国分寺の方の紅。

国分寺市
05 /25 2017
国分寺   麺創研 紅 国分寺


人生初のミニストップを味わったあと、中央線の下をくぐって北口へ。

この時間だと空いているのでは、という思惑、

食べログ5 (85)

当たりました( ̄ー ̄)
16:40訪店。

府中のお店とは違うチョイスで攻めたいな、と思いながら券売機の前へ。
国分寺店限定の「紅つけ麺」にも惹かれましたが、
同じく限定らしい「紅まぜそば大盛り(950円)」の食券を購入。
こちらだとライスが付くので(^_^;)・・・・

入口寄りのカウンター席に座り目の前のお兄さんに食券を渡すと、
「ライスは大中小とお選びいただけますが」
何だと?
そう訊かれたら、ねぇ( ̄▽ ̄)
「大でお願いします」と笑顔で答えつつ、
食えるのかな、俺・・・って考えてもいました。
「爽亭」でわかめ蕎麦(未レビュー)を食べてミニストップでおにぎりを食べたばかりだった事を思い出しつつ店内を見渡します。


食べログ5 (86)

日曜のこの時間で、ほぼ満席。流石だな。
客層は若いね、女性客もちらほら見えます。
BGMはコブクロかな、フォークっぽいデュオ。

食べログ5 (87)

目の前には「石神さん」から高評価貰ってまっせ!!とかなんとかなPOPが貼られております・・・

食べログ5 (88)

「石神さん」が青梅線の石神前駅前のラーメン屋でラーメン食べる、とか面白そうだな・・・
とか思いながら、

・・・あ、石神前駅前にラーメン屋、無いな・・・
とか思いつつ、

そもそも、まぜそばでライス大・・・巧く食べられるだろうか・・・
なぁんて思っていたところに、


食べログ5 (91)


8分で竣工。

食べログ5 (93)

食べログ5 (90)

なかなかに辛そうな面構えですな、ワクワクします(^_−)−☆
よく混ぜ混ぜ・・・・・混ざんねえなあ(^_^;)

ではでは。

タレは味噌ベースで動物系少々。
肉味噌は挽肉の肉肉しさが押しますなあ。

具はキャベツ、もやし、豚肉、糸唐辛子、乾燥唐辛子の塊みたいなやつ。
辛さは見た目ほどではないけれど、ニンニクは結構効いていますね。

食べログ5 (89)

1/3ほど食べ進めたところで、温玉を割ります。
うむ、円やかさが加わる想定通りの変化。

食べログ5 (94)


麺はこちら独特の太いのやら細いのやらな麺。
麺が暴れるので汁跳ねは必至、リフトアップ控えめで慎重に食べ進めます。

ドライな唐辛子みたいなやつを齧ってみると・・・あら、そんなに辛くは無いんだね。
サクサク、時たまボリボリとランダムな食感、歯が悪い人は要注意かも。
麺完食。

ん で も っ て こ こ か ら だ ! ! !

食べログ5 (92)


食べログ5 (95)


ライスをダイブ into the 丼!!!
混ぜ混ぜ混ぜ混ぜ・・・

うん、まあ、合うね、合うよヽ(´▽`)/
挽肉の肉肉しい風味と玉子のコクまろがメインの味わい。
ライスの炊き上がりは硬めで良し。
ライス大でしたが、具を残す様に食べ進めた甲斐あってか、懸念していた味不足も問題無し。
黙々と完食。

接客は府中のお店よりややユルいもののテキパキした動きは好感。
連食ではありますが満腹となりました。

ドライな唐辛子?のトッピングはワイルドでしたが、そんなに辛くもなく。
後半は汗が出てきましたが、カプサイシンによるものなのか食熱によるものなのかは不明。
汁跳ね必至なのでワイシャツの方は要注意。




