《再訪》 ワイルドになっていた。

西東京市
06 /10 2018
田無   油そば5坪



ランチ休憩に早めに入れたので、
何とかこちらの営業時間に間に合いました。
久々だなぁヽ(´▽`)/
14:40訪店。

・・・っと、
店主、何だか髭とか生やしててワイルドな感じになっておる(゚- ゚ )


201712 (2)



201712 (3)


メニューは少し種類が増えている様ですが、河井はこれと決めていましたので(`・ω・´)キリッ
油そば辛(750円)」を「5辛(無料)」で、
「中盛(100円)」でオーダー。
ちなみに7辛まで無料の様です(^_-)-☆

ランチタイム終盤って事もあるのでしょう、先客は無し。
エアコンのせいかは判らないけれど店内はほどほどに暖かいですな。

店主が丁寧に混ぜ合わせ・・・

6分で竣工。
うえっへっへ・・・辛そうな匂いだぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

(容量不足で画像が載りません、食べログでご確認くださいませ<(_ _)>)

ではでは。

麺はぷりシコとした縮れ中太麺。
辛さは期待したほどではないけれどちゃんとは辛く、辣油の香ばし旨味がいい塩梅ヽ(´▽`)/
次回は7辛にしてみよう。
具は2種類のチューシュー、メンマ、ワカメ、刻み葱、海苔1枚。
この辺りは特には変わらない印象。
メンマは炒めてあるのかな、焦げ目がありしんなり、いい食感。
味付け濃厚、良いアクセントとなってくれます。
ボリュームは中盛なり。
完食。

派手さはないかもだけれど、河井は好きだなぁ、ここの油そば
それを再確認出来ましたね。

近場にジャイアンがあるとはいえ人通りは少ない場所、
田無市役所はもう市役所ではないし、なかなかに難しい立地でしょうが、末永く続いて欲しいお店であります。




関連ランキング:油そば | 田無駅


スポンサーサイト

田無で人生初の吉田うどん。

西東京市
05 /28 2018
田無   羽だ


ビッグチャンスだ( ̄▽ ̄)

いつもは14時を回る、15時をも回る事がある河井の遅いランチタイム。
こんな早くにランチに入れるなんて、しかもいきなり。
色々候補はあるのだが、確実に未訪店をゲットしたい。
で、未訪店が固まっているゾーンへ向かいました。

珍山海
ドロップキック
バル8、はやっていないな(゚- ゚ )

迷った末、


201711 (136)

こちらの前に立ちました。
13:00訪店。

あら、混んでる(^_^;)
辛うじて空いていたカウンター席に座り、メニューを眺め、


201711 (137)

肉もりうどん(700円)」を「大盛り(無料)」でオーダーして店内を見渡します。

吉田のうどんを出すお店、と認識していましたが、
つーか昼呑み客が多いな(^_^;)
7、8席ほどのカウンターは河井が座り満席。
席の間隔は窮屈ですな。
その背後には年季の入った小さな小上がりが2卓。


201711 (139)

カウンター上の角の無い拵えからしてかなり古いお店と思われます。
もしかしたら小料理屋、、、いや、スナック~小料理屋と変遷して、その居抜きで始めたお店なのかも。
改めてメニューを見やると、呑みメインかな?一品料理が多い。
馬刺しの竜田揚げなんてのもありますぜ(^_−)−☆

あー、冷茶、うめぇヽ(´▽`)/
これ、3杯くらい飲みたいわ(^_^;)
なんて思っているところに、


201711 (141)

9分で竣工。
長方形の平皿に盛られたうどんには人参とキャベツが乗っかり、薬味と・・・蕎麦湯ならぬうどん湯!?が添えられております。

吉田うどん、初めていただきますが・・・さてさて( ̄ー ̄)ニヤリ

ではでは。


201711 (142)

うどんはねじれのある中太麺。
硬いとは聞いていましたが、そこそこ硬いくらいくらいでやや拍子抜け。
東京人の舌に合わせているのかも。
ぎゅむっと噛むと小麦の風味が口内に拡がります。
表面がツルツルしているので喉越しは良好。


201711 (143)

つけ汁ははあっさりと酸味の効いた醤油ベースで豚肉の旨味は上品な効き、
やや塩気が主張しますが、これはうどん由来かな?まあそれほど強くはありません。
豚肉は細切れでそこそこの入り、柔らかし。

