吉祥寺のルノアール。

武蔵野市
12 /28 2017
吉祥寺   ルノアール


トークバック、モンタナと食べ歩いた河井、
むう、胃袋が小さくなったのかな・・・ぶぶかは無理だな(`・∀・´)
しばらく駅の周りを彷徨い腹ごなしを試みるも、やがて諦めてこちらへ吸い込まれまていきました。


2017no8 (68)

2017no8 (69)

エレベーターで2階へ上がれば目の前に入口。


2017no8 (70)

「ところてん始めました」の貼り紙がシブいねえ(^_−)−☆
15:30訪店。

あら、なんか和風( ゚д゚)
和風、っつーか、大箱の和風ファミリーレストランみたいな内観だ。
席に着くとすぐに店員さんがお水を持ってきましたのでメニューノールックで「アイスコーヒー(620円)」を、
ガムシロは入れずでお願いしました。


2017no8 (72)

2分で竣工。


2017no8 (73)

苦味の効いたタイプでコクの中に香ばしさを感じるお味。
チビチビいただくとしませう。
ボリュームはそこそこにあり。


2017no8 (71)

はあ、落ち着くなあヽ(´▽`)/
エアコンは効いていますが効き過ぎず、長居するには適していますな。
客層はルノアールにしては雑多。
立川駅北口のルノアールはサロンみたいな雰囲気があって、サラリーマンや打ち合わせ中の漫画家、お年を召したヘビーユーザーがメインでしたが、
こちらは老若男女、満遍なし。お一人様が多いかな?
所変わればルノアールも変わるのだな、
なんて思いつつ、しばらくの間食べログの下書きを仕上げたりして時間を過ごしました。


2017no8 (74)




関連ランキング:喫茶店 | 吉祥寺駅井の頭公園駅




スポンサーサイト

ちょいとお高いけれど、吉祥寺らしい趣味の良いカレー屋さん。

武蔵野市
12 /28 2017
吉祥寺   モンタナ


トークバックでオムった河井、予定通り向かったまめ蔵は満席の札が掛かり、3人待ち。
うううむ、待つのは性に合わない・・・

で、こちらへ。
以前、西所沢のカレーの名店、negombo33を訪れた際、お店に置かれていた雑誌を読んでいたらこちらの事をハマケンが勧めていて、
以来気になっていたのであります。
14:30訪店。

美しいお姉さんが「いらっしゃいませー」「お好きな席へどうぞ」と素敵な笑顔でお出迎え。
カウンターの中程の席に座り、メニューを眺めます。
カレーはオリジナルゴールデンカリー、れっど、ブラック、ドライカリーなどなどあって、メニューによってはこれに豚角煮、旬野菜、豚&旬の中からトッピングを選ぶ趣向。

んー、左上の法則、発動!
オリジナルゴールデンカリー、旬野菜(1190円)」をオーダー。
茹で卵か目玉焼きを択べるとの事で、目玉焼きをチョイスして、
あ、さっきいただいたオムと玉子がダブっちまった(^_^;)



2017no8 (64)

店内はアメリカ〜ンな印象でオサレ。BGMは爽やか系の邦楽。
店名からしてアメフト色ガッツリなのかと予想していましたが、そうでもなかった。
客は老いも若きも雑多で、なぁんかオサレな感じ。
故に河井にはちょいアウェーな展開か?とも感じましたが、居心地は良かったです。


2017no8 (65)

6分で竣工。
右にはキャベ千の小山、左には野菜がたっぷりトッピングされたルゥ、
そして黄色いライスは両者を隔てる壁のごとし。
ライス、少ないっぽいな・・・

ではでは。


2017no8 (67)

とろみあるルゥは甘味の効いた・・・
んー、なんだっけこの爽やかな風味!?
ちょいヌルっとした舌触り。

具は茄子や南瓜、トマト、人参、ゴーヤ、ズッキーニ、ブロッコリー、ピーマン、黄パプリカ、シメジ、オクラ、牛蒡、大根?などなど。
豪勢ですな( ̄ー ̄)
で、それぞれ調理が違うのね!
揚げてあるのもあれば煮たというか蒸したというかふかした様なのもある。
ゴーヤの苦さが素晴らしいアクセントとなってくれます。
で、やっぱズッキーニは合うよね、カレーに(^_−)−☆


