《再訪》 えび丼は海老天とじ丼でした。

西東京市
05 /16 2017
河辺   つくも


この日はいつもより少し早いランチタイム。
超高速速歩きでとんや亭を目指しましたが、あゝ・・・

食べログ1 (505)

目の前で暖簾がしまわれた(T ^ T)
13:25くらいにL.O.の様です。
ここまでご縁が無いと、もう無理かな?・・・無念なり。

食べログ1 (506)

丸孫は待ちが出ているか・・・で、

食べログ1 (507)

久々にこちらへ。
13:30訪店。

入口近くのテーブル席に座ってメニューを眺めます。

食べログ1 (509)

長考の末、
「エビ丼(850円)」を「大盛り(100円)」でオーダー。

食べログ1 (508)

エビ丼・・・簡潔かつ曖昧なネーミング。
海老が使われているのは間違いないでしょうが、海老天が乗っているならば「海老天丼」と名乗るはず。
はてさて、どういう丼が出て来るのやら。

12分で竣工。
お、盛りが良さげだ( ̄ー ̄)
で、玉子とじと来たか!!
海老は小さいな・・・

ではでは。

食べログ1 (510)

うん、天とじ丼だ。
海老は小さいんじゃなくて、
恐らく大振りだったと思われる海老天を1尾ぶつ切りにしたものを玉子でとじたタイプ。
関東風の割り下は甘塩っぱいお味。
具は他に玉ねぎと三つ葉。
ご飯の炊き上がりは柔くなく良好。

お新香は高菜と沢庵。
小皿には固めの里芋とこんにゃく1切れ。
相変わらず酒が欲しくなる美味しさだ。

味噌汁は大根とワカメ入り。
大根の旨味が出ていて美味しいヽ(´▽`)/
完食。

もーちょい海老が欲しかったけれど、大盛りだからバランスが悪くなってしまったのでしょう。
これは仕方ないか(^_^;)
その分大盛りのボリュームは意外にもありましたね。
セットよりも単品大盛りの方が楽しめるかもしれません。
スポンサーサイト

こりゃ評価もうなぎ登る訳だ。

西東京市
05 /07 2017
田無   麺屋 瑞風


河井が田無を空けていた一年の間に、田無のラーメン勢力図が大きく変わっていました。
その中心にいるのが、こちら。
オープンして1年くらいですが、田無駅周辺ラーメンランキング1位、☆3.66(2017.4月現在)という評価。
日替わり定食の如く変わる河井が置かれる環境、田無の街も今夜を限り・・・
って可能性も出てきた・・・
悔いを残さぬよう、仕事帰りに狙ってみたのです。
地図を見ると・・・たなかやの、先!?
ああ、確か横丁みたいになってたな。

20174 (241)

おお、夜はこういう貌を見せるんだ、ここ( ̄ー ̄)
居酒屋が建ち並ぶ小径を過ぎると、

20174 (242)

どん突きにこちらの灯りが明々と。
20:15訪店。

券売機の前にずずいっと。
左上の法則(券売機の左上にあるメニューがそのお店の一押しである事が多い、という「あるある」)を発動すると、
ふむ、鶏白湯ラーメンか。
「特製鶏白湯ラーメン(900円)」の食券を購入し、
唯一空いていた中程のカウンター席に座り食券をカウンター上に置いて、
店内を見渡します。


20174 (246)

明るい照明に照らされた店内は当然ながら真新しい。
横に長い店内を真一文字に横断するカウンターは6席。河井が座って満席になりました。
その向こうが厨房になっていて、店主がものすごいスピードで作業をこなしています。
いやぁ、すごい・・・
それがもたらす軽い緊張感、むしろ心地良し。
ワクワクしながら待ちます。

20174 (245)

卓上の調味料をチェックします、ってえと、タバスコ∑(゚Д゚)???

20174 (243)

しかも頼めばハバネロやデスソースも出してくれるみたい。
なにこのジャンク臭(^_^;)
内観からはそんな素ぶり、ちっとも感じないのに・・・ジャンクな一杯なのだろうか?


20174 (247)

7分で竣工。
ふむ、ジャンクではなさそうだ。
品良く盛り付けられております。
濃厚なのが苦手な方のために割りスープまで用意してあるのですが、確かに濃厚そうですな・・・
餡かけみたいになっていますよ(^_^;)

ではでは。

20174 (248)

んだば、スープから行こうか・・・・・っっはあああああヽ(´▽`)/

うんめぇヽ(´▽`)/
バカみたいにうんめぇヽ(´▽`)/

とろんとした鶏白湯はザラつき無し。
底の醤油タレと混ぜていくとコクが深まりさらなる深みへ河井を誘いますヽ(´▽`)/
麺はストレートで角の無いシコパツ、河井の好みど真ん中である(`・ω・´)
この濃厚なスープをしっかり受け止めてくれますねぇ!
2口啜ったところで早速後悔し始めます。
なんで大盛りにしなかったのかと(T ^ T)