薬味(刻みネギと生姜)を投入すると、生姜の風味がナイスアシスト(^_-)-☆

人参とキャベツは共に食べ易いサイズにカットされていて、軽く食感を残したくらいにボイルされています。
なんとなく、店主の優しさを感じますな。

中盤に差し掛かる頃合いで、味変に着手。
天かすを入れて・・・すりだねだ( ̄▽ ̄)
すりだねこそ吉田うどんのだいご味だろう( ̄ー ̄)ニヤリ(頭でっかち極まってるな河井
投入する前にちょいと摘むと、、、はっはっは、


・・・辛い( ̄◇ ̄;)(そりゃそうだ河井
ちょいと摘み過ぎたか(^_^;)
スカッとした辛さが脳天を鋭く突き抜けます。
これを投入して、トップギア。
瞬殺。

うどん湯?を注いでつけ汁完飲。

ボリュームは大盛りなり、かな?大盛りにしてはやや少ないかも。
まあ無料ですから満足、満足。

接客は常に忙しそうでしたが愛想良し。
吉田のうどんにしては、もしかすると優しいコシなのかも。
いずれは本場のうどん、いただかないといけませんな( ̄▽ ̄)





関連ランキング:うどん | 田無駅西武柳沢駅


《再訪》 やっぱ美味しい。

西東京市
04 /16 2018
田無   麺匠 ヒムロク


この日は新しく出来ていたバル8へ向かいましたが惜しくもランチに間に合わず。

で、久々にこちらへ足が向きました。
レビューは上げてないけれど、最初のレビュー以来何度か訪れていました(^^;)
15:05訪店。

券売機にて「つけそば(780円)」の食券を購入してカウンター席に座り、食券を置き「中盛り」をコール。


20179 (1)

店主は髪を切って以前より爽やかな印象。


20179 (2)

8分で竣工。
お久しぶりです(^_−)−☆
相変わらず美しい麺の盛り付け。

ではでは。

っははははヽ(´▽`)/
ああ、やっぱ美味しいわぁヽ(´▽`)/


20179 (3)

コシの強さとモチモチした食感を有する小麦の風味の強い太麺と、


20179 (4)

魚系の風味が強く出た(でも酸味は隠れている)濃厚なコク旨味を有したつけ汁、がっぷり四つ( ̄ー ̄)ニヤリ
瞬殺。

スープ割りは割りスープ少なめでちょい濃いめだった(もーちょいスープ欲しかったなぁ)けれど完飲。

ニヤニヤしつつ店を後にすると、
「ありがとうございました」
小さな声でしたが、聞こえました・・・聞こえましたよ、挨拶( ̄▽ ̄)
接客は以前より向上はしているものの、まあ軽微ではあります。
そういうのが苦手な方にはオススメ出来ませんが、でも悪意は感じられないのよね。
帰ったばかりの客の悪口を(客に聞こえるように)言い始めちゃう江の島のとあるお店のホールスタッフとか、
不機嫌なオーラを客に浴びせ続けるラーメン屋(閉店してたな)のオヤジとかより全然真っ当、全然誠実。
また寄らせていただきます<(_ _)>




関連ランキング:つけ麺 | 田無駅西武柳沢駅


国分寺のお店とは関係無さそうなネパ系カレー屋さん。

西東京市
12 /28 2017
田無   インド料理 Panas


2017no8 (34)

河井が田無を去ってから1年。
その間に新しくオープンしたお店も幾つかありまして、こちらもその1店。
14:45訪店。

閉店間際なタイミングでしたが、お兄さんが快く迎えて下さいました。

中程のテーブル席に座り、メニューを眺めます。
店名から国分寺にあるお店の系列店かと思っていたのですが、どうも違うみたいだな。


2017no8 (37)

2017no8 (38)

なんとなくネパール系っぽいメニュー構成。
フォーやトムヤムフォーといった東南アジア系の料理もあります。
竣工を待っている間に聞こえた店員さんたちの会話によると、
どうやら都立家政に在るモティマハルの系列の様ですが、聴き間違えだったらゴメンなさい(^_^;)

「日替わり(720円)」は茄子とチキンという事でそれを「4辛」「ライス」、ドリンクは「マンゴーラッシー」をお願いして店内を見渡します。
「こういうお店の日替わりは大抵◯◯とチキン」の法則、
こちらでも実証されました(^_^;)


2017no8 (35)

2017no8 (39)