2017no8 (66)

キャベ千にはリンゴかなあ、そんな風味を感じるドレッシングが掛かっていますが、スパイスも使われていそう。
キャベツが細かく刻まれているのは好感。まさに千切り(`・ω・´)キリッ

ライスはかなり硬めの炊き上がりで芯が残るような、それとも雑穀入りなのかな?
とろみのあるルゥが何とか絡んでくれる塩梅。
この辺りは好き嫌い別れるかも。
ライスのボリュームは少なめですが、野菜がお腹に溜まります・・・あれ?
河井・・・胃袋が小さくなったのかなあ?
それともトークバックのオムが効いているのか、
あるいは絶賛夏負け中だったからなのか、ほぼ満腹になりつつフィニッシュ。

接客は明るく、笑顔が素敵で宜しヽ(´▽`)/

うーん、忘れてた。
ドライカレー狙いで入ったのを今更思い出した(^_^;)
次回はドライカレーにしよう。

しっかし、トークバックでビーツのスープをいただいたり、こちらでは野菜をたっぷりといただいたり、
今日の河井、健康的な食生活じゃないかヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー(連食だがな河井

2017no8 (63)


つづく。




関連ランキング:カレーライス | 吉祥寺駅井の頭公園駅



【オムの細道:341】 吉祥寺のオサレビストロでオサレオム。

武蔵野市
12 /28 2017
吉祥寺   トークバック


この日は吉祥寺へ。
しっかし、蒸し蒸しするなあ┐(´д`)┌ マイッタネ(2017.8月のレビューです)


2017no8 (44)

思い出すのはカヤシマ、あの時も蒸し暑かったなぁ・・・
なんて想い出に浸りつつ歩いていると、お店が見えてきました・・・っはっはっは・・・・・


2017no8 (45)



オっサレやなあ(^_^;)
いやあ、入りにくいなああああ(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

・・・ダメだ河井、足を止めるな!!
止めたら最後、入れなくなるぞ!?
ゆっくりと、
やや小さめの歩幅で、
止まる事なく・・・


2017no8 (46)

・・・階段を下り、
13:40訪店。

のんびりしたオサレな洋楽と、明るい「いらっしゃいませー」が快く迎え入れてくれました。
窮屈なテーブルの間を縫って壁寄りのテーブル席に座り、メニューを眺めて、


2017no8 (47)

安堵。
ありました、ありましたヽ(´▽`)/
笑顔の素敵なお姉さんに「チキンライスのオムライス(1030円)」を、
セットのドリンクはオレンジジュースでお願いして店内を見渡します。


2017no8 (48)

2017no8 (50)

いやあ、オサレ、ですなあ(^_^;)
やや薄暗いウッディな店内には、先にも述べましたが長いテーブルが同じ方向に間隔狭く並んでおります。


2017no8 (49)

客は女子、女子、女子、、、あ、男子発見ヽ(´▽`)/
安堵したところにスープとサラダ竣工、


2017no8 (51)

って、ピンクだ・・・
・・オサレピンクだガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
どうやらこれ、ビーツの冷製スープとの事。


2017no8 (53)

粗めに裏漉しされたジャガイモ?の舌触り良し。
甘味と旨味が気兼ねなく同居している味わい。美味しいーヽ(´▽`)/

冷たいスープをいただき、外の暑さによる身体の火照りが静まっていくと同時に胃袋殿がストレッチを始めました。


2017no8 (55)

5分でオム竣工、速いね。
そしてオム、そこそこボリュームありそうだな。


2017no8 (56)

デミグラスソースが掛かった巻きオムですな。
その後背にはサラダが布陣。

ではでは。


2017no8 (52)

先ずはサラダを片付けよう。
使われているのは人参、コーン、水菜、紫キャベツ。
これらに酸味あるドレッシングが適度な量掛かっていて、鼻腔をスッと抜ける様な辛味があります。

さて、オムだ( ̄ー ̄)ニヤリ
ぷっくりと膨らんだオム、これはボリュームあるかもしれないな。
オムを挟んで手前と後方にはデミの海。

改めて、ではでは。


2017no8 (57)

