荻窪駅を眺めつつ純喫茶。

杉並区
03 /06 2017
荻窪   珈里亜 南口店



食べログ3 (20)

イナズマカフェでオム、っつーか色んな漫画家さんのイラストを堪能した後、こちらへ。
この日は夜に用事がありましたので連食は控えました(^_^;)

食べログ3 (30)

いいッスねえ、ショーケース( ̄ー ̄)

食べログ3 (29)

14:35訪店。

一番奥の窓際の席に座り、メニューをチラリ。
水を持ってきたダンディっぽいお兄さんに
「アイスコーヒー(480円)」をオーダーして店内を見渡します。

食べログ3 (21)

シャンデリアに照らされた店内は正しく昭和の純喫茶の佇まい。
年季はそこそこ入っていますが、むしろそれで正解!ってな趣き、宜し。
控えめなソロギターが奏でるBGMは音量低めですこぶる宜し。

食べログ3 (22)

綺麗に拭かれた窓からの眺めは上々だ。
荻窪駅が一望出来ますねぇ・・・いいぃぃねえぇ( ̄ー ̄)

食べログ3 (23)

先客はちらほら。
お一人様がメインですが、若いカップルも見えます。
因みにこちらは全席喫煙可となります、悪しからず。

足が冷えますが、場所によると思います。エアコン自体は効いていますからね。
寒いのが苦手な方は窓際は避けた方が良いかもしれません。
あ、でも、この席、特等席だとも言われていますね。ラッキーだったのかな?

4分で竣工。
ではでは。

食べログ3 (25)

うん、スッキリした苦味。
その中に甘味も感じますな。余韻は重たくなく、美味しいですヽ(´▽`)/

食べログ3 (24)

入口近くに置いてあったジャンプの最新号をダラダラ読みつつ、

食べログ3 (26)

合間に食べログの下書きを仕上げつつ、

食べログ3 (28)

暮れゆく荻窪駅のホームをぼんやりと眺めたりもしつつ、
あー、なんか今日はいい時間を過ごしたなぁ・・・

食べログ3 (27)

って思えたから、今日の俺は勝ち組だ( ̄ー ̄)
とか何とか調子に乗ったりもしつつ、
贅沢に、贅沢な時間を過ごした河井なのでした。

食べログ3 (31)




関連ランキング:喫茶店 | 荻窪駅


スポンサーサイト

【オムの細道:295】 漫画好きには悶絶&垂涎モノのカフェでオム。

杉並区
03 /05 2017
荻窪   イナズマカフェ


この日は炒飯の万博でオムろう、
って決めていたのに、マジかよ・・・

食べログ3 (1)

一時休業かよおおおおおガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
新年早々、涙そうそう(T ^ T)(2017.1月のレビューです)

食べログ3 (4)

・・・で、軽く悩んだ末にこちらへ向かいました。
13:55訪店。

食べログ3 (5)

おおおおおおおおおおΣ(・□・;)!!!
噂には聞いていたけれど、すんげーな( ゚д゚)
壁という壁に描かれているイラストっ!!しかも名のある漫画家ばかりっっ!!(◎_◎;)
どういう人脈だよおいおいおいいいっっ((((;゚Д゚)))))))
圧倒されつつ2階へ上がるとジェド豪士とか俺得だろこれ( ̄ー ̄)

食べログ3 (6)

浦沢さん、ヤワラちゃんより猪熊滋悟郎とか、オッサン描く方が好きなんだなきっと。
しかもゴッドサイダーとか俺得過ぎるだろヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

一番奥のテーブル席に座り、メニュー・・・
の前に、周りを見渡します、上京したての18歳の如く。

食べログ3 (7)

江口寿史が多いな、浦沢直樹もそこかしこに見えます。
他にも朝倉世界一、喜国雅彦、池沢理美、山崎さやか、高倉あつこ、エトセトラ、エトセトラ。
小学館系の作家さんが多いけれど、それだけじゃないな。
桐木憲一(「東京シャッターガール」))とか和泉晴紀(「食の軍師」)とか漫画ゴラクだしな。
とか垂涎しているところに店員のお兄さんが水を持って参上。
あ、メニュー見ないと(^_^;)
「とろとろ玉子のオムライス(850+税)」
に「ドリンクセット(150+税)」を付けて、
「アイスコーヒー」を食前にお願いしました。

食べログ3 (11)

直ぐに竣工したアイスコーヒーは酸味の効いた苦味控えめなもの。
162円にしては美味しいしボリュームもあるな。
稲妻を模したと思われるコースターもイカしてる(^_−)−☆