直ぐにサラダとマンゴーラッシー竣工。
サラダに掛かっているのはネパール系のカレー屋でいつも見かけるあのドレッシング。
キャベツやレタスに加え水菜やコーンも入っているのは嬉しいですなヽ(´▽`)/
マンゴーラッシーは綺麗に混ざり合ったタイプ。


2017no8 (36)

店内は結構な広さがあり、中央の動線の両脇にテーブルが並ぶレイアウトでカウンター席は無さそう。
閉店間際だったからか客は終始河井のみ。
だからなのかいつもなのかは分かりませんが、BGMは無し。


2017no8 (40)

5分で竣工。
ルゥは多めだな。

ではでは。

カレーはクリーミーなコクがメインなお味で辛さはそこそこ。

とここで店員さんがやって来て「辛さは大丈夫ですか?」
「全然大丈夫ですよ(^_−)−☆」と返して、食べ進めます。
茄子は4切れ。油通ししてあるのかな、色鮮やか。
チキンは小さめのが3切れ。ややもの足りないな(^_^;)
柔らかく煮込まれていて、下拵えの丁寧さを感じます。
ライスは白飯で炊き上がりは普通。

ライスお代わりヽ(´▽`)/


2017no8 (41)

うーん、小さいな(^_^;)
もう一回お代わりしたいけれど、ライスが捗るタイプのお味ではないのでルゥの残りも怪しい情勢。
・・・腹八分目といくか。
完食。

具のボリュームはもの足りないものの、まあ720円でライスとナンがお代わり∞だからCP的には満足、かな。かな?
接客は特に問題無し。

なお新店舗ゆえにサービスの評価は控え、全体的にやや甘めの評価となっている事、ご承知くださいませ。




関連ランキング:インド料理 | 田無駅


《再訪》 今度は閻魔だ。

西東京市
11 /19 2017
田無   花いちもんめ


週末のアスタのレストラン街はいつも混雑していますな・・・


・・・ん?


20176 (19)

閻魔ら〜めん、だと!??
新メニューか!!攻めるねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
14:45訪店。


20176 (9)

「お好きな席へどうぞ」と言っていただけたので一番奥のテーブル席に座り、一応メニューを眺めるフリ。
水を持ってきたお兄さんに
「閻魔ら〜めん(780円)」
「ライス(180円)」をオーダー。
前回は地獄ら~めんをレビューした訳だけれど、それよりさらに辛いらしいですな。


20176 (11)

20176 (10)

こちら、どさん子の系列店なのですが、「花いちもんめ」を名乗っているのはこちらのみ。
最近ではカレーライスを推し始めているし・・・
かなり独自色の強いお店ですなぁ・・・
まぁ河井、こういうお店、好みですが(-_☆)キラーン


20176 (15)

5分で竣工。
ほほう・・・赤い、ね( ̄ー ̄)ニヤリ
地獄ら~めんはそんなに辛くもなかったからなぁ、今回は期待に応えてくれそうだ。

ではでは。


20176 (14)

お、確かに辛い。
辣と豆板醤系由来かな?
細麺がスープをよく持ち上げてくれるのも手伝ってか、初撃から辛さを感じますよ。
とは言え、中本の北極とかペヤングの激辛焼きそばに比べればまだまだ優しさがある辛さ。

20176 (17)

具はメンマ、もやし、コーン、チャーシュー、刻み葱。
時折口に入る胡麻の食感が楽しい。
メンマは適度な食感を残してあり、筋張りも無し。


20176 (18)

確かに辛いのですが、味が破綻していませんな。
旨味をしっかりと感じますし、塩気や酸味も判ります。
辛さは蒙古タンメンくらいかな?
汗が滲んだところで完食。

ヤバいとまではいかない辛さながら、ちゃんと辛い(個人差はあります悪しからず)。
地獄、閻魔・・・・・
次は「魔界」かな?それとも「天国」!??( ̄ー ̄)ニヤリ

接客は相変わらず良し。
愛想もあり物腰柔らか。
次回はカレーライス、いただいてみましょうかね(^_-)-☆


20176 (16)




関連ランキング:ラーメン | 田無駅


暑い日にふと食べたくなりそうなつけ麺。

西東京市
11 /19 2017
田無   麺家 宝


久々に早めのランチタイム。
勢いよく宮花庭を狙いましたが、やっていないなぁ、13:30L.O.なのかな?
で、南口へ回って牛カツ屋・・・は、暫く休業か・・・
大丈夫だろうか・・・