うん、美味しい(^_-)-☆
玉子はふわ寄りのふわとろ、これ、ドルフィン(ライスの上にオムレツを乗っけたタイプ)か?
なぁんて思っちゃうような、そんな厚みがありますよ。


2017no8 (58)

ライスはしっとりと、バターが効いた味わい。
微塵切りされた玉ねぎと鶏肉が使われていて、鶏肉のシコシコが愉しいね(^_-)-☆
酸味があるけれどトマト由来ってだけじゃない様な・・・
チーズっぽい酸味、ブルーチーズかな?
そんな複雑なコクに満たされた味わい、面白いね。
赤ワインの効いたデミグラスは酸味の中にほろ苦みあり、コク濃厚。
驚きまではもたらさないものの、厳然とした存在感あり。
合うね、このライスには、ハマるね(^_-)-☆

オサレな雰囲気ながら、ボリュームは意外にありますぜ。
満足の完食。

ってあら、なんてこった、デザートも付くんだガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!


2017no8 (59)

デザートはパンナコッタ、ですな。
ぷるんぷるるん、ねっとりとろりとした食感を愉しみました。
オレンジジュースは美味しかったけれど、このオムにはコーヒーの方が合ったかな。

特に驚きはなかったものの、中の上な、
手堅いオム、ってな印象。
期待が大き過ぎなければ、ガッカリはしないでしょうな、そんな安定感を感じるオムでした。

1000円は超えるけれど、サラダとスープとドリンクとデザートが付く、
しかもオムのボリュームもそこそこあるんだよねヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
故にCPは高いと言えるでしょう。

接客は品があり、スピーディながら忙しさを感じさせない立ち居振る舞い、お見事なり。
上機嫌で次のお店へ向かいます。



2017no8 (61)

つづく。




関連ランキング:ビストロ | 吉祥寺駅井の頭公園駅



【オムの細道:319】 午後3時から出会える個性的オム。

武蔵野市
07 /30 2017
吉祥寺   まざあ・ぐうす


2017年4月 (131)

金子屋で天丼をいただいたあと、こちらへ向かうと、

2017年4月 (146)

アフターランチ、始まっていました( ̄ー ̄)ニヤリ

2017年4月 (147)

因みにこちらのオム、ランチタイムには提供されておりません、ご注意下さいませ。
15時からのアフターランチならば出会えますよ(^_−)−☆

2017年4月 (148)

15:15訪店。

お茶目そうな店主が「いらっしゃい」。
厨房寄りのテーブル席を勧められて座り、メニューを確認。
オーダーを聞きに来たおばちゃんに「オムライスセット(1200+税=1296円)」
をオーダー。
するとおばちゃん、小声で何事か仰ったのですが小さ過ぎて聞こえません。
うーん、

多分、セットのドリンクについてだな(`・ω・´)
コーヒーでお願いしました。

2017年4月 (149)


2017年4月 (151)

すぐに無言でサラダ竣工。
キャベツ、レタス、輪切りの胡瓜、トマトにサッパリした酸味の効いたドレッシングが適量掛かっています。
これを瞬殺して店内を見渡します。

2017年4月 (150)

年季が風格に昇華した店内はウッディ。
BGMは大きめに流れるクラシックのピアノですが、
アン・バートンのジャケが飾られているからJAZZが流れる事もあるのかも。

2017年4月 (152)

客は半分くらいの入りで女子ばかり、しかもオトナの女子ばかりだ(日本語おかしくないか河井
かなりアウェーな展開ですが、混んでいなかったからかリラックス出来ました。

2017年4月 (153)

14分で竣工。
大きな平皿にちんまりと鎮座ましましたオムは、ふわとろ玉子の乗せオムですな。
周りに回し掛けられているのはデミグラスソース。

2017年4月 (154)

ではでは。

ん?
茶色い!!

