仲本のこうじぃ。

東村山市
12 /28 2017
新秋津   高木のぶぅ


休んでいても、下書きは溜まる(^_^;)
その中でもオープンしてから日が浅いお店を早めにUPします。


寒い・・・
こんな夜はラーメンで暖まりたい・・・と思うのは当然の帰結。
で、こちらへ。

こちら、実は一度撤退していまして、その時は正面から攻めて、


201710 (19)

その異様な外観やら何やらに尻込みした結果、春樹へターンしてしまいました(^_^;)
今回は裏から回り込んで恐怖心を取り除こうという目論み。
・・・・・うむ!!


201710 (10)

こちらからならば入れる、入れるぞ!!ヽ(´▽`)/!!!
20:30訪店。

いかつい兄ちゃんが眼光鋭く「いらっしゃいませー」。
少しオドオドしつつ券売機の前に立ちます。
ふむ、油そばやぶためしも気になるなあ。
まあ初めてだから無難にいこう。
ラーメン(780円)」の食券を購入してカウンター席に座りつつ兄ちゃんに食券を渡し、
麺の量(200gか300gか選べます)は300gで。
野菜と油(原文ママ)は野菜少なめ、油普通でお願いして店内を見渡します。


201710 (13)


201710 (14)

201710 (15)

201710 (12)


外観もだけれど、内観も独特やなあ(^_^;)
BGMはブラックミュージックみたいなの。


201710 (11)

先客は男性のソロ客2人。どちらよ二郎系の猛者っぽい雰囲気。
恰幅の良い兄さんがマシマシを連呼していたのが印象的。


201710 (16)

7分で竣工。
油膜多いな。

ではでは。

スープは豚骨醤油で、塩気がかなり強めな塩梅。
野菜はほぼもやしですな、シャキシャキした仕上がり。
油は普通にしては少なめに感じます。これならばマシても良かったかも。
スープと同様、塩気強めなお味で野菜の進捗が捗りますな。


201710 (18)

麺は平たい中太麺。
モチモチした食感で、武蔵野うどんを思い出さなくもない様な(^_^;)
スープとの絡みは良い、というか・・・塩気が支配していますな、この場は。


201710 (17)

チャーシューは2枚と少し、冷たいのでスープにしばらく浸してからいただきました。
シットリした部分と噛み応えある部分があるのが面白かったかな。

と、周りを見回せば客は増し、男ばかり猛者ばかり。
先ほどのお兄さんは丼2つ抱えて食べていますが、色々とマシマシた結果だろうか((((;゚Д゚)))))))
ニンニクは使わず完食。

ボリュームは茹で前300gな量で、まあ満足。塩っぱマイルドな二郎、ってな印象。
外観や内観ほどのインパクトをラーメンには感じませんでしたが、二郎が恋しくなった近隣の方は重宝しそうですな。

接客はいかついけれど声出しは良し。


なお、新店舗ゆえにサービスの評価は控え、また少々甘めな評価となっている事、ご承知下さいませ。




関連ランキング:ラーメン | 新秋津駅秋津駅


スポンサーサイト

あとは一番大事なところ、頑張ろう。

東村山市
12 /28 2017
新秋津   ラーメン春樹


仕事帰りの新秋津、
一直線に高木のぶぅへ向かったのですが、
入口の前で店員が知り合いと会話に夢中、しかも外観が異様、
というとっっても入りにくいシチュエーションだったので鮮やかに左90度ターン、
勢いのままこちらへ雪崩れ込みました。
ほう、辛味噌ラーメンかぁ、気になるな(`・ω・´)キリッ
春樹は立川のお店へ入った事があるのですが、イマイチな印象だったので以来敬遠しておりました。
20:30訪店。

中華系のお兄さんがにこやかに「いらっしゃいませー」
これだけで立川のお店より格段に好印象である( ̄ー ̄)ニヤリ

券売機で・・・・・・何!?
ライス∞だと∑(゚Д゚)!!!!!!!