食べログ3 (12)

他の席ではその手の業界の人達がかなりディープな会話を繰り広げていたりしてエキサイティング(о´∀`о)

BGMは趣味の良い洋楽。

食べログ3 (14)

8分でオム竣工。
ふわとろ玉子の乗せオムですな。

食べログ3 (13)

オム上にはシャバっとしたデミグラスソースが満遍なく掛かっております。

食べログ3 (15)

ではでは。

食べログ3 (16)

ライスはもちゃっとしたケチャップライスで色ムラがあるな。
具は鶏肉と玉ねぎ、シンプル。
大きめにカットされた玉ねぎの甘みは出ていますね。
鶏肉もまた大きめのカットだけれどごく少量。

デミソースはシャバっとしたタイプで淡い旨味がメイン。
何だろう、醤油みたいなほろ苦さを感じますがそんなに強くはなく、
まあオムとのバランスは取れているかな。
瞬殺。

ボリュームは普通。
本棚がね、またマニアックなのですよ( ̄ー ̄)
古いジャンプやらの雑誌と、色んな漫画の1巻のみが置かれています。
面白かったら後は買って読んでねという事か・・・
つか、メタルKとか俺得以外の何者でもn(ry

アイスコーヒーをちびちび飲みながら、ニヤニヤしながら、ずーーっとキョロキョロしていたのでした。

あ、トイレもスゴいのよ(^_−)−☆
アフロな田中君がね・・・

食べログ3 (17)

まぁこれは、来店して確かめて下さいな(^_−)−☆

1階にはおおひなたごうとかまいっちんぐ!マチ子先生とかこちらもスゴい( ̄ー ̄)
うん、次回は1階にしよう。

食べログ3 (19)

因みに1階は禁煙、2階は喫煙可となっております悪しからず。


つづく。




関連ランキング:カフェ | 荻窪駅


一発でハマれば病み付きになりそう。

杉並区
10 /18 2016
荻窪  吉田カレー


1400軒目のキリ番に択ばせていただいたのは、こちら。
ここんとこ注目度うなぎ上りなこちらを選ばせていただきました<(_ _)>

ホーム上でちょいと[a:13133887,寄り道]したあと従兄弟と合流。
駅の北へ出て、目的のお店へと向かいます。

IMG_7673.jpg

あ、見えて来た来た・・・

IMG_7674.jpg

おお・・・本当にシャッター半開きだよおい(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

IMG_7676.jpg

細い階段には待ちが居なくて一安心、っていやいや中で待ってるわΣ(°д°lll)ガーン
つか、「一見さんお断り」
とか、

IMG_7677.jpg

「やってると思いますか?」
とか、

いちいち怖いわぁぁぁ(゚Д゚)ゴルァ
入りにくいやないかぁぁぁぁい(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

IMG_7678.jpg

ってのがウケた訳か(゚‐゚*)
人の心とは、何とも難しいものだな(^_^;)
11:40訪店。

待ちはお兄さん2人。

ちょっとピリピリした静かな店内、静かに待ちます・・・

客層は若めの男性のお一人様が多いかな。
唯一在るテーブル席には若いカップルがキャッキャウフフの態┐(´д`)┌ マイッタネ
ピリピリした空気の中、そこだけが浮いています・・・
もしかしたら、ここ・・・いつもはさほどピリピリしていないのかもしれない(゚- ゚ )
今日だけこんななのかもしれない(゚- ゚ )

なんて思ったりもします(^^;)

店内にはなにがしかの3箇条が貼り出されていますね。

・勝手に席に着かない
・注文はこちらが伺ってから
・テーブル席は店主の手が空いた時のみの案内となる

これ、横暴と捉えるか、優しい誘導と捉えるか(゚- ゚ )
多分、後者だろうな。

4分後、美しいお姉さんに呼ばれたのでそちらへ向かうと、オーダーを聞かれました。
で、目の前のメニューを眺めます。

IMG_7680.jpg

カレーは3種類のサイズからチョイス。
河井は「[b:並300g](650円)」を、
トッピングに「一番人気」と書かれた「[b:キーマ](350円)」を択び、
辛さは「MIX」でオーダーして戻ります。

カウンター4席、テーブル1卓と席数は少ないですな。
で、カウンターは隣との間隔が広く空いていますね。
荷物を置くカゴも完備されていて、意外に客目線も考慮されている印象。

って、あら・・・いつの間にか入口の向こうに人が並んでいる(^^;)
人気ありますねぇ(^^;)