2017年4月 (155)

ケチャップライスじゃないんだ!(◎_◎;)
店主がおばちゃんに「ケチャップ取って」って言っていたから、
てっきりケチャップライスだとばかり思い込んでいたので、意表を突かれました。
んで、チーズも入ってるんだ!
かなり個性的なオムですなぁ( ̄ー ̄)
ライス自体はパラッパラに炒められていて幾つかのキノコ系の風味が香ります。
で、粗挽きの黒胡椒がかなり効いていますな。

2017年4月 (156)

具は挽肉、あとキノコ類も使われているのでしょうが目視出来ず。
うーん。なんと形容すれば良いか・・・
ツナマヨを3回くらいクラスチェンジさせた様な、、、違うか(^_^;)
味の多いオムですが、チーズを使いながらもバランスが取れた味わい。
チーズトッピングなオム、結構出会うのですが、塩気が後半に突出することが多いのですよ・・・
ここのはそうでもなかったな、店主の力量を感じる味のバランス。
デミグラスソースは酸味豊かな肉肉しい味わいで存在感あり。
一気に完食。

2017年4月 (157)

コーヒーは、ああ美味いヽ(´▽`)/
苦味が口の中をリセットしてくれます。

ボリュームは普通。
皿が大きかったので小さく見えましたが、そこまででもなかったですな。
いやぁ、なかなか個性的なオムでしたね。
んで完成度高し( ̄ー ̄)ニヤリ
もーちょい価格が控えめだったらなぁ、とは思えども、河井的には「アリ」なオムでした。
接客は、まぁ、クールとでも言いますか(^^;)




関連ランキング:カフェ | 吉祥寺駅井の頭公園駅



やっぱりキスが好き。

武蔵野市
07 /29 2017
吉祥寺   金子屋


吉祥寺。
この日先ず狙ったのはシャポールージュ。
・・・しかし、休みだった(2017.4月のレビューです)

2017年4月 (129)

・・・まさか、
まさかこの一ヶ月後、

・・シャポールージュが閉店してしまうとは!!!!!
この時は夢にも思わなかった(´;ω;`)
結局行けずじまい、痛恨の極み(T ^ T)

2017年4月 (131)

第2候補のまざぁぐぅすへ向かうと、微妙な時間だ。
15時からのアフターランチを狙うか( ̄ー ̄)

で、先にこちらへ向かいました。
行列必至なお店と聞いていましたが、この時間ならば並ばなくていいんじゃないかという思惑( ̄ー ̄)

2017年4月 (133)

うむ、店の前には行列無し(^_−)−☆

2017年4月 (134)

・・・階段にも人は居ませんね・・・我が策、成れり( ̄ー ̄)ニヤリ
14:50訪店。

席に空きがありました( ̄ー ̄)
お姉さんに対面カウンターの角の席へ通されてメニューを眺めます。
メニューは簡潔、天丼の松竹梅、3種のみ。
メインが穴子かキスか舞茸かの違いですな。
この頃の河井はキスに飢えていた(決して下ネタではない事をここに誓います)ので、
天丼【竹】(980円)」をオーダーして店内を見渡します。

2017年4月 (135)

若々しい三味線の旋律に彩られた店内は、まあ清潔感はあれど、野戦病院みたいな・・・
相当忙しかったのでしょうな、ってな感じ。

2017年4月 (136)

客はほぼ満席の入り。竣工待ちの人が多いな。

2017年4月 (137)

目の前にはガリ牛蒡と沢庵。
これを美味しいお茶と一緒にいただきながら待ちます。
お茶請けにゃあちょうど良い塩梅。

2017年4月 (138)

8份で竣工。
ほぉ、美しいね、立体的な盛り付け、そそりますな( ̄ー ̄)

2017年4月 (139)

ではでは。

それぞれタレにくぐらせているのかな?
衣はサクっと&ふわっと、やるねぇ( ̄ー ̄)
胡麻油の香りがほわぁ、っと立ちます。

2017年4月 (140)

種は海老2尾、キス、獅子唐、掻き揚げ、海苔、
そして中央には玉子の天ぷら。
海老は小振りながらも、ほっほ、尻尾までサクサクいけるわヽ(´▽`)/
掻き揚げは小柱とイカかな?柚子皮が乗せられております。
中がドロドロしているのは意図、なのかな?
んー、だとしても好みからは外れるな。河井的には掻き揚げはサクサクいただきたいところ。
キスは久しぶりだ(^_−)−☆(決して下ネタでは(ry
んー、ちょいふっくらが足りないかな。
で、合間のガリ、合うのな(^_−)−☆
甘さ酸っぱさが優しい味わい。

つゆは特に甘くも酸っぱくもなくクドくもない、でも存在感はあるな。

2017年4月 (141)