・・・滾るぜぇヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

「辛味噌ラーメン(690円)」の食券を購入ィヤァオすると、
お兄さんはカウンターの中から出て来ていヤァオました。

麺の硬さを聞かれたので「硬め」でお願イャアオし、
「ご飯もいただけるのですか?」と聞いてみると、にこやかに
「あちらでどうぞ」
彼が指し示した先には、大きな炊飯器ィヤァオがキラキラと輝いヤァオしておりました(河井的にはそう見えました)。

イヤァオヽ(´▽`)/


2017no8 (241)

先客は半分の入り。
一人飲みのおっちゃんやらリーマン3人組、お姉ちゃんやら兄ちゃんのソロ客ってな客層。
ラーメンを食べている人よりチョイ飲み使いな方が多いですな。

7分でボマイェ。
ではでは。


2017no8 (242)

麺は家系を思わせる短い平打ち太麺。
んー、硬くもないな、普通だ。
スープは味噌濃いめで辛くもないな。
んー、後味がちょっとアレかな。

具はもやし、コーン、白髪ねぎ。
もやしはシャキシャキ、生じゃないかってくらいシャキシャキ。
漫然と完食。

い や む し ろ こ こ か ら だ



2017no8 (243)

ご飯はちょいパサつく炊き上がり。
グッド(^_−)−☆
ってほどのマリアージュではないですが、味噌のコク旨でどうにかなるし、
豆板醤を投入するとまあ何とかなる。

ライスをお代わりして完食。

勢いのままに喰らいましたが、後味が微妙、でしたね。
オススメ出来るクオリティではないかなあ。
まあ、腹は膨れますが(^_^;)

接客は終始お兄さんのワンオペでしたがテキパキした動きは良し。
笑顔も自然で丁寧な応対。
立川のお店と同じ系列とは思えないほど良かったですね、

だからこそ、味がなあ(^_^;)
まあ、どこのお店もこんななのかもしれませんが、
だからこそお兄さんの接客が勿体無いなあ。
呑み利用の客が多かったのは、そういう事なのかもしれないな。

お兄さん、頑張れよ(^_−)−☆

そう心の中で呟きつつヨタヨタと駅へ向かう、
夜は控えめに、が信条の河井なのでした。




関連ランキング:ラーメン | 新秋津駅秋津駅


銀次のカレー。

東村山市
08 /17 2017
久米川   目利きの銀次


久米川駅西を通る道沿いには池田丸、はなの舞、目利きの銀次とランチ営業している居酒屋が連なるのですが、
今回は残りのこちらへ。
マクドナルド脇の階段を上がり、
12:15訪店。

中程のテーブル席へ通され、メニューを眺めますと、ほう( ̄ー ̄)


2017年4月 (113)

河辺のお店で気になっていた牛丼がランチメニューに加わっていますね。


2017年4月 (112)

あら、このメニューは河辺にはなかった様な・・・
で、「シーフードカレー(500円)」を「ご飯大盛り(50円)」でオーダーして店内を見渡します。


2017年4月 (111)

河井が口開けだったらしく先客は無し、
って、こちらは24時間営業だから口開けもへったくれも無いか(^_^;)

清潔感ある店内は仕切りが多く見渡せず、テーブル席しか見えませんな、カウンターは無いかも。

BGMはリンドバーグとかハウンドドックとか1990年前後の楽曲。

目利きにメを足すとメキメキでトム・ジョーンズだよな

ってメモされていましたが、多分この日はかなり疲れていたのでしょう・・・


2017年4月 (118)

7分で竣工。
味噌汁などは付かずカレーのみ。
傍に胡瓜が添えられています。

ではでは。

ご飯は柔らかめの炊き上がりかあ、うーむ。
ジャワカレーっぽさを感じるルゥは濃厚でそこそこ辛さはありますな。


2017年4月 (119)

具は玉ねぎ、イカゲソ2本、小エビ、小さな貝。
細切り玉ねぎのシャキシャキした食感がアクセントとなっております。
ご飯はちゃんと大盛り( ̄ー ̄)
当初からルゥ不足な展開が懸念されていたため、節電モードで食べ進めるておりましたが、これ、正解。
よって事無きを得ました。


2017年4月 (120)

胡瓜の浅漬けでアクセントを付けつつ、
完食。

シーフードっぽさは最低限。
まあ盛りは良かったので満足出来ましたね。
税込み表記なのも嬉しい心遣い。
接客は、まあ、活気を出しようがなかったよなあ・・・
もーちょい認知されれば、ってところでしょうか。


2017年4月 (117)