20175月 (389)

で、こちらへ。
何度か訪れましたが未食、というのもその度に売り切れや満席で跳ね返されたお店でして・・・
今日は空きがありました( ̄ー ̄)
13:45訪店。


20175月 (390)

入口寄りのカウンター席に座り、メニューをチラリ。
「つけめん大(890円)」
「煮玉子(100円)」
をオーダーして店内を見渡します。

L字カウンターのみ8席のこじんまりとした店内は朱のカウンター鮮やかなり。
清潔感ありますな。飾り付けは最低限。


20175月 (392)

あ、隅っこにペコちゃん発見!
横目でこちらをじっと眺めておりますね(^_^;)


20175月 (391)

あー、お茶うめーヽ(´▽`)/

先客は2人、待っている間に2人来店。
「浅草開化楼特製麺」という木札が掲げられているので、きっとそこの麺が使われているのでしょうな。

やがて目の前にトレイが置かれ・・・お、香るね( ̄ー ̄)


20175月 (393)

12分で竣工。
具の少なそうなつけ汁の上には魚粉がゆるかやな稜線。
ツヤのある麺の手前にとろりとした黄身の煮玉子が鎮座ましまします。

ではでは。


20175月 (394)

酸味が結構来るね、あと甘味も強め。旨味はそこそこだな。
一瞬冷やし中華が頭をよぎるお味。
辣も少し効かせてあるけれどアクセント程度で辛さはほぼ感じません。
魚粉自体の酸味はそこそこだから、スープ由来の酸味でしょうか。


20175月 (396)

麺は柔らかめの茹で上がりで小麦の風味あり、ピロプリな食感。
これ、河井の好みからは外れるんだけれど悪くない、悪くないよ!!つか美味いねヽ(´▽`)/


20175月 (395)

味玉は黄身がとろんとろんに仕上がっていて塩気が効いたお味、ご飯に乗っけていただきたい(おいおい

具はチャーシュー、メンマ、刻み葱がそれぞれ申し訳程度の入り。
トッピングしてください、という事でしょう。

冷めてくると甘味酸味が落ち着いて来ました。
完食。

接客は明るく動きもテキパキ、お二人とも笑顔あり文句無し。

やや甘味が勝つ酸味強めの味付けはちと好みからはずれますが、
暑い日にふといただきたくなりそうな一杯でした。




関連ランキング:つけ麺 | 田無駅


レイトランチにも対応していただけるのはありがたい、新規店。

西東京市
10 /18 2017
田無   ファンタスティック酒場 ゴチャゴチャ


新店なので早めにUPします。
食べログにランチを始めたとの情報が載っていたので、狙ってみた次第。


20176 (72)

松屋と松乃家が並ぶその上階に大きなこちらの看板が出ていますねー・・・
北口の松屋の二階には系列店のセロリの花が入っていますが、
こちらは多分、松屋系列ではないと思います、何となく(^_^;)


20176 (73)

階段を上ると・・・おー、しっかりと作り込んでありますね!
14:50訪店。

ほお、若々しい感じの内観、ちょい怯む河井(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
そんな河井をスカイブルーのカラコンをつけたお姉さんが優しくお出迎え。
2人掛けテーブル席へ通されてメニューを眺めます。


20176 (74)

20176 (75)

あら、カレー350円っすか!!(◎_◎;)
安いなあ、おい!!!(◎_◎;)
しかし初レビューにそれオーダーは何だか申し訳無い気持ちになりまして、
一押しっぽい「ローストビーフBOWL(650円)」をオーダー。
大盛り無料との事で当然「大盛り」で、
白米か十五穀米か択べるとの事で、なんとなく体に良さげとかなアレで「十五穀米」をチョイスして店内を見渡・・・せないかここからじゃ(*゚ー゚)>テヘヘッ


20176 (76)

真新しい店内は意外に奥行きありそうな感じ。そんなにゴチャゴチャしていませんよ(^_-)-☆
嬌声が遠くから聞こえてきますので、呑み利用の方もいらっしゃるのかも。
河井の頭上にはシャンデリア。

20176 (80)

Oh!ファンタスティック!!ヽ(´▽`)/


20176 (77)

BGMは今風の若い感じの、軽い感じの洋邦楽、ジャンルレスでやや大きめの音量。



20176 (78)

5分で竣工。
スープも付いて来ましたよ(^ー゚)ノ

ではでは。


20176 (81)