で、玉子。
こいつを崩してTKGっぽく混ぜちゃおうかと思ったのですが、崩しかけたところでやめました。
こいつを口に頬張り、、、

2017年4月 (142)

玉子ふわふわとろとろうぇっへへぇい、な戦法で臨みますると、
確かにうぇっへへぇいなひと時ヽ(´▽`)/
獅子唐は、外れ。
そしてご飯の炊き上がり、良し、ここ重要(^_−)−☆
一気に瞬殺。

ボリュームは少なくはなかったな。小食の方なら充分満足出来るでしょう。
価格を鑑みると、確かにCPの高さが伺える一杯でしたね。
このクオリティで1000円を切るならば、通いたくもなるわな( ̄ー ̄)
ま、混んでいるからランチ使いはなかなか難しいかもですが、それは致し方無いかと。
接客は疲れの見えるおっちゃんと、疲れを見せないお姉さんと。

2017年4月 (143).


2017年4月 (145)

つづく。




関連ランキング:天丼・天重 | 吉祥寺駅


油そば発祥の店は、死角が無かった。

武蔵野市
03 /22 2016
武蔵境  珍々亭


河井は行列が大の苦手。
油そばの発祥店といわれるこちらは河井の宿願店の一つなのですが、そういう理由で足が向きませんでした。
この日は前日に雪が降り、しかも放射冷却で寒く、雨で中途半端に溶けた雪がカチンコチンに凍っている、最悪の足元。
これは、むしろチャンスだろ、と向かったのです。
[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/50921963/,オズの魔法使]でオムの魔法を使ったあとに伺いました。

ん、あれか。

あれ、か?

おいおい、すんごいな、すんごいぞ!??
外観まではリサーチしてなかったのですが、昭和臭が横溢してるぢやなゐか( ̄Д ̄;) ガーン
50m先でも匂って来るぞい(゚- ゚ )
しかも、待ちは無いぜ(^ー゚)ノ
我が策、成れり( ̄ー ̄)ニヤリ
14:00来店。

空いてたヽ(´▽`)/
「テーブルでもいいですよ」
とのお姉さんの申し出に、
「いやいや、カウンターでいいですよ」
と返し、メニューをチラ見して、

IMG_3781.jpg

油そば並(650円)」をオーダー。

外観と同じく年季を感じる店内ですが、清潔感はしっかりとあります。
年季に抗って、勝っていますね。なかなか出来る事じゃない。
左にカウンターがあり、通路を挟んで右には4人掛けテーブル席が並び、厨房は奥にあるみたい。
スタッフはホール担当のおばちゃんが3人、厨房にはおっちゃんが2人見えますな。
かなり多いですが、普段はそれだけ混むのでしょう、
って、混んで来ましたよ!みるみるうちに8割の入りに。

IMG_3782.jpg

5分で竣工。
何かトッピングしても良かったかな。
混ぜ混ぜ・・・・・

ではでは。

IMG_3783.jpg

あー、これこれ、こういうの食べたかったんだよヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
かえしの甘、酸、旨と油のコク旨味とのバランス良し。
これにムチムチした中太縮れ麺がしっかりと絡みます。
具はメンマ、チャーシュー、ナルト、刻み葱。
メンマは悩ましい歯ごたえでGOOD。
チャーシューは端の方でしたが、だからか密度ある歯応えを愉しめました。
脂身多めで油&脂が甘美なるデュエット。
ナルトは厚みがあって何だか嬉しい。
刻み葱は少ないな。これ、ネギトッピングが合いそうだな。
後半は少しクドく感じつつ、完食。

ボリュームはやや多く感じましたが2軒目なので自信無し。
おばちゃん達の柔らかい接客応対が印象に残っていますね。
水の注ぎ足しのタイミング、見事なり。
パンチョには逆立ちしたって真似出来ない(そりゃ向こうはセルフだからな河井
店主っぽいおっちゃんもキビキビした動きで笑顔良く、声出しも良い。
雰囲気も良い。
味も良い。
発祥、というアドバンテージはあれど、そんなのどうでも良い。
ここは、良店だわ( ̄ー ̄)ニヤリ