関連ランキング:居酒屋 | 久米川駅八坂駅


お姉さんの接客が良いのよ(^_−)−☆。

東村山市
08 /12 2017
久米川   はなの舞


ここは既に何度か訪れております。
初めて訪れたのは2017年1月上旬。

その時にレビューを書こうと下書きをまとめ・・・


・・・ていたのですが、いつの間にか消えていましたΣ(°д°lll)ガーン
よって新鮮味に欠けたまとめレビューになってしまう事、お許しくだされ<(_ _)>

はなの舞のランチは石神井公園のお店や府中本町のお店(未レビュー)で利用させていただきましたが、各店その内容が違うんですよね。
石神井公園のお店はややお高めな印象だし、府中本町のお店はライス∞でガッツリいけそうな印象。
どうも各店の裁量に任されている様ですな。


食べログ3 (346)

こちらの特徴は、海鮮丼のメニューが多い事。
磯丸よりはボリューム少なめですがその分お安く、味も磯丸よりはまだ良いかな。
あと、ホールのお姉さんのスキルが高い事でしょうかね。
客の顔をよく憶えてくれますし(河井も月1の頻度で3回目くらいで憶えられました)、愛想も良く笑顔もGOOD(^ー゚)ノ
求婚したいくらいのレベルですよ(^_−)−☆(迷惑だな河井
ちなみにランチ時は分煙で、会計時にサービス券もいただけます(期限あり)。
不満があるとすれば、税別表記なところでしょうか(^_^;)
あと混むと少し時間か掛かる事があります悪しからず。


以下、まとめレビューです。


食べログ3 (347)

唐揚げ定食(630円+税)
ご飯大盛り無料。

食べログ3 (348)

小鉢付き。

食べログ3 (351)

味はあまり印象にないなぁ。
やや貧弱に感じましたが、価格なり、でしょうか。


海鮮丼(590+税)

これは何度かいただいております。
マグロ、甘エビ、イカ、サーモン、イクラ&ガリが乗ったもの。
普通盛りだと河井には物足りないのですが、大盛りにするとそれなりのボリュームにはなりますよ(^_-)-☆
醤油皿にワサビがてんこ盛り。
そしてこれを毎回全部使ってしまう貧乏性の河井(*゚ー゚)>テヘヘッ
で、当然ヅヅンと鼻を通り抜ける辛さに悶絶するのが毎回お決まりのアングル(^_^;)


20173 (256)

海鮮三種丼(590+税)


20173 (257)

ネギトロ、甘エビ、サーモンの3種が乗った丼。
これならばまだバラエティに富む海鮮丼の方がいいかな。


20176 (107)

ロースかつカレーライス大盛(740+50+税)

「ボリューミーな!」
とメニューに書かれていましたが、確かにそこそこのボリューム。
松屋のカレーの大盛りよりはありそうですな。
カツは薄いですが衣サクサクで揚げたてなのかな?

カレーは手作りかな?もしくは業務用に手を加えたタイプでこくまろな家カレーな塩梅。
辛さは中辛くらい。
具は大きなじゃがいもと小振りなカットの人参、それぞれよく煮込まれております。
正直なところ、CP的妙味は感じませんでしたが、まぁ腹は満足されますな。


ちなみに全メニュー味噌汁付きで月曜ならば豚汁に変わります。
味云々はさておき、仕切りのあるスペースでゆったりとCP高めのランチをいただきたいならば、おすすめ出来るかと(^_-)-☆




関連ランキング:居酒屋 | 久米川駅八坂駅



【オムの細道:314】 漫画喫茶でオム。

東村山市
06 /10 2017
東村山   快活CLUB


グリム館でスパったあと、通し読みしたい漫画があったのでこちらへ。
快活CLUBって最近よくグーグルマップで見かけるけれど、訪問は初めてだな。
15:50訪店。

入会金は324円。登録作業はタブレットで行います。
へえ、利用時間に応じて自動的にパック料金が適用されるのですか!
明朗会計ですな(^_−)−☆
フルフラットも空いていましたがリクライニングシートをチョイス。

フロントのお姉さんの懇切丁寧なご説明、ありがたや。
指示通り席へと向かい、荷物とジャケットを置いて早速ドリンクコーナーへ向かうと、

東村山行 (113)

ほう、ソフトクリームがあるじゃないか!!
八王子での仇を東村山で果たしてやる!!
リベンジだコラァ(゚Д゚)ゴルァ!!!


どおりゃあああっ!!


