃん来店。
こういうお店に初めて入られたみたいで、河井が数えただけでも14回、質問されていました。その一つ一つに誠実かつ丁寧に答えるお兄さん、やるねぇ(^_−)−☆
BGMはスタンドバイミー。

食べログ3 (296)

4分で竣工。
サグの緑はくすんでいて、よく煮込まれている感じ。

ではでは。

食べログ3 (297)

先にいただいたサラダはトマトも入っていて少しだけ同系統のお店より豪華な印象。
それを平らげたあと、カレーを攻めます。

食べログ3 (298)

お、結構辛い!
初撃から辛いな( ̄ー ̄)
カレーはボリュームがありますが、コクが弱めな事もありライスの進捗はそこそこ。
チキンは小振りなのがゴロゴロ入っていて柔らか。

食べログ3 (299)

ライスは淡い黄色味を帯びたターメリックライス。
炊き上がりは硬めでジャポニカ特有の粘りあり。
玉ねぎのアチャールは期待通りの辛さ。

食べログ3 (301)

「おかわりライス(100円)」は2/3くらいのボリュームで想定内。

辛さは蓄積しないのですが汗は掻く(^_^;)

マンゴーラッシーは濃いめで良し。
汗だくで完食。

お会計は1020円・・・あら、1000円超えちまったか∑(゚Д゚)
つまりは日替わりは920円、って事か。
大体800〜850円くらいだろうと思っていましたが、裏目に出ました(^_^;)

あっ!!
つーか、びあまぐさんと同じチョイスして同じ失敗してました(^_^;)
入る前にもっとリサーチしておけば良かった(^_^;)

ライスやナンもお代わり自由ではないので、ガッツリいきたい方にはややお高めになってしまうかもですね。
まあ近所のサンガムと比べると、河井はこちらの方が好きな味かな。

会計を済ませてドアへ向かい歩く河井の背中に、
「良いお年を〜」(2016.12月のレビューです)

振り返ると、厨房から顔を出したお兄さんがにこやかだ。

こういうの、日本人でもなかなか言ってくれないよな!
つか、食べログ始めてから初めて言われたかも。
とっても嬉しかった!
思わず満面の笑みで「お兄さんも良いお年をっ!」
と返して、
ああ、今日はいい仕事が出来そうだ( ̄ー ̄)




関連ランキング:インドカレー | 久米川駅八坂駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