具はサイコロチャーシュー、バラチャーシュー、姫竹?、刻み玉ねぎ、刻み葱、味玉。
サイコロチャーシューは炙ってありジューシー。
噛むと外パリで中からジュワッと旨味が飛び出すねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

20174 (249)

姫竹?は硬いような柔らかいような悩ましい食感で歯が喜んでおります( ̄ー ̄)
バラチャーシューは3、4mmくらいの厚みがあって食べ応え至極。
肉を噛むという行為を愉しませてくれる弾力、あゝ、もーたまらんヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
刻み玉ねぎは辛味無く甘味をもたらしてくれますが、スープのとろんとろん具合によって局地的な影響力、全体に広がりません。
まるで丼の中に幾つかのゾーンがあってそれぞれに楽しめる、みたいな、
テーマパークみたいな丼だ。

ああ、もう半分食べちゃった(T ^ T)
ここでタバスコを投入、5回振りました。


20174 (250)

・・・あれだな、
タバスコってさ、このスープに合わせる為に開発されたんだったよな(違
タバスコの角がスープのとろォンに絡めとられてまろまろまろーんヽ(´▽`)/
驚きの余りカール・マローンが郵便物を誤配しちゃいそうなくらいのまろーんっぷり。

味玉は見事な半熟具合。
いやあ、お見事。手抜き無いねぇ(^_^;)
ニヤニヤしながらタバスコをもう一度投入して、

20174 (244)

スープ割りも使ってみるか( ̄ー ̄)
すると鰹出汁かな?膨らむ旨味と酸味。
ああああこれも正解だ!!
テンションを下げる術を持たぬまま、
完食完飲。


4点台は滅多に出さないのですが、久々の大ヒット。
立川駅周辺の高評価なラーメン屋を一通り食べ歩いたりと、このところラーメンづいていたのですが、
なんかそういうの全部ぶっこ抜いたね、この一杯はヽ(´▽`)/
この次に訪れた時は、きっと行列が出来ているんだろうなぁ・・・

来月はどこ勤務になるのか分からないくらい五里霧中な河井ですが、
願わくばこの一杯にまた夢中になりたいな。




関連ランキング:ラーメン | 田無駅西武柳沢駅


田無、on my mind。

西東京市
07 /09 2016
田無  フジカフェ


唐突に湧いて出た異動話がみるみるうちに現実に(2016.4月のレビューです)。
田無を訪れるのも今日が最後かもしれない・・・
と、行きそびれたくないお店をピックアップしてやって来ましたランチタイム。

満を持して、[a:13010419,麺屋 宝]へ向かいます(゚Д゚)ノ
15:10訪店。
頼もう!!
ってくらいの気合いでもってカラカラカラッと戸を開け切る前に、
「すいませーん!完売してしまって・・・」
「またお越しくださーい」
嗚呼っ!!無念なりいいいぃぃぃっっ( TДT)

・・・で、こちらへ。

「田無 純喫茶」で検索すると先ず出て来るお店。
食事利用するには胃袋殿にはちとボリュームが足りなかろうと、今まで後回しにしていたのです。
この日は夜に恵比寿ブタメンを予定していたので、昼は軽くていいや(^ー^)ノ
15:15訪店。

うわ、こっちも混んでるわ(^^;)
何とか奥の2人掛けテーブル席を確保して、メニューを眺めます。

IMG_4909.jpg

こちらのモーニングは終日販売していて、AとBの2種類。
AとBの違いはトースト(A)かサンドイッチ(B)か。
河井は「[b:Bモーニング](630円)」をチョイス。
サンドイッチはツナ、ポテト、ハムチーズエッグ、チキンカレー、ハンバーグの5種類から択べ、
河井はハムチーズエッグを、
サラダかスープを択べるとの事でサラダを、
ドリンクはアイスコーヒーでお願いして、店内を見渡します。

IMG_4910.jpg

店内に漂うは昭和な香り、コーヒーの薫り、タバコの匂い。
分煙ですが、あまり意味は無いと思います。
なので、タバコが苦手な方にはオススメしません(ー ー;)

奥にはジャズマンたちの肖像画が見えますね・・・キャノンボール・アダレイは一目で分かるな(^_^;)
BGMは喧騒に混じってチャック・ベリーのシャウトとエレクトリックギター。
つか、JAZZじゃないんだ・・・まぁ、アメリカンな内観にはむしろ合ってますな。
エアコンはよく効いていて、いと涼し。

IMG_4911.jpg

しっかし、この喫茶店は「生きて」ますねぇ、繁盛してます。
右隣のオヤジは競馬新聞に心奪われ、
左隣の若いカップルは漫画を読んだりレポートを書いたり。
観葉植物の向こうからはマッダーム達の高笑い。
その間隙を縫ってレイ・チャールズの「我が心のジョージア(古いバージョンです)」が河井の耳に届いたところで、