10分ほどで「お一人様どうぞ」とのコールが掛かりましたので、従弟に先んじて河井が先に行きます。

IMG_7679.jpg

3分でカレー竣工。

ほほう、げに上品な出で立ち・・・
これは踊らせてくれそうだ( ̄ー ̄)ニヤリ
ニヤニヤしながらスプーンを構えます。

ではでは。

IMG_7681.jpg

へえ、甘いなあ、おい(゚- ゚ )
フルーティーな甘さと酸味が攻め立てます。
どうやらバナナを使っているご様子。
これはバナナ由来の味わいでしょうか。

キーマはスパイシー!
ってほどでもないな、細かく粒々した塩梅。
ルーと混ぜると何となくしっくりと来る感じ。
キーマには味噌が入っているらしいけれど、それ由来っぽい円みがありますかね。

少し食べ進めたところで卵黄を割ります。
卵黄はコク&円やかさを付与してはくれますが、元々キーマには味噌由来の親和性?があるから、
それほど場を変える存在でも無いかな、って。

ライスは淡い茶色味を帯びたもので炊き上がりはやや硬め。
スプーンが止まる事無く瞬殺。
お会計を済ませて連れより先に店を後にしました。


接客は、悪くない。
店主は頑固親父、って訳でも無く、柔和な笑みを湛えた落ち着いた佇まいの方でしたね。

でも、あのピリピリする緊張感を持つ雰囲気は・・・
んー、ちょっと気疲れするかな。
まあ隣との距離がゆったりとあるので、食べている時は夢中になれましたが。

河井は、人間って大きく分けて2種類に分類できると思っております。
すなわち、
ボケとツッコミ。
こちらの店主は「ボケ」属性の持ち主なんじゃないか、って思ったのです。
なんとなく、河井と同じ匂いがするので(*゚ー゚)>テヘヘッ
色々な貼り紙に、いろいろとツッコんで貰うのを愉しんでいらっしゃるのかもしれませんな。
(でも、おそらく20%くらいは本気が入っていると思う(゚- ゚ ))
(とはいえ、これは「ウィット」ととらえるべきでしょう。)

IMG_7682.jpg

決め手はあるけれど、ハマるハマらないは人によりそうだな、
というのが総評。

IMG_7675.jpg

河井はハマるまでには至らなかったのですが、
多分、トッピングによるカスタマイズによって味はかなり変わるんじゃなかろうか。
それがハマった時の中毒性は半端なさそうだなあ、って思いました。

IMG_7683.jpg





関連ランキング:カレーライス | 荻窪駅


食して切れ端、拾う者あり。

杉並区
10 /17 2016
荻窪  大江戸そば


従兄弟に誘われ吉祥寺。
マツコデラックスの番組で紹介された店に行きたいんだけれど、1人で入る勇気がないとかなんとかで。
話を聞いているウチに、ああ、あそこだな、って思い当たるお店が1軒浮かびました。
河井も気になってはいたのですが同様に勇気が出なかったお店。
渡りに船と快諾した次第(´・Д・)」

さて、約束の時間より早く着きそうだ。
すると従兄弟から少し遅れるとの連絡が・・・
じゃあ、

食うか( ゚д゚)

IMG_7668.jpg

で、ホーム上のこちらへ向かいました。
大江戸そばは未食。前はあじさいだったのかな?
そんな外観。
入口手前の券売機の前に立ち、「かけそば(270円)」の食券を購入して、
11:15訪店。

ひょろっとしたおっちゃんが「ぃらっしゃい」とお出迎え。
カウンターに食券を置いて「蕎麦で」とコールして店内を見渡します。

IMG_7669.jpg

狭いなあ、
が第一印象。
5人くらい並べそうな立食のL字カウンターが厨房を囲み、
対角には小さな逆L字カウンターが設けられていますが、あれに2人は無理だろう(^^;)
ま、使う方の横幅次第、でしょうか(。-_-。)
清潔感はまあまあ。年季に抗ってはいる感じ。

IMG_7671.jpg

45秒で竣工、
って、速いな( ゚д゚)

ではでは早速。

IMG_7670.jpg

つゆは黒い見た目ですが濃ゆくはなく、やや甘さ控えめに感じますな。
ならばすっきりしているかと思いきや、平べったい甘旨味の余韻は好みじゃない。
具は刻み葱のみのNREスタンダード。