ローストビーフの上に掛かるは白髪ねぎと糸唐辛子、下には玉ねぎスライスが敷かれておりますな。
ソースの掛かりは少なめ、やや甘味が先行するお味。
ローストビーフ自体はオリジンのよりは厚みあり。
十五穀米は炊き上がり悪くはない。
ベチャっとした炊き上がりのお店・・・どことは言いませんがたまに立川のルミネ辺りで出会うけれど、そんなことよりは全然いい。
こちらのはちゃんとふっくら炊けています。
んで、ちゃんと大盛りだヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
しかしソースの掛かりが少ないのでライスの消費が滞る展開。難儀しつつ食べ進めます。
普通盛りならば丁度良い塩梅なのかも。


20176 (79)

スープはあっさりめのオニオンスープ。
完食。


味はまぁそれなりですが、この価格で大盛り無料、満足であります。
少なくともオリジンのアレよりはCPで上回っていると感じましたね。よく頑張っていると思います。
接客は若い感じでそつは無し。
河井的にはちょい入りづらさを感じましたが、入ってしまえばなんとでもなります(`・ω・´)キリッ
ちゃんとしたボリュームの飯を腹に収めたい、でも健康には気を使っている様な様なニュアンスでコスパを重視したい貴方、是非是非(^_-)-☆

なお、新店舗ゆえサービスの評価を控え、またやや甘めの採点となっている事、ご了承下さいませ。




関連ランキング:居酒屋 | 田無駅



悲しまないジョティ。

西東京市
09 /11 2017
田無    ジョティ



20175月 (273)

こちらの存在は知っていましたが、なかなか時間が合いませんでした。
この日はいつもより少し早くランチ休憩に入れまして、こちらへ。
14:25訪店。

お兄さんがにこやかに「いらっしゃいませ」。
しっかし、向こうの方って、ホント、いい笑顔するよねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

奥のテーブル席に通されて座り、メニューを眺めます。

20175月 (274)

ライスとナンのお代わりは1回無料ですな。
「Bセット(800円)」をオーダー。
カレーはチキン、キーマ、ほうれん草、ダル、ベジタブルからチョイス出来まして、
河井は「キーマカレー」を。
辛さは5段階から択べ、「4(辛口)」を、
セットのドリンクは「マンゴーラッシー」をチョイス。
因みにドリンク無しのAセットならば700円です。


20175月 (275)

20175月 (276)

直ぐに竣工したサラダにはキャベ千と共に人参や水菜?、コーンも入っていますね。

20175月 (277)

マンゴーラッシーは少なめ。

これを瞬殺して、店内を見渡します。

小さな居酒屋を改装しなのかな、かなり狭いですね。
1階は入口から右手に手狭な厨房があり、奥に2人掛け、4人掛けテーブルが各1卓、
その向かいには小さなカウンターが設けられていますが使われていない様で、店員さんたちの荷物置き場になっています(^_^;)
後から入ってきたおっちゃんが2階へ案内されていますから、2階にも客席があるみたい。
まあそーじゃないと採算取れんわな。

BGMは向こうのポップス。
しかし河井の脳内には山下達郎の「悲しみのジョディー」が掛かっていました。






20175月 (278)

6分で竣工。
鮮やかな黄色のターメリックライスの標高は低め。
対してチキンキーマはなかなかのボリューム。

ではでは。


20175月 (280)

キーマは甘さ控えめでコク旨味がメインを張ります。
スカッと辛さが口内を通り抜けますが停滞せず、ほどほどの効き。
鶏肉はしっかりと入っていて好感。
どことなく、河井が好きなレトルトの「鳥肌が立つカレー」を思い出させるお味、悪くないね( ̄ー ̄)ニヤリ


20175月 (279)

んでもってライスの進捗はそれほどでもなし(何でだろ!?