あわわわ・・・あっ、、あああああ・・・


東村山行 (116)

前より酷い出来だ(´;ω;`)・・・
向こうのは柔らかかったけれどこちらは硬めの仕上がり。

東村山行 (114)

ドリンクの種類も多いね。
つか客層が良く感じるな。やさぐれ感が無いのよね(^_^;)
身なりの良い熟年夫婦もちらほら見かけたりしますし。

東村山行 (115)

「今日からヒットマン」と「自殺島」の終盤と「ヒストリエ」と「ALL OUT」の最新刊まで読み進めて、

一息。

PCを開いてフードメニューを眺めてい、
た、、、ら!!!


東村山行 (117)

オム、あるじゃなあああああいヽ(´▽`)/

今日はオムる予定は無かったんだけれど、
素通りは出来ないなぁ(-_☆)キラーン
オムライス(594円)」をclick。

東村山行 (118)

6分で竣工。
薄焼きの巻きオムですな。
で、端はしっかり閉じられているな。
このお店で作ったものではなさそうだな・・・ま、想定内では、あるか。

東村山行 (119)


ではでは。

東村山行 (120)

ライスは熱々。しっかりレンチンしてありますな。
オム上に掛かっているのはケチャップじゃなくてミートソースですね。
パスタメニューもありましたから、そちらからの流用でしょう。
具は、無さそうだけれど玉ねぎっぽい甘旨味を感じる塩梅。

静かな店内でカチャカチャ音を立てるのはちょい忍びなくもない(^_^;)
静かに完食。

その後、ここぞとばかり漫画を読みまくりつつ時間は過ぎていきました。
ビリヤードなんかも出来るみたいだし、1日のんびり出来そうですな。

ただし、
この日は謎の停電でフロア全体の座席の明かりが消え、復旧不可能な事態に。
6時間パックが適用されながらも4時間ほどで退店せねばならなかったのは痛恨。
明朗会計が仇となりました・・・
もーちょい気を利かせていただきたかったな(^_^;)




関連ランキング:その他 | 東村山駅


東村山のランドマークで昭和のカルボ。

東村山市
06 /10 2017
東村山   グリム館


川島屋で山賊焼き定食をいただいたあと、てくてく歩いて正福寺にて国宝を堪能。

どんなものかな、と半信半疑で訪れましたが、いいねえ( ̄ー ̄)

東村山行 (33)

すっと伸びた屋根の端の反り上がりに品を感じますなぁ\(^o^)/
これはね、訪れる価値ありますよ(^_−)−☆
近隣にお住まいの方は是非是非(^_−)−☆

その後、古い町並みを愉しみつつ東村山駅へと下り、
前から気になっていたこちらを狙います。

東村山行 (98)

ロータリーの角の2階。

東村山行 (99)

んんんん!ショーケース、いいいいねぇヽ(´▽`)/

東村山行 (100)

東村山行 (102)

軽やかに階段を上がり、

東村山行 (104)

14:40訪店。

笑顔の素敵なお姉さんに「お好きな席へどうぞ」と仰っていただけたので中程の4人掛けテーブル席に座り、
メニューを眺めます。

東村山行 (105)

東村山行 (106)

カレー、ロコモコ、ピザ、ゲティ、ドリア・・・色々あるねぇ( ̄ー ̄)
しかしオムは無いのな(T ^ T)
何度も調べたから判っていた事ですが・・・それでも、
いつでも探してしまう、メニューのどこかに君の姿を・・・
山崎まさよしのあの曲みたいに(遠い目)・・・・・

(ま、ただの食い意地だな河井)

あんかけスパもいいな・・・
トルゼーヌも気になるんだよなあ。
へえ、イタリアンもあるんだ。このメニューがあるお店は老舗だよな( ̄ー ̄)

長考の末、出した答えは「カルボナーラセット(1030円)」。
セットのドリンクはアイスコーヒーを食後にお願いして店内を見渡します。

東村山行 (107)

年季の入った店内はスクエアでカウンターは無くテーブル席のみ。
小川駅前にある姉妹店はちょい入り組んだレイアウトでしたが、こちらはシンプル。

東村山行 (108)

窓際だけ一段高くなっていますね。
一応分煙の様ですが、仕切りは無し。
マダムがメインの客層ですが、おっちゃんのお一人様も見えますな。
水には柑橘系の風味あり。

東村山行 (109)

7分で竣工。
ほほう、写真の通りだ。
昭和のカルボナーラ、とでも言えばいいのかな、このタイプのカルボは。
確か笹塚のロビンや銀座のジャポネのカルボもこんなんじゃなかったっけ?