蕎麦は激しくウェーブがかった蒸し麺で、だからつゆとの絡みは悪くない。
麺量はちょい少なめに感じましたが、空腹ゆえかもしれません(。-_-。)
端切れはそんなに無かったな。
丁寧にさらって、瞬殺。

接客は普通。
まあ竣工の速さは評価すべきでしょうな。
こういうお店にとっては、速さもサービスのうちだからね。

さて、待ち合わせ場所へ向かうとしますか(^_−)−☆
タイトルは大江戸捜査網インスパイア。


つづく。




関連ランキング:立ち食いそば | 荻窪駅


【オムの細道:227】 安いのは安いけれど安いなり。

杉並区
04 /26 2016
高円寺  中華食堂 一番館


【オムの細道シリーズ】


母方の実家からお誘い。
ついついたくさん食べちゃうから、先に軽く腹に入れていこう(゜-゜)
で、こちらへ。
20:00来店。

久々だなあ・・・前回訪れた以来だから3年は経ってるな。
前はもっとやさぐれチャイナな雰囲気だった気がしますが、改装されたっぽく、清潔感を感じます。
・・・まぁ、前回はぐでんぐでんでしたから、記憶があやふやですが(^_^;)

メニューを眺めますと、
へえ、すた丼みたいなメニューもあるのか・・・
野菜たっぷりたんめんみたいなのもあるな・・・
どこかで見たようなメニューだが・・・記憶があやふやだ(^_^;)
って、

IMG_4298.jpg

・・・あら( ̄ー ̄)ニヤリ
こんなの見つけたからには、食せねばならんよな( ̄ー ̄)ニヤリ
学生バイトっぽい店員さんに「いかと海老チリのオムチャーハン(600円)」をオーダー。

IMG_4299.jpg

3分で竣工。
うーん、かなり画像とは違うなあ(^_^;)

withスープ。

ではでは。

IMG_4301.jpg

鉄板は手で触れますね・・・。。( -_-)。。。。。

・・・陸サーファーかい!!(´・Д・)」!!!
「俺、結構乗れんぜ!?」アピールムラムラ出しときながら、全然波に乗れねぇ陸サーファーかいっっ(゚Д゚)ノ ァィ

IMG_4302.jpg

チャーハンはパラパラながら、鉄板の底には油溜まりが・・・
具は玉子とネギでシンプルの極み。
玉子は熱々で厚みありますね。

海老チリは、「海老」チリってほど海老は絡んでくれないな。
チリの効きも弱く、甘旨いお味に感じましたが、後半になると辛さが蓄積してきました。
上に乗っていたイカはそれなりに柔らかく、海老はそれなりにプリプリしています。

IMG_4300.jpg

スープはコンソメみたいな旨味がありました。
完食。

ボリュームは普通。
接客は適度に明るく適度に私語あり。
チャーハンが350円だから250円増しですな。玉子がたっぷりなので、イカと海老を足せば相応かな?
しかし油だまりは残念。
なので、
安いのは安いけれど安いなり、ってのが総評。




関連ランキング:中華料理 | 高円寺駅新高円寺駅



【オムの細道:204】 お茶目な店主が作る、愛しのオムライス。

杉並区
01 /28 2016
桜上水  栄龍


【オムの細道シリーズ】



三茶からの帰り道に[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/40392430/,あずまや]でたこ焼き&レモンサワーをいただいたのですが、何だか消化不良( -_-)
何か喰っていくか、
と思えどもモヤモヤと決まらない・・・

少し足を延ばすか、と、こちらへ向かいました。
こちら、オムライスが人気と聞いておりまして(^_-)-☆

お、おう・・・

IMG_3128.jpg

なかなかナイスな看板やな( ̄ー ̄)ニヤリ
19:45来店。

おっと、先客無し(゚- ゚ )
カレーの香ばしい匂いと寡黙な店主が会釈でお出迎え。
店主は会釈と同時に何かを発した様に見えましたが、何と言ったか聞き取れず。
いらっしゃい、にしては短い。
恐らくは「いらっしゃい」を極限まで簡略化した、[b:「ぃぁぃ」]じゃなかろうか、
なんて思案しながら正面のカウンター席に座ってメニューを・・・

IMG_3131.jpg

ん、あった(´・Д・)」
「[b:オムライス](750円)」をオーダーすると、店主は無言で手際良く調理を始めました。

L字カウンターが右奥の厨房を囲むように配置され、テーブルは左の壁沿いに小さいのが2卓、
でも奥のテーブルは使われていないかも。
・・・椅子が壊れている様に見えるので(あくまで見えただけですが)。
BGMはテレビなのですが、多分店主が観るためのものでしょう、そういう配置、
[b:ってな事は些事だ(゚Д゚)ノ]
片隅にもう一台テレビがあるのですよ。
で、何故か店の前を映す防犯カメラの映像が流れています・・・
食い逃げが多発している、とかなのかな?
ううむ、掴みどころの無いお店だ(^_^;)