関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅



スポンサーサイト

人生初ミニストップ。

国分寺市
05 /24 2017
国分寺   ミニストップ国分寺南町2丁目店



休日は重い二日酔いにて遅い幕開け。
所用で久米川を訪れたのが15:30。
国分寺まで戻り爽亭で軽くわかめ蕎麦を手繰り、ほんやら堂でカレーでも、と思っていたのですが・・・
うはあ、混んでるわ∑(゚Д゚)!!!
日曜の昼下がりだからかな、どうしよう・・・
ノープランのまま坂を下りた交差点の角にミニストップ発見。


食べログ5 (81)

実は・・・河井、多分ね、入った事無いと思う、
生まれてこのかたミニストップに。
入らず嫌い、って訳ではなくて、ただ入る機会が無かっただけなのですが。
今まで住んでいた幾つかの家の近くにも、その最寄駅の近くにも、職場の近くにも無かったのですよ。
そりゃあ何度も見かけた事はあるけれど、その時には入る用事が無かったのです。
てゆーか、こういうブログを始めていなければ「ここ、入った事が無いから入ってみよう」
なんて思わなかっただろうな(^_^;)
で、入ってみました。
16:20訪店。

オム・・・

オムオムオム・・・・・

無いか、オム(T ^ T)
仕方がない、何か軽いものをいただこう。
お、店で握ってるおにぎりとかあるんだ。
しかもこれ、コンビニおにぎりにしちゃ大きめに見えますな。
「高菜明太(163円)」を手に取りレジでお会計。

食べログ5 (82)

んだば、イートインでいただく事にしませうか。

食べログ5 (83)

包装の開け方も独特だな。
おにぎりの下の方から上へ向けてベロンと御開陳すれば、
高菜おにぎり明太子トッピング、ってな御姿。
明太も高菜もたっぷりだな( ̄ー ̄)

ではでは。

ご飯はやや柔らかめの炊き上がり。具の味が強めなのでご飯についての印象は薄し。


食べログ5 (84)


明太子は上部から中心部に掛けて展開していて、底部にはありませんでした。
なので、中心部やや手前まで攻略したあと、側面から攻めるのが良いでしょう(河井流『十字斬り』)。
口の小さな方には『燕返し(中心部の具、側面のご飯の2連撃)』も有効でしょうな。
6口で完食。

接客は元気ありソツなし。

明太子も高菜も贅沢に使われていてボリュームもありましたね。
ちょい味強めだからお茶と一緒にいただくとより楽しめると思いますよ。


つづく。




関連ランキング:その他 | 国分寺駅



ムーディーブルース。

国分寺市
04 /13 2017
国分寺   利休


いやー、
ハバカーる、やっぱ入りにくいわ(^_^;)
憚られるよ、まさに(T ^ T)

で、空転。
秀永でサンラータン・・・うーん、汗は掻きたくないな・・・
フジランチもいいんだけど、夜にガッツリは行きたくないなぁ。
で、未訪のこちらへ。

食べログ1 (570)

今月はラーメン強化月間なのでね(2016.11月のレビューです)(`・ω・´)キリッ
19:00訪店。

醤油が常套なんだろうな、券売機の左上にあるし。
なんて思いながらも河井のゴールデンレフトハンドのゴールドフィンガーは「辛つけ麺(830円)」のボタンを。
そして「白めし(100円)」のボタンも押してしまいます。
汗、掻きたくなかったんじゃ・・・
ガッツリ行きたくなかったんじゃ・・・
という理性の嘆きをシャットアウト(だから太るんだ河井

手前のカウンター席に座り店員の兄ちゃんに食券を渡すと、

「麺の量は大中小選べますが」

マジすかΣ(°д°lll)ガーン(全然リサーチしてないのな河井










(ry



食べログ1 (571)

奥に長細い店内は右に厨房があり、それをL字カウンターが囲んでいます。
テーブル席は無し。

食べログ1 (573)

厨房が明るくカウンターはやや暗く、手元は明るい光量。
立川の鏡花寄りな演出ですが、あそこまで徹底はしていないし緊張感は無い、っつーかややユルいかな(^_^;)

食べログ1 (572)

客は4人の入り。幸運だったかな?
BGMはオサレな、FREE TEMPOとかJazztronikみたいなやつ。

食べログ1 (575)