ではでは。

東村山行 (111)

おー、これこれこの感じヽ(´▽`)/
アルデンテとかどこ吹く風。
しかと炒められたゲティは油でコーティングされていてややオイリー。これこれ!これですよヽ(´▽`)/
まあ、ちょい細めなゲティですが。

具はベーコン、マッシュルーム、玉子、ピーマン、玉ねぎ。
ピーマンは彩り程度の入りですが、他の具材は多めの入り。
中でもベーコンの塩気と旨味が効いています。
イタリアンスパゲッティにスクランブルエッグを乗せた様な感じだろうか。

やがて徐々に蓄積し始めた油分をサラダでリセットしつつ食べ進めます。

東村山行 (110)

サラダはグリーンサラダで、サッパリしたドレッシングが適量の掛かり。

終盤に差し掛かったところで店員さんが「お飲み物をそろそろご用意しても宜しいですか」
「うむ、良かろう」

東村山行 (112)

アイスコーヒーは苦味の効いたスッキリ系、このカルボの食後にはぴったりだ(^_−)−☆
完食。

ボリュームは普通。
サラダとドリンクが付いて1000円ちょい超えの価格。
あと100円安ければ、というのは高望みでしょうか(^_^;)
接客は塩っぱさも感じるものの人によるかな。

さて・・・


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 東村山駅



山賊焼きもさる事ながら、気持ちの良いお店でした。

東村山市
06 /08 2017
八坂   川島屋


急用で急遽、久米川。
用事を済ませたあと、折角だから国宝を見に行こうと思い立ち、歩き始めて八坂。

・・・まだ先は長い。ここらで腹に飯を入れていこう。
ひまわりで久々にオムる、って考えもありましたが、

東村山行 (2)

長らく宿題となっていたこちらへ向かいました。

東村山行 (3)

12:30訪店。

カウンター席に座りメニューをチラリ。

東村山行 (5)

東村山行 (4)

ありました、ありました( ̄ー ̄)
「山賊焼定食(780円)」をオーダーして店内を見渡します。

うなぎの寝床みたいな店内は右手前に厨房があり、それに面してカウンターが5席ほど、
奥には小上がりが見えますな。
店主っぽいおっちゃんと人当たり良さげなお母様かな?お2人での切り盛り。

東村山行 (6)

カウンターは客でほぼ埋まっていて、小上がりにも客がいるみたい。
なかなか人気ありそうですな。

揚げたてを供するので時間が掛かるとは聞いていました。

東村山行 (8)

13分で竣工。
ほっほう、デカいね( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。


の前に、山賊焼きについて説明しておかねばなりますまい。
あ、でも面倒臭いな・・・
詳細はこちらのレビューでご確認くださいませ<(_ _)>

改めて、ではでは。

東村山行 (9)

衣、カリッカリですな。
そして、オイリーさ皆無!!

東村山行 (11)

軽く下味が付いているからそのままでもいける感じでしたが・・・
ここで店主が大きなタバスコの瓶をドン、と調達。

東村山行 (12)

なんでも客の間ではタバスコが一番人気なんだとか。
あと、現地では塩やソースでいただくのが一般的だとか、教えていただきましたm(_ _)m
タバスコも合うねぇ!
でもこいつにはソースかな、河井は。

前述した様にノンオイリーな山賊焼き。ゆえに、下に敷いてあるキャベツの扱いに少し困りました。
油と滲み出た旨味でキャベツを喰らいたかったのですが、これでは仕方無し(*゚ー゚)>テヘヘッ
ソースちょい付けでいただきました。

東村山行 (10)

ご飯の炊き上がりは良し、ここ重要(`・ω・´)キリッ
見た目以上に盛りもあるな( ̄ー ̄)ニヤリ

揚げ物は結構腹にたまるのですが、ノンオイリーだからか、そうでも無かったです。

東村山行 (7)

味噌汁をズズズっといただいて、完食。

店を切り盛りするは店主とお母様かな?どちらも気持ちの良い接客。
ベタつかず、かといって疎でもなし。絶妙な距離感が良いですなぁ。
とっても居心地良かったですヽ(´▽`)/

東村山行 (33)

この後、八坂神社を参拝。
そこから歩きに歩いて、元々は八坂神社の別当寺だった正福寺へ。

こちらにある地蔵堂・・・・


東村山行 (65)

これ、国宝なのですよ(^_−)−☆
いやー、素晴らしかった。
屋根がねぇ・・・もう、キューンとしてて、

東村山行 (69)