IMG_3134.jpg

左の壁に貼られたメニューには「愛しのオムライス」「いけてる♪マーボ豆腐ライス」「疲労回復★レバーニラ炒めライス」なんて書かれていて、

IMG_3133.jpg

調味料の瓶には[b:「2ん29しょうゆ」]・・・


・・・ああ、ニンニクしょうゆか(゚- ゚ )
店主、意外とお茶目だな( ̄ー ̄)ニヤリ
何だろう、嫌いじゃない、こういうの( ̄ー ̄)ニヤリ
ニヤニヤしながら待ちます。

IMG_3130.jpg

6分で竣工。
ほう、美しいじゃないか( ̄ー ̄)ニヤリ
with中華スープ。

ではでは。

IMG_3129.jpg

あら、美味しい。
玉子は適度な厚みがあり、内トロ。
火の通り、いいじゃない(^ー゚)ノ

IMG_3132.jpg

ライスはしっとりな塩梅でソースのスパイシーさが効いていますが、甘味もあるのよ。
よって、甘旨スパイシー。チャーシューの煮汁でも入れているのかな?
具は玉ねぎ、豚肉、ナルトで、それぞれ細切れ。
ナルトが[b:「ウチは中華屋だよ」]ってアピールしています。
こういうね、ルーツが判るオムは河井好み。
歯応えを残した玉ねぎがアクセントとなっています。

中華スープは塩気やや強め。
後半は塩気が蓄積し始めますが、スプーンは止まらず完食。
水を一気に呷って、タンッとコップを置いてお会計。

ボリュームはそこそこ。
接客は無愛想な感もあるけど、たまに出会う人嫌いな店主による突き放した感じは無い。
そこはかとなく気にされながらも放って貰ってる感じ。
食べている途中で話しかけられるのが苦手な河井には、この距離感はむしろ気楽でした。
10年近く前の話ですが・・・
府中の川崎街道沿いにある[a:13055763,ラーショ]の近くに開店したばかりのラーメン屋でラーメンをいただいたのですが、
食べている間ずーーっと店主に見られていた事があります。
恐らくこちらのリアクションが気になって仕方がなかったのでしょう。
その気持ちは解るけれど、あれは苦痛だったなぁ(^_^;)
案の定、すぐに潰れてしまいました。

適度に放っておいて欲しい、でも気にしても貰いたい、
という捻くれた河井には。
こちらの距離感、しっくり来たのであります。
次回は是非、カレーをいただきたいですね。

IMG_3135.jpg


栄龍

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 桜上水駅下高井戸駅松原駅


極めてマイルドな台湾まぜそば。

杉並区
12 /20 2015
高円寺  麺処 田ぶし 高円寺本店


微妙に時間がないのだ。
時間があれば[a:13076623,キッチンごん]でオムろうと思っていたのですよ。
しかし、時はお昼時。忙しい時間帯だから竣工時間が読めない(ー ー;)
重ねて言うが、時間が無い( TДT)
で、ラーメンならば大丈夫だろう、とこちらへ。
つか、[b:台湾まぜそば復活!]
って書いてあったので、ついフラフラと(^_^;)
河井、人生初台湾まぜそば、であります(^_−)−☆
12:40来店。

入口脇の券売機で「[b:台湾まぜそば](850円)」の食券を購入。
「席に座ってお待ちください」と言われて奥のカウンター席に座り、
2分後に食券が回収されました。
大盛り無料なので「大盛り」をコールして店内を見渡します。

11席くらいのL字カウンターが占める店内。その中に厨房があり、テーブル席はありません。
清潔感はありますね。
先客は6人。意外に混んでいませんね。
人気店の様なので、もっと混んでいると思っていましたが。
BGMは当たり障りの無い新しめの洋楽。

IMG_1793.jpg

6分で竣工。
赤い麺が目立ちます。唐辛子でも練り込んであるのかな?
その上には卵黄、唐辛子が塗されたニラ、刻み海苔、玉ねぎ、魚粉が綺麗に盛り付けられています。
中央にはとろみの付いた台湾ミンチがでっぷりと乗っかっています。

