【オムの細道:155】ドレスドオムライスはオム界の1ジャンルに定着するかもしれない。

富士見市
05 /19 2015
【オムの細道シリーズ】



オムライススタジアム」2回戦終了。
さて・・・・

まだだ、まだ終わらんよ(`・ω・´)キリッ

色々考えましたが、予定通り東京代表のもう一店を攻略するとします。
本当はカルボナーラなオムと土手煮っぽい浪花オムライスを狙っていたのですが・・・・
どちらも行列が長い( -_-)
こちらは偶然にも空いていました( ´ ▽ ` )ノ

IMG_1085.jpg

これを食べたら、一度退こう。
ランチタイムを過ぎた16時くらいならばもっと空いているかもしれないし(`・ω・´)キリッ

こちらは「KICHIRI」「タニタ食堂」を展開している株式会社きちりが運営する1ブランド。
確か1号店がオープンする前からエントリーしていて、予選を勝ち上がってきたお店です。
どうも本店というものが無さそうなので、1号店であるこちらにレビューを寄せさせて頂きます<(_ _)>

パンフレットの写真を見ると、

IMG_1084.jpg

これは・・・アレだな(゚- ゚ )
紅亭のドレスドオムライスだな(゚- ゚ )
作るのが非常に難しいと聞いていますが・・・
こういうフェスに参加するならば、手早く確実に、作らねばなりませんよね。
その辺り、何か目算があるのでしょう。
調理風景、見えないかな・・・
ここからじゃ遠くて手元が見えないけれど、わざわざ見える場所で作っていますね( ̄ー ̄)ニヤリ

IMG_1086.jpg

行列、早よ進みやがれ(´・Д・)」

・・・あー、
なるほど、電気コンロ?かΣ(゚Д゚)

IMG_1087.jpg

それならば熱の通りも一定で、微調整も出来るわな。

IMG_1088.jpg
IMG_1089.jpg

にしても手際が良い。
真ん中に箸を置いて慎重にフライパンを回して・・・

IMG_1089.jpg
IMG_1090.jpg

・・・・・・オンザライスヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

IMG_1091.jpg

手慣れてますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

30分で竣工。

・・・美しい、ね。

IMG_1092.jpg

オムの周りには、赤いドレスの裾の様にトマトベースのソースが拡がっています。

ではでは。

IMG_1094.jpg

玉子はプルプルと悩ましい弾力を有しています。
オム的には新食感だな。
ソースはと言うと・・・・むむむ。
酸っぱしょっぱい。
さっきいただいた高知レストランのオムとは打って変わって、味が多い展開。
うーん、
こっちはひいき屋と違って、ケチャップが邪魔している感じです。
でもライスはしっかり作られていますね。
薄くケチャップとソースが効いていますが、この「薄さ」はアリです。
濃ゆいソースに合いますね。
全体的に、バジルとニンニク、トマトが効いていて、イタリアンな塩梅。
瞬殺。

ボリュームは少なく、見た目に比して味は(どっちかと言うと)ベタな感じ。
ああ、オサレなオムですね、というベクトルで無難にまとまっている印象です。
ただし、
「ドレスドオムライス」という形態の量産化に成功している点は評価されるべきでしょう。
それ以上は本家の紅亭でオムってからのコメントとなりますかね。
うーーーむ、訪れなければいけないな、紅亭。
でも・・・高いんだよなぁ( ゚ ρ ゚ )ボーーーー

この後、職場へお土産を買ったり牛島神社や堀辰雄住居跡など散策したりして時間を潰し、

IMG_1103.jpg
IMG_1104.jpg

アイドルタイムに期待しつつ16時頃、改めて訪れてみると・・・・・・



うっわぁ・・・人、増えてんじゃねーかΣ(°д°lll)ガーン
しかも完売しているお店が何店舗か出てる(T . T)

IMG_1112.jpg

つまり、残りのお店の行列は、その分長くなっている(゜-゜)

・・無理っす。
・・・・もう、無理っす(ノд・。)

後ずさりしながらその場を後にした、河井なのでした・・・・


3 Little Eggs ららぽーと富士見

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:オムライス | 鶴瀬駅ふじみ野駅

スポンサーサイト

ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