8分で竣工。

ではでは。

食べログ1 (576)

魚介系の酸味と旨味がメインのお味ですが、
初めこそ酸味が少し勝っている様に感じたものの、数口目には酸味と旨味、五分と五分、バランスの良い味わいに。
ささやかに効いた甘味がいい仕事している様に感じます。
辛さはジワジワ来ますが見た目ほどの辛さはないな。

食べログ1 (577)

麺は軽くウェーブがかった角の無い中太麺。
多加水かな、ツルツルした表面で喉越し良し。

食べログ1 (578)

スープの持ち上がりは悪いけれど、これはこれで良いのでしょう。
その分麺の味がスープの風味と共に立ち上がってくる塩梅。

具はチャーシュー、メンマ、刻み葱。
チャーシューはしっとり、弾力ある噛み心地や良し。
メンマのシャクシャクした食感も良いね。
醤油系の濃いめの味も良いアクセントになっています。
スルスルと麺を平らげて、

さて、こ こ か ら だ (゚Д゚)ノ ァィ ! !

食べログ1 (574)

って、レンゲが無いΣ(゚Д゚)ガーン
しゃああんめぇ、ワイルドに魅せるぜヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー!!
皿移しで一気に投入おんどりゃあああっ!!!

これが合うんだなあぁぁヽ(´▽`)/
つけ汁にしてはとろみも無いし濃ゆくもないスープなんだけど、不思議と合うね( ̄ー ̄)
お茶漬けの如くサラサラと流し込みます。
タイ出身の方がお茶漬けを作ったらこうなるんじゃないかと(それはどうだろ
完食。

麺は大盛りなり。
白めしはボリュームそこそこながら炊き上がりは良かったですよ。
〆て930円という価格が安いか、というとそうでもないんだけれど、井の庄でこれをやると100.円超えますからね(^_^;)
まあ満足は出来ました。

接客は鏡花よりはユルいけれど、落ち着いた活気はあり。
お店のムーディーな雰囲気には合っていました。

食べログ1 (579)

っつーか、
スマホで「ムーディー」って打ったら最初に出るのがムーディーズ、ってどういう事だ(^_^;)
一度も検索した事無いよ!?


いや、ホントに・・・


ホントだってばぁ(T ^ T)

と、誰に聞かれた訳でも無いのに心の中で弁解しながら家路を急ぐ、河井なのでした。
(意味がわからない方は是非スルーして下さいm(_ _)m)




関連ランキング:ラーメン | 国分寺駅


美味しい。

国分寺市
04 /06 2017
西国分寺   すぷーん


食べログ1 (831)

河井が食べログを始めて以来の課題店でした。
府中店(未レビュー:閉店)、国分寺店ではいただいておりましたが、
こちらは何度も狙ってはみたものの、その度に混んでいて・・・

今回も半ば諦めつつ店内を覗いてみ、た、、らっっッッッキィーーー!!
空いてるではないかヽ(´▽`)/
この好機を逃す手は・・・当然無い( ̄ー ̄)
19:00訪店。

カウンターの真ん中の席に座りメニューを眺めます。

食べログ1 (825)

食べログ1 (828)

安いよね(^_−)−☆
まあその分、量が少ないのはわかっている。

食べログ1 (826)

限定カレー
「ごま味噌ジャンボチキンカツカレー(700円)」をオーダー。

食べログ1 (824)

清潔感溢れる店内は細かなところまで手が行き届いている感あり、居心地良し。
奥に細長く、左に厨房、それに面してカウンターが奥へと伸びていて、テーブル席は無し。
先客は若いサラリーマン2人。外にはテイクアウト待ちのお姉さん。
BGMはイージーリスニング。

食べログ1 (827)

6分で竣工。

欧風にしてはややさらっとしたルゥは、フルーティな甘味を感じますが強くなく、ほろ苦みとコクがメインなお味。
カツの上には・・・胡麻と味噌だこれ!!(◎_◎;)
ってメニューにそう書いてあったがな(^_^;)
味噌カツのタレみたいな・・・

これ、合う、のか???