・・・混ぜ混ぜ・・・・・

ではでは。

ん?辛さが来ないな( ゚д゚)
辛味は添え物で台湾ミンチの有り余るコクと旨味で食べ進む様な塩梅。
ミンチの粘り気が麺によく絡みます。

台湾まぜそばは確か、台湾ラーメンを作ろうとしたけれど上手くいかず、
まぜそばにしたら上手くいった、
みたいな発祥だったと記憶しているのですが、
だから、台湾ラーメンの汁無しバージョンみたいな一杯を想像していましたが、かなり違ったコンタクト。
ニラの辛さは散発的でサブな存在。
もしかしたら、こちらのは日本発祥の台湾ラーメンとは関係無く、額面通り台湾のまぜそば、って事なのかな?
それとも、こういうものなのかな・・・
初めてだから分からない(´・_・`)

麺は縮れある中太麺で、赤い。
多分唐辛子が練りこんであるのでしょうが特に辛くはないです。コシのある食感。

マイルドさに飽きて酢で味変を図りますが、少しでいいな。

IMG_1794.jpg

ほぼ完食したところで追い飯コール。

IMG_1795.jpg

小ライスくらいのボリュームがありましたね(^ー゚)ノ
台湾ミンチのとろみがご飯と絡まっ、て・・・美味い、けど・・・
何か物足りない(゚- ゚ )
耐え切れず、豆板醤投入。
・・・うん、豆板醤味になっちゃったな(*゚ー゚)>テヘヘッ
完食。

悪くないんだけど、とってもマイルドだったけれど、
突き抜けるインパクトは無かったかな。
期待を超えはしなかった。

「復活!」って書いてあるけれど、
額面通り受け取れば、人気商品なんだよね?
「!」だし。
これが「田ぶし」の実力、と捉えて良いのだろうか・・・

接客は楽しそうでした。「本店」って捉えると、ちょっとユルいかな。その辺りもちょっと残念でした。


麺処 田ぶし 高円寺本店

昼総合点★★☆☆☆ 2.9



関連ランキング:ラーメン | 高円寺駅新高円寺駅


家では真似できないであろう家カレー。

杉並区
11 /22 2015
浜田山  喫茶 レモンの木


[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/38236881/,とらさんのみせ]でオムったあと、たんたん亭を目指しましたが・・・並んでいるな(^_^;)
第二候補のこちらにしよう、とメインストリートをテクテク歩きます。
小洒落たお店と老舗のお店が同居していて、高いビルも少なめで、なんとなくのんびりした街並み。
だからのんびり歩きます。
メインストリートが途切れるちょい手前に、こちらが見えて来ました。
開け放たれた入口から中を覗いてみると、こちらも混んでるなぁ(^_^;)
でも、奥のカウンター席が一つ空いている、
様に見えたのです。
14:05来店。

が、それ、席じゃなかったガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
待ちになっちゃったΣ(°д°lll)ガーン
しゃああんめぃ( -_-)
待つとするかい(゚- ゚ )
いい感じで年季の入った店内はいかにも老舗の喫茶店です、って風情をモリモリと醸し出していて、げに河井好み。
アーチ状の天井が印象的ですな。

2分で空きが出たのでカウンターの奥の方の席へとご案内。
使い込まれた黒いメニューを開きます。
前情報からカレーを食べようと決めてはいたけれど、ついオムを探してしまうのはもはや習性ですな(さっき食べてたけどな)(^_^;)
チキンライスはあるがオムは無いか・・・お、生卵か。
久々に生で行っちゃおうか(´・Д・)」
店員さんに「たまごカレーセット《なま卵》(850円)」をオーダー。
セットのドリンクはアイスコーヒーでお願いしました。

IMG_2332.jpg

やや奥に細長い店内です。
つば広帽子を壁にくっ付けた様な形のカウンターが左に設けられ、
サイドボードにはアンティークな小物や民芸品が飾られています。

IMG_2331.jpg

通路を挟んで右には2人掛けテーブルが2卓、右奥に4人掛けテーブルが1卓。
厨房は奥にあって、おばちゃんが調理してるのかな?
ホール担当の女性は娘さんでしょうか、素早さのパラメータが高そうだな、って動き。

BGMはボリュームを抑えたJAZZ、JMかな?
ドナルド・バードみたいなトランペットにベニー・ゴルソンみたいなテナーが絡んでいるクインテット。

IMG_2333.jpg

8分で竣工。
なかなかボリュームありそうだな(^_−)−☆
深いカレー皿の左翼にライス、右翼にカレーが対峙。
ライスには凹みがあり、その中に生卵が着座。
with福神漬け。