気がつけば店内はほぼ満席に。
早々に退散するとしませう。


つづく。


珍々亭

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:油そば | 武蔵境駅東小金井駅


【オムの細道:215】 オムの魔法使い。

武蔵野市
03 /21 2016
武蔵境  オズの魔法使


【オムの細道シリーズ】



雪が席巻した日の翌日。
雨にしたたかに濡らされた雪はカッティンカッティンに凍っていて・・・
これは、チャンスだ(´・Д・)」
普段は行列必至なお店に並ばずに入れそうな予感ヒシヒシ( ̄ー ̄)ニヤリ
ならばあそこで油そばを喰らおう。
ならば、ここでオムっとこうか。
と単純なプランを立て、
満を持して初めて降りましたが武蔵境、ええ街並みでんなヽ(´▽`)/

[a:13077890,にな川]、か・・・
店主の名字が店名になってるのだとしたら同郷(蜷川氏は越中由来の氏族)かもしれないなぁ、
なんて考えつつ歩いて、
[a:13009991,きら星]、の向かいにこちら。
13:15来店。

からんからんとドアを引けば、豊かにブロウするトランペットがお出迎え。
存外に雰囲気、いいじゃない(^_-)-☆
入るのがちょっと不安だったのですが、艶っぽい「スターダスト」が吹き飛ばしてくれました。
中程のテーブル席に座ってメニューを眺め、

オムライス(780円)」をオーダー。
ランチタイムのセットのドリンクはアイスコーヒーを。
加糖か無糖かを聞かれたので無糖でお願いしました。

IMG_3767.jpg

IMG_3765.jpg

ああ、音、いいなぁ。
ベースが活きてるねぇ(^_-)-☆
って、ああ、
ここ、2つのスピーカーの向きが交差する絶好のポジションじゃないか!!
ラッキーヽ(´▽`)/

IMG_3773.jpg

目に付くのは、ゲームの筐体テーブル(ほう)、
沢山のトロフィー(ふむ)、
福助(ぬな!?)。

IMG_3766.jpg

ま、摑みどころの無いお店ですな。

IMG_3768.jpg

6分で竣工。

IMG_3769.jpg

カラフルな平皿の上には、薄焼き玉子の乗せオム。
オムの後背にはサラダが控えています。

ではでは。

IMG_3772.jpg

熱々のライスはパラっとしていて炒めムラなし。
味付けはケチャップメインなんだけど、バターっぽい旨味もありますね。
具は人参、玉ねぎ、ピーマン、ハムで野菜は多め、ハム少なめ。
玉ねぎはシャキシャキをやや残しつつ甘味が引き出されているナイスな火の通り。
玉子は薄焼きながら若干の厚みあり。
後半はやや塩気が来る展開ながら、故に玉子に意味はありましたかね。
油分はやや多め。

IMG_3770.jpg

サラダはキャベ千メインでトマト1カット、胡瓜1枚にマヨ添えの簡易なもの。
オムの口直しに使いました。

コーヒーは氷少なめでしっかりアイス、ボリュームあり、味も濃い。
[a:13184312,レインボー]のそれの3倍は愉しめましたね(^_^;)
完食。

オムのボリュームはやや少なめでしたが、このコーヒーが付くならば納得出来るCP。


[b:・・・河井君さぁ、このタイトル使いたかっただけじゃないの?]
というご指摘は、甘んじて受けます(*゚ー゚)>テヘヘッ
でもね、ここの雰囲気、良かったですよ。2時間くらい勉強しながら居座りたかったです。
ま、次が控えているのでアレでしたが(^_−)−☆

接客は柔らかく、笑顔もナチュラルで好感。
ただし、タバコの煙が苦手な方にはオススメ出来なさそう。

[b:愛って、何だろう?]

ハスキーなテナーが寂しげに唄う「You Don't Know What Love Is」を聴きながら、
からんからんとドアを押した河井なのでした。


つづく。


オズの魔法使

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:喫茶店 | 武蔵境駅


吉祥寺の穴場カフェ。

武蔵野市
12 /10 2015
吉祥寺 ドラマカフェ


[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/39919231/,おきな堂]のオム弁当を、[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/39928727/,パンチョ]でナポリタン目玉焼きを平らげたあと、本降りの雨に降られて彷徨う河井・・・
満腹なのに[a:13005807,サトウ]へ立ち寄ったのは執念、でしょう。
しかしこの天気でも行列かぁ・・・ご苦労様です<(_ _)>

あゝ、落ち着きたい。

ふらふらとアーケード街を歩いていると・・・・ん?
ドラマ・・・カフェ!?