シャキーンって感じでさぁヽ(´▽`)/

(語彙力が致命的に足りないよなぁ河井(゚- ゚ )


つづく。




関連ランキング:居酒屋 | 八坂駅久米川駅


新発売「から玉丼」480円。

東村山市
05 /03 2017
新秋津   松乃家


新メニューだし早めに仕上がったのでUPします。

数年前から何度も利用していましたが、その折その折のレビューが塩漬けになっていたお店であります。
この日は【から玉丼480円】のPOPに釣られて自動ドアにタッチした次第。
20:25訪店。

券売機にて【おすすめ!】と書かれた「から玉丼(480円)」の食券を購入して、

って、ロースカツ丼490円の方がお得だったんじゃ・・・

なんて早々と後悔してみたりしつつカウンターの奥の席に座り、お姉さんに食券を渡して店内を見渡します。

20174 (252)

奥に厨房があり、その手前に刃の切っ先の様な変形U字カウンター、
通路を挟んで右には2人掛けテーブル席が5卓ほど設けられています。

20174 (253)

清潔感は普通。

20174 (254)

8分で竣工。

上に掛かっている刻み海苔の香りが鼻孔をくすぐりますなヽ(´▽`)/
唐揚げはちょい黒っぽい見た目。

ではでは。

20174 (256)

唐揚げはもも肉ですな。
6個、いや、小振りな唐揚げを2等分したものだから実質3個。少ないなあ(^_^;)
柔らかく調理されていてジューシーな仕上がり、なかなかに濃ゆい味付けで飯の進捗を促します。
大盛りでも良かったな(*゚ー゚)>テヘヘッ
玉ねぎはそこそこ入っていて時折半生、むむむ。
玉子はトロトロでもなく白身てろてろ、黄身ハード、ってな火の通り、微妙なり。

20174 (255)

味噌汁はワカメのみ。
瞬殺。

唐揚げは貧弱ですが味付けで喰わせる丼もの、ってのが総評。
ワンコインでお釣りが来るのは嬉しいけれど、お得感はそんなに感じませんでした。
10円足してロースカツ丼、だなあ河井は(^_^;)

接客は普通。
数年前は私語がホールにダダ漏れていて、床も汚れていたりして、余り良い印象はなかったのですよ。
当時の秋津駅前の松屋(未レビュー)の回しがプロフェッショナルで、どうしても比較してしまう、ってのもありましたかね。

今回は活気は無いがユルくは無いし、
エコーは無いが挨拶は最低限あるし、
数年前よりは一回り良くなっている印象を受けました。




関連ランキング:とんかつ | 新秋津駅秋津駅


かもねカマナ、そうカマナ、クセになっちゃうかもね。

東村山市
05 /02 2017
久米川   カマナ


確か元は居酒屋が入っていた場所に、カレー屋が入っていました。
13:10訪店。

人懐っこそうな南アジア系の兄ちゃんが「いらっしゃいませー」。
中程の窓に面したカウンター席に座り、メニューを眺めます。
ライスお代わり自由、とかはないか(^_^;)
日替わりの「サグとチキン」を「辛口」で、
セットのドリンクは「マンゴーラッシー」でお願いして店内を見渡します。

食べログ3 (294)

真新しさの残る店内は奥に長く、居酒屋っぽい内観でインドネパールしていませんね。
先客は1人。

食べログ3 (295)

待っている間におっちゃん来店。
こういうお店に初めて入られたみたいで、河井が数えただけでも14回、質問されていました。その一つ一つに誠実かつ丁寧に答えるお兄さん、やるねぇ(^_−)−☆
BGMはスタンドバイミー。

食べログ3 (296)

4分で竣工。
サグの緑はくすんでいて、よく煮込まれている感じ。

ではでは。

食べログ3 (297)

先にいただいたサラダはトマトも入っていて少しだけ同系統のお店より豪華な印象。
それを平らげたあと、カレーを攻めます。

食べログ3 (298)

お、結構辛い!
初撃から辛いな( ̄ー ̄)
カレーはボリュームがありますが、コクが弱めな事もありライスの進捗はそこそこ。
チキンは小振りなのがゴロゴロ入っていて柔らか。

食べログ3 (299)

ライスは淡い黄色味を帯びたターメリックライス。
炊き上がりは硬めでジャポニカ特有の粘りあり。
玉ねぎのアチャールは期待通りの辛さ。

食べログ3 (301)