ではでは。

これは、
カレーだな。
すこぶる美味しい家カレーだ( ̄ー ̄)ニヤリ
家では作れないであろう家カレーだ(じゃあ『家カレー』じゃないじゃないか河井
トロみあるルーは甘味ささやかでフルーティーな酸味を感じます。コクは適度にありますね。
それぞれ突出せず、バランスの良い塩梅。
ざらっとした舌触りは溶け込んだジャガイモ由来でしょうか?
ほう、ほろ苦みもあるな。
段々とスパイシーさも顔を出しますねぇ。

具は挽肉が結構入っていますね。
あとは微塵に切られた玉ねぎが確認出来るくらいで、シンプル。
ライスの炊き上がりは良し。
生卵を割ると円やかさがグンとアップ(^_-)-☆
これは合うね、生卵が合うタイプのカレーだ。
福神漬けも合うねぇ、ああもう、これは必須だわヽ(´▽`)/
淀みなく完食。

IMG_2334.jpg

いいタイミングでアイスコーヒー竣工。
濃ゆいねぇ、ドトールの倍くらい濃ゆいんじゃないかな?
氷の量は半分くらいだけど。
つまりは4倍楽しめる一杯。これはお得だね(^_−)−☆

ボリュームはなかなかありましたね。普通の店の大盛りより多いかも。
後ろのおっちゃんが大盛りをオーダーしていたけれど、どんな盛りだったのか見ておけば良かった・・・
お姉さんはトップギアでキビキビバタバタ動いてます。ちょっと落ち着かない(^_^;)

特別な一皿、ってなカレーではないけれど、普段遣いするには丁度良いカレーじゃないかな、と思います。


喫茶 レモンの木

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:喫茶店 | 浜田山駅西永福駅

【オムの細道:190】 オム・マスカラス。

杉並区
11 /21 2015
浜田山 とらさんのみせ


【オムの細道シリーズ】



浜田山。

前々から気になっていたお店で、今年のGW頃に狙ったのですが・・・
電車が遅れてランチにギリギリ間に合わず(T . T)
結局[a:http://tabelog.com/rvwr/000094547/rvwdtl/7799237/,釣り堀]まで歩いてオムったっけ。
こちら、実はオムライススタジアムの関東代表の最終選考まで残ったお店なのです(^_−)−☆

IMG_2325.jpg

今回は電車も遅れず、間に合いました。
13:10来店。

L字カウンターの短い方の席に座り、メニューを探す・・・
あ、無いんだった(^_^;)
こちらのランチは[b:オムの一品勝負]。
そして週替わり、
しかも金土日のみ、と[b:難易度高し( -_-)]
今週のオムが何オムなのかは表のボードに書いてあるらしい・・・

[b:まあ、見るの忘れたワケですが(*゚ー゚)>テヘヘッ]
さあて、どんなオムが出て来るか、楽しみに待つとしよう。

先客は常連さんっぽい男性1人、手酌酒。
ええ、居酒屋です。
外観も店内も、年季の入った居酒屋、であります。
カウンター上には30周年を祝う花が見えますね。
若い店主は二代目らしく、常連さんと親(初代かな?)の話で盛り上がっております、が、こちらを意識はしているご様子。

常連さんとの話を巧く切り上げた若店主、
「食後のコーヒーをこちらから択んで下さい」
と、コーヒーメーカー用パックがズラリと並んだケースを持ってきました。
その中から何となくキリマンジャロをチョイス。

IMG_2327.jpg

やがてスープ竣工。
やや甘味の効いたサッパリしたオニオンスープ・・・[b:美味しいな、おい(゚- ゚ )]
って、おいおい、
どう見ても居酒屋なお店なんだが、イタリアンみたいな、つかイタリアンじゃ・・・

IMG_2329.jpg

8分でオム竣工。
おお〜・・・・[b:な、なんか凄いの出て来たぞΣ(゚Д゚)ガーン]
抹茶色のソースの海に浮かぶオムは半球状で、ふわとろっぽい玉子を纏っております。
その上には玉ねぎスライスと桜海老が散りばめられていますね。
若旦那の説明によるとこのソース、どうやらお茶を煮詰めて作った甘いソースらしい。
底にしょっぱ苦いソースが敷いてあるのでそれと混ぜていただくべし、との事。
[b:あいわかった(´・Д・)」]