ドラマって、あのドラマだよな(゚- ゚ )
レンタルビデオやら古本やらのあの・・・うん、同じロゴだな(・_・;)

食べログで検索すると・・・・・あった。
へえ・・・
ドラマ、カフェ始めたってよ(^ー゚)ノ
面白そうじゃないか、行ってみよう(^_−)−☆
ハーメルンの笛に釣られた子供宜しく、ふらふらとレトロな雰囲気のビルへ潜入。

IMG_2517.jpg

狭いエスカレーターで2階へ上がると、フロアの奥にありました。
15:10来店。

IMG_2518.jpg

意外に広いんだ!(◎_◎;)
レジで先にオーダーする、みたいだな。

気の抜けたビールみたいな店員の兄ちゃんに「[b:アイスコーヒー]」をオーダー。
「594円になります」
あ、外税か(゚- ゚ )
いつになっても金額の隣の(税抜)に気付かないな河井( -_-)

1分で竣工。

IMG_2519.jpg

IMG_2521.jpg

たっぷり、なみなみ、だな。
で、ロータスのビスケットも付いてきましたよ(^_−)−☆

ではでは。

ビスケットのシナモンが合うねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
コーヒーは氷少なめですがきっちり冷たい。
味は苦味が効いていますが、薄いとまではいかないけれどアッサリした余韻。
氷が溶けたのかもしれませんね(^_^;)
ほっと一息ついてから店内を見渡します。

通路がゆったりめに取られていて、開放感がありますね。

IMG_2522.jpg

ドラマらしく映画の印象的なワンシーンが額に入れられ壁に飾られています。
そして漫画も読み放題だヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
冊数こそ少ないですが精鋭揃い。流石はドラマ(^_−)−☆
ラインナップはアイアムアヒーローやちはやふる、俺物語、ハイキュー!、などなど。
黒子のバスケが置いてあるのはそういう客層が多いからなのかな?
漫画雑誌の最新号も置いてあります。

食べログのコメ返しをする予定だったのに、気が付けばちはやふるを12冊も読み耽ってしまっていました(^_^;)

IMG_2523.jpg

このマンガ、分倍河原を中心に府中界隈がちょくちょく出て来るんですよねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

あー、もう暗いじゃないかΣ(°д°lll)ガーン
帰宅ラッシュに巻き込まれながら帰る羽目になった、河井なのでした。

吉祥寺駅近くなのに混雑していない、ってのは大きな魅力だと思いますよ(^_−)−☆
いずれは混み合ってしまうのでしょうけれども、今はまだまだこちら、穴場だと思います。


ドラマカフェ 吉祥寺店

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:カフェ | 吉祥寺駅井の頭公園駅


メニューによるが、ナポリタン目玉焼きのCPの良さは間違い無い。

武蔵野市
12 /09 2015
吉祥寺  パンチョ


UPする順番を違えてしまいました(^_^;)

[a:20000098,おきな堂]のオム弁当を平らげたあと、段々と強くなる雨足にも負けず、予定通りこちらへ向かいました。

IMG_2512.jpg

・・・目立つなぁ(^_^;)
派手派手やなぁ(^_^;)
14:15来店。

店内はポスターやら何やら独特な感覚のPOPがベタベタ貼ってあってやっぱり派手派手だ(^_^;)
入口左にある券売機で考え込みます。
・・・オムナポ?

うーん、さほど惹かれないな( -_-)
850円という価格に惹かれない( -_-)

結局、お店イチ押しっぽい「[b:ナポリタン目玉焼き](700円)」の食券を購入。
カウンターの一番奥の席に座って店員さんに食券を渡し、「[b:大](無料)」をコール。
こちら、小中大のサイズを無料で選択出来るのですよ♪( ´▽`)
ならば、大、でしょう( ̄ー ̄)ニヤリ
セルフの水を汲みに行きつつ店内を見渡します。

客は7割の入り。
男ばかりであります(^_^;)
BGMは初期のPUFFYとかその時代の邦楽が大音量で流れています。
店員さんの私語も掻き消えるから、それで正解(^ー゚)ノ