「おかわりライス(100円)」は2/3くらいのボリュームで想定内。

辛さは蓄積しないのですが汗は掻く(^_^;)

マンゴーラッシーは濃いめで良し。
汗だくで完食。

お会計は1020円・・・あら、1000円超えちまったか∑(゚Д゚)
つまりは日替わりは920円、って事か。
大体800〜850円くらいだろうと思っていましたが、裏目に出ました(^_^;)

あっ!!
つーか、びあまぐさんと同じチョイスして同じ失敗してました(^_^;)
入る前にもっとリサーチしておけば良かった(^_^;)

ライスやナンもお代わり自由ではないので、ガッツリいきたい方にはややお高めになってしまうかもですね。
まあ近所のサンガムと比べると、河井はこちらの方が好きな味かな。

会計を済ませてドアへ向かい歩く河井の背中に、
「良いお年を〜」(2016.12月のレビューです)

振り返ると、厨房から顔を出したお兄さんがにこやかだ。

こういうの、日本人でもなかなか言ってくれないよな!
つか、食べログ始めてから初めて言われたかも。
とっても嬉しかった!
思わず満面の笑みで「お兄さんも良いお年をっ!」
と返して、
ああ、今日はいい仕事が出来そうだ( ̄ー ̄)




関連ランキング:インドカレー | 久米川駅八坂駅



ママさん方に人気の普段使いカレー屋さん。

東村山市
04 /10 2017
久米川   サンガム3号店


食べログ1 (1135)

こちらは以前、ラーメン屋だったっけ?
そちらが瞬殺した後にまたラーメン屋が入って、また瞬殺したという立地。
いや、違うか・・・あれ?ここ、何だったっけ(*゚ー゚)>テヘヘッ
ま、まぁ、段々と飲食店が増えてきたモザーク通りの一角に比較的最近できたお店であります(^^;)
13:00訪店。

奥の方のテーブル席へ通されてメニューを眺めます。

ダルは分かるとして、野菜カレーが安めの価格設定だな。
そこに惹かれつつも、うーん・・・
野菜、少ないんじゃあるまいか・・・
という一抹の不安。
結局は
「日替わり(エリンギとチキン)(840円)」
を「ライス」で、
辛さは「辛口」、セットのドリンクは「マンゴーラッシー」という無難なオーダーに落ち着きました。

食べログ1 (1137)

真新しさの残る店内は清潔感あり。
カウンター席は無くテーブル席が整然と並び、奥には半個室もありますな。
音楽は向こうのポップスだけれど、内装はインド国旗とタージマハルの写真が点々と貼ってあるくらいで、そんなにインドインドしていませんな。

客は8割の入り。サラリーマンのお一人様も居るけれどママさんグループが多いな。

食べログ1 (1136)

サラダとマンゴーラッシー竣工。
細かく機械切りされたキャベツがメインでドレッシングは・・・あら!?
いつもの赤いアレじゃないΣ(°д°lll)ガーン
マンゴーラッシーは薄め。

サンガム、ってカレー屋さん、結構ありますが、河井は新所沢のサンガムへ訪れた事があります。
こちらは新所沢のサンガムの系列店なのかな?

食べログ1 (1138)

6分で竣工。
ライス、多いね( ̄ー ̄)

ではでは。

食べログ1 (1139)

ルゥは意外にスパイス感じますね。辛さも辛口なりに来ます。
味に深みは無いけれど、牛乳を使っているらしく円やかな口当たり。新所沢のサンガムとは味が違う様な気がします。

食べログ1 (1140)

ライスは少し保温臭がしますが、パサパサはしません。
この点は新所沢のサンガムより段違いに良いですな( ̄ー ̄)
チキンは小振りなのが3切れ、エリンギは小口にカットされたのが4、5切れ。
まぁ、最低限である。
故に、大きな満足は得られないんだよなぁ、こういうお店のこういうの、って。

ルゥはライスが捗るタイプではないけれど、こちらもボリュームあり。

食べログ1 (1141)

ライスを少しお代わりして、
完食。

接客はそつ無し。厨房からちゃんとエコーも届きましたよ。
驚き、とかそういうのは期待しないで、普段遣いのランチ処、
という使い方ならばアリでしょうな。
客層を選ばない内観も良し。
ランチ時、数多ある候補の片隅にいつもありそうなお店、というのが総評。




関連ランキング:インドカレー | 久米川駅八坂駅萩山駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