20175月 (281)

お代わりライスはデフォの2/3くらいのボリューム、想定内。
カレーをちょうど使い切って、完食。

んー、CP良くガッツリ行きたいならRAJの方がオススメかな?
でも味はそこそこ良かったです。もう一つ深みがあれば、とは思いましたが。

接客はゆる~いものでしたが嫌味は無し、多分ナチュラルなのだと思います(^_^;)
とはいえ、新店舗ゆえにサービスの評価は控え、
またやや甘い評価となっております事、ご了承くださいませ。




関連ランキング:インド料理 | 田無駅


イートインに本腰入れ始めたな。

西東京市
08 /30 2017
田無   キッチンオリジン


久々に訪れた田無のオリジンは、河辺のオリジンみたいにイートイン可能な形態にリニューアルしていました。
15:10訪店。

こちらのシステムは河辺で体験済み。
オムもあるけれど、河辺でいただいたからな・・・違うのにしよう(`・ω・´)
新メニューらしい(2017.5月のレビューです)「レア・ローストビーフ丼(580円)」をオーダー。
敢えて「レア」と主張しているからには、レアなのでしょう。
イートイン利用を告げ、引換券を受け取り奥のイートインスペースへ。
隅のカウンター席に座り、店内を見渡します。


20175月 (19)


20175月 (18)


イートインスペースは狭く、カウンター3席と2人&4人掛けのテーブル席が各1卓。
コーヒーも販売していますな。

20175月 (20)


20175月 (21)

そしてコンセントも完備、ってのはポイント高いやね( ̄ー ̄)


20175月 (22)

5分で呼ばれ、受け取りに向かいます。
テイクアウト用のプラ容器にて供されました。

ではでは。


20175月 (23)

ローストビーフは流石に「レア」と銘打たれているだけあって柔らかい。
ま、薄いけれども(^_^;)


20175月 (24)

フレンチドレッシングみたいのとバーベキューソースみたいのが上に掛かっていて、
それらを合わせつつ食べ進めます。
ローストビーフは5枚、
脇には貝割れ大根がわっさぁと。
まあ、無いよりはマシな存在。

ご飯はやや柔らかめの炊き上がり。
いやー、大盛りにしなくて良かった・・・
味付けが薄いから、ご飯余っただろうし(^_^;)
瞬殺。

接客はこなれた感じで元気あり。
ボリュームは少なめですが、コンセントやコーヒー(有料)もあるし、日がな一日のんびり過ごせそうですな。
使い勝手は良さげに感じました。

なお、新店舗ゆえにサービスの評価は控え、やや甘めな評価な事、ご了承下さいませ。




関連ランキング:弁当 | 田無駅



《再訪》 通し営業なのはとても嬉しい。

西東京市
08 /17 2017
田無   ジャイアン弐


まさかまさかの田無凱旋(2017.4月のレビューです)、
にあたり、食べログはチェックしておりましたよ(^_−)−☆
ふむ、幾つか新店が出来ていますな・・・
しかし初日のランチに向かったのはこちらでした。
14:40訪店。

券売機の前に立ち・・・あ、ランチセットは14時までだったか(^_^;)
「辛つけ麺(850円)」
「小ライス(150円)」
の食券を購入し、中程のカウンター席に座って食券を渡して「中盛り」をコール。


2017年4月 (6)

前よりも照明が明るく感じるのは気のせいかな?
細長い店内は相変わらず清潔感あり、店員さんもキビキビ動いてらっしゃいます。
先客はサラリーマン1人、待っている間に男子学生2人来店。



2017年4月 (9)

11分で竣工。
お久しぶりですm(_ _)m

ではでは。


2017年4月 (10)

魚粉がもたらす酸味&旨味は相変わらず。
ベースの豚骨も相変わらず臭みなし、お見事( ̄ー ̄)ニヤリ

辛味は今までより控えめに感じましたがブレかもしれません。
このあと何度かいただきましたが、しっかり辛かったこともありますので・・・


2017年4月 (8)

麺はウェーブのある角の無い中太麺で小麦の風味をしっかりと感じますな。


2017年4月 (12)

歯を押し返す弾力ある歯応えや佳し。
具はサイコロチャーシュー、メンマ2本、水菜?スプラウトかも。
んで麺の上にはキャベもや&人参。
キャベツは2枚、人参は彩り程度で専らもやし。
淡々と完食。

い や む し ろ こ こ か ら だ ! !


2017年4月 (11)

ライスの炊き上がりは悪くないね(^_-)-☆
辛さ控えめだったので期待したほどのマッチングではなかったものの、満足。
お酢と刻み玉ねぎを投入してスープ割りをいただいて完食&完飲。

変わらぬボリューム、あざーっすヽ(´▽`)/
でもこれで1000円か・・・
ランチセットならば850円で小ライス付きでいただけるんだよな・・・
やはり14時までに訪れたいなあ(^^;)

せめて15時までならば間に合うんだけれど・・・
オーナーさん、是非ご一考下さいませ(^_^;)




関連ランキング:つけ麺 | 田無駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