IMG_2514.jpg

前述の通りコテコテな明るい内装ですが、そこはかとなくやさぐれ感があるのは・・・
やたらめったら何かが貼られていて外が見えないが故の、閉塞感からでしょうかね。

IMG_2516.jpg

9分で竣工。
標高が高いねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
こは佳き敵(^_-)-☆
胃袋が臨戦態勢を整えていく・・・
フォークを八相に構え、やがてゆっくりと振り下ろしたのです。

ではでは。

IMG_2515.jpg

下手に崩すと目玉焼きがこぼれ落ちそうだ(^_^;)
・・・・慎重に攻略しよう。
麺は断面が丸い太麺で、ムチムチプリンな歯応え。
アルデンテ?何それ??みたいな潔さを感じます( ̄ー ̄)ニヤリ
具は玉ねぎ、ピーマン、ソーセージ。
ナポにしては甘味酸味やや控えめに感じますが、バターっぽいコクのせいかな?
あと、ちょいスパイシー。
汁気は飛ばしてありますね。
焦げ目があったらなお良かったなぁ、もーちょい炒めて欲しかった。
流石に単調になる中盤辺りから、目玉焼きとパルメザンチーズとタバスコを順次投入。
そのお陰もあってフォークは淀みなく進みます。
黄身は予想に違わず円やかさを演出。
白身の淡白さもオイリーなナポに対しては貴重なアクセント。
完食。

ヌラヌラした唇を紙ナプキンで丁寧に拭きつつ、ため息。
いやはや、満腹です(^_^;)
茹で前じゃなくて茹で上がり600gですな(当たり前だ河井)

昔ながらのロメスパ風ナポリタン、という特徴は供えていますが、それ以外は特にこれと言ってアレなナポではないです。
おお!!美味しいじゃないか!!(゚Д゚)ノ!!!!
ってなインパクトは無かったです。
例えるならば、ココイチのカレーみたいな、中庸なロメスパナポに感じました。良くいえばオーソドックス。
んー、ちょっと期待し過ぎたかな?
とまれ、CPの良さは間違い無い(`・ω・´)キリッ
あと、出来れば水差しをカウンター上に置いて欲しいな・・・なんだかんだコッテリしているので(^_^;)
いちいち汲みに行くのが面倒臭いんですよ(^_^;)
接客は、とにかく明るいパンチョ、ってな感じで内向きに明るかったです。

IMG_2513.jpg

とか何とか言っておきながら、職場の近くに在ったら定期的に通ってるだろうな、
ってのが総評。




関連ランキング:パスタ | 吉祥寺駅井の頭公園駅


小ざさの最中がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!。

武蔵野市
07 /25 2015
吉祥寺 小ざさ


とある業者さんが差し入れてくれたのです、小ざさの最中。
行列嫌いな河井、こんな事でも無ければ永遠にありつけない可能性、大、であります!!
当然いただきました(`・ω・´)キリッ

白餡と黒餡の2種類いただきます。

ではでは。

IMG_0701.jpg

先ずは白餡から。
ほお、粘度高し。でも歯にくっ付かないな。
甘さは控えめで、これならば何個でも食べられそうな気配( ̄ー ̄)ニヤリ

黒餡は粒餡で、はらはらと粘度少ないタイプ。
へえ、餡によって全く違う顔を見せるか( ̄ー ̄)ニヤリ
甘味がストン、と軽やかに落ちていきます。
爽やかさの様なものを感じる甘味で余韻もしつこくありませんね。

一方皮は薄く、ただただ柔らかく、
餡を味わう為の仲立ちに徹してくれています。

うーん
確かに、美味しいわ、これ(^_^;)
そりゃあ行列も出来るわいな。

瞬殺。

派手な演出も小手先の変化も無い、で・・・・

真っ当に美味い。
こういうお店がちゃあんと評価され支持されている、ってぇのは、何だか嬉しいですね(^_-)-☆
白餡も良かったけれど、河井は断然黒餡派ですな(`・ω・´)キリッ
行列に並ぶのがダメな河井にはもうご縁が無いかもしれませんが・・・
並ぶのが苦にならない方ならば一度お試しあれ(^_-)-☆


小ざさ

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:和菓子 | 吉祥寺駅井の頭公園駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