食べログ1 (829)

・・・合う、んだ( ゚д゚)

チキンカツはジャンボですが厚みは控えめで、山賊焼きを思いださせるお姿。
七味にんにくを入れようかどうしようか迷っているうちに、
あゝ、完食。

前出の2店ではライスがルーを弾く感じがあって、
特に国分寺店ではチーズで塩気が増してしまい、高い評価とはいかなかった経緯がありまして、
でも今回はそういう事もなくルーはよく馴染んでくれましたね。
胡麻味噌カツすら受け容れる寛容さを見せてくれました。
とろみが控えめだったような気がしますが、その辺りに違いがあったのだろうか?
同じルゥを使っても微妙にニュアンスが違ったりするのはローレルやC&Cで経験しておりましたが、
今回もそういう事なのか、
それとも国分寺店を訪れてから数年の間に味が変わったのか、
それとも各店ルゥの仕込みを独自で行っている(いた)のかは分かりませんが、
今回いただいたカレーが最も美味しかった、
というのが総評。

格別な味わい、とかそういうのではないのですが、普段使いなお店としては格別の満足感を得られるでしょうね。
内観もそうですが、手の行き届いている感。カレーの盛り付けの丁寧さにもその点は窺い知れるでしょう。
廉価でもてなしにも手抜き無し。評判通りの良店だと思います。


食べログ1 (832)




関連ランキング:カレーライス | 西国分寺駅


《再訪》 台風のち(シーフード)カツカレー。

国分寺市
03 /07 2017
国分寺   だるま屋


2016年夏のレビューです(^_^;)

台風の中、研修を終えて・・・やはりやってないのかハバかーるΣ(°д°lll)ガーン
で、久々にこちらへ足が向きました。
親愛なるマイレビュアー、あざらしななおさんのレビューを見てまた訪れたくなっておりましたのですよ(^_−)−☆
18:50訪店。

中程の大テーブルに座り、メニューをチラ見。
前回訪問時に気になっていた「カツカレー(780円)」をオーダーして店内を見渡します。

年季は入っていないにも関わらず年季が入ってる様な意匠の店内は、
左に8人掛けテーブルが3卓、通路を挟んで右に4人掛けテーブルが2卓というキャパ。
厨房は奥にあります。

そういえば、ここ、バリアフリーであるな(^_^)
通路も広いから車椅子でも問題無いかもしれません(あくまで河井の勝手な推測ですが

改めてメニューを見やると、定食は600円台からあったりしてお安い印象。

客は3割くらいでしたが続々入って来て7割くらいの入りに。
まあ、台風一過の夜ですから参考にはならないかも。

食べログ1 (121)

10分で、厨房から「大変お待たせ致しましたー」のお声掛けと共にカツカレー竣工。
こういう心遣い、嬉しいやね(*´ー`*)
そして、カツ、デカいね(^_−)−☆

ではでは。

かなりとろみあるダークブラウンのルゥはコク深い家カレーな味わい。
しかし小海老やイカが入っているのが面白いな(^_−)−☆
つまりはこれ、シーフードカツカレーというべきだろうか?
具は他に豚肉、玉ねぎ、人参。
豚肉はとんかつとダブってしまっていますがケチケチしてない入りっぷりで好感。
カツは弾力ある歯応えで、当然ながら一枚肉だ。
何か黒い粒が入っていますな、胡椒かな?
衣は厚すぎずカラッと揚がっていて、バリバリと音を立てて喰らうクリスプ感。
衣は剥がれにくいものでしたが、カレーの水分を吸った後半はやや剥がれました。

こういうカレーには福神漬けの甘さがよく合うな( ̄ー ̄)
完食。

ライスの量はそこそこながらもカツは大きく、腹は満たされました。
まあ夜はガッツリいかない様にしているから、ちょい食べ過ぎたかな(^_^;)


・・・あ、昼もカレー食べてたわ(。-_-。)
接客は変わらず親しみを持てるもの。
だから、また訪れる事になりそうだな(^_−)−☆




関連ランキング:定食・食堂 | 国分寺駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