ではでは。

IMG_2328.jpg

どろっとしたソースは確かに甘い。
お茶って煮詰めるとこうなるのか?どうなんだ??
味はね、甘塩っぱ苦コク旨味な塩梅・・・ってよくわかんなくなってきた(^_^;)
でもってこのソースにいい感じで挽肉が紛れ込んでいて、これが良いアクセントとなってくれます。
桜海老の香ばしさとパリパリした食感も面白いなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
玉子は弾力を愉しむタイプ。
ライスは白米か・・・濃厚なソースにはこのアプローチで正解、なのかもしれませんね。
ただ、ちょいダマになっていたのは残念。
瞬殺。

コーヒーを啜りながら感想戦。
和なイタリアンのオム、だったな・・・うん、
[b:なんかスンゲーの食べたった]、ってのが総評。

お会計は980円。
ボリュームは少なめゆえ、ちょいお高めには感じますが、
オリジナリティー溢れるオム、河井的には満足です(^_−)−☆

と、若旦那曰く・・・どうやらオム、75種類以上あるらしい・・・
制覇するためには毎週食べても最速で1年半掛かるのかガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

うむむ、総評、変更(´・Д・)」

[b:オム界のミル・マスカラスだな]
が、総評。
まあ、細かい事を言うなら「1000の顔を持つ男」よりは「100の顔を持つ男」シエン・カラスに例えるのが正しいのでしょうが、
知名度的なアレとか考慮した結果、前者を採用しました(´・Д・)」

帰りがけに店頭に掲げられたメニューを確認。

[b:《ホワイトお茶ソースオムライス》]


・・・なんか、凄いの喰らったったなガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

いやー、オムライスって奥が深いわ〜( ̄ー ̄)ニヤリ


つづく。


とらさんのみせ

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:居酒屋 | 浜田山駅西永福駅


夜行性。

杉並区
08 /02 2015
高円寺  けむり


くじらを出て・・・・さて、どうするか(゚- ゚ )
高円寺とはいえ、24時を過ぎると流石に狭まる選択肢。
食べログを開いてこちらをチョイスしました。
24:25来店。

ほお、思ったより広い(゚- ゚ )
一段下がった奥のスペースには大きなコの字のカウンターがあって、その中が焼き場になっています。
あとはテーブル席。
河井一行は奥のテーブル席に座り、色々頼みました。

最初に頼んだポテサラは普通。
ウズラの玉子が余計に感じましたね・・・結局最後まで残りました。
厚揚げはネギが山盛りにて登場。
んで厚揚げは普通。
厚揚げを食べたいのであって、ネギ食いたいワケじゃないんだよ( -_-)
結局ネギが最後まで残りました。
炙りベーコン、これは肉厚でGOOD(^ー゚)ノ
ワサビと合わせつつ、こちらは瞬殺。

で、串物。
こちらの人気メニューらしい「ハツ」「モツ(鶏レバー)」をタレで、「ぼんじり」「皮」を塩でオーダー。
串物は150〜190円くらいでぼんじりは250円だったかな。
そこそこ大きいので割高感は控えめ。
モツとハツはカリっとしていなくてフワッとした焼き上がり。
鮮度が自慢らしいけれど、もーちょい炙っていいと思うなぁ。
外側と内側の食感の違いが欲しいところ。
一方、皮はしっかりカリっと焼かれていて、厚みがあってGOODヽ(´▽`)/
ぼんじりは250円だけあって、流石に美味しい( ̄ー ̄)ニヤリ
脂にまみれて眠りたいぜヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー

ん?

あれ!?
ここ、もしかして・・・(後述)

接客は明るいのですが、何となく違和感を感じます。
・・・多分こちらのメイン客層が我々ではないからでしょう。
夜が更けゆくにつれて店は混み合い、華やかに着飾った女性客により賑やかさを増していきました。

帰りがけに店員さんに聞いてみたら、ああ、やっぱり!
府中駅前、旧C&Cカレーの斜向かいの2階に在ったお店でした。
再開発で立ち退きに遭い閉店してしまったのですが、こちらで生き残っていましたか・・・・・・・

え?違う?
支店を数店舗展開していたのですかΣ(°д°lll)ガーン
いやあ、繁盛している様で何より、何より。

しかし・・・・

酔っ払った時のガリガリ君って、何であんなに美味しいのだろう、

そんな事を考えつつ眠りにつく、河井なのでしたzzz・・・・・


※ スマホの電源が切れていたので写真はありません・・・。申し訳ゴザイマセン<(_ _)>


けむり 高円寺店

夜総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:焼き鳥 | 高円寺駅新高円寺駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