IMG_4912.jpg

7分で竣工。
うむ、トレイに美しくぎゅうぎゅう詰め、麗し。
with茹で卵。

ではでは。

IMG_4914.jpg

先ずはサラダからいきませうか。
キャベツとコーンがメインで、上には赤いフレンチドレッシングが掛かっておりますな。
赤いフレンチ、ってのが店の雰囲気に合うね(^ー゚)ノ
昔の喫茶店とか洋食屋のサラダ、っつったら大概は赤いフレンチドレッシングだったもんな(地域差はあるかも)
石原裕次郎が「赤いフレンチを〜」って歌いそうだ(テンション高いな河井
もしくは松田聖子が「赤い〜スイ(落ち着け河井
んでもってパイナップルが乗っているのはとっても嬉しい(^_-)-☆

IMG_4913.jpg

さて、サンドだ。
フィリングは細かくふっくら。
チーズはささやかに効き、
ハムもまたささやかな厚み。
外側がガッチリとプレスされているのではみ出し無縁な安心感ヽ(´▽`)/

茹で卵はハードボイルド一歩手前、って塩梅で良し。
ま、玉子がダブっちまったけれども(*゚ー゚)>テヘヘッ

IMG_4915.jpg

コーヒーはアメリカン。
軽い苦味の余韻。
まあ、お代わり自由だからもう一杯いただいておこう(゚- ゚ )

IMG_4919.jpg

あ、そうそう。お代わり自由でした( ̄ー ̄)ニヤリ

接客は程よい近さで機敏。巧みに客をさばいていきます。

ああ、もっと早くに訪れておけば良かったな・・・
まぁ分煙がちょっとアレなのはアレですが(^^;)

IMG_4916.jpg

IMG_4917.jpg

サイフォンを模したロゴのデザインも秀逸。
このまま地元住民に愛され続け、永く生き残って欲しいお店ですな。




関連ランキング:カフェ | 田無駅


場合によっちゃあお得だと思うよ。

西東京市
07 /08 2016
田無  心亭


こちらの存在は前から知っていましたが、ちょっとお高めなのとちょっと小さめに見えた事もあり、
店の前を通る機会はあれど足が向きませんでした。
この日は朝から食べ過ぎてお腹が空いていなかったので「これはチャンスだ(?)」と思いまして、こちらへ。
15:30来店。

「[b:おかか](175円)」を・・・あ、税別か( ゚д゚)
お会計は189円也。

IMG_4892.jpg

むむむ、
改めて手に取ると、小っっっっっさ!!!(´・ω・‘) ショボーン
お、や、つ、かよΣ(°д°lll)ガーン

ではでは。

んが・・・・・あ、


[b:・・・これ、美味しいわ( ゚д゚)]

去年、妹に出産祝いを贈ったのですが、
そのお返しに子供の体重分の魚沼産コシヒカリが送られて来まして。

これがね、美味い。
魚沼ってだけでこんなに違うものなのか!?ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
と驚くくらいに美味しかったのですよ。
こちらのおにぎりにも、それに近い何か(口内での解け具合とか)を感じました。
具も贅沢な入り。
海苔も風味、げにあり。
瞬殺。

小さいけれど、密度からしてコンビニの普通のおにぎりくらいのボリュームはあるかも。
つか、セブンイレブンの[b:「新しくなりました」]の度にダウンサイジングされていくおにぎりくらいはあるんじゃないかな。


・・・で、また別の機会にいただいたのですが、
具もちゃんと美味しいんだよな。

まあ、腹の足しにはなるかな、くらいのボリュームだから河井の普段使いにはなかなか使えませんが、
美味しいおにぎりが食べたいな、って時にはこちら、重宝するかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリ




関連ランキング:おにぎり | 田無駅


キューブに未練は残したが。

西東京市
06 /13 2016
田無   ガッタン・ゴットン


どうやら田無を離れる事になりそう。
ならば行っておかねばならない店に、行っておかねばならない(´・Д・)」
で、こちらへ向かいました。
ふむ・・・
ここ辺りの走行音ならば駅からちょっと離れているから、ガッタンゴットンじゃなくてガタンゴトンじゃないかっておm(ry
14:55訪店。

IMG_4887.jpg

人が3人も入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さなスペースに、パンが1〜3個単位で並んでおります。
むう、狙っていたキューブは無いか(T . T)

河井のチョイスは、
「[b:赤ワインで仕込んだ天然酵母パン](300円)」
「[b:めんたいじゃがチーズ](180円)」
「[b:ブロッコリーツナパン](180円)」。
接客は、河井が緊張しなかったので、良かったのだと思います。
さて、戻っていただくとしませう。

ではでは。

IMG_4888.jpg

先陣を務めるのはめんたいじゃがチーズ。
チーズパリパリで、香ばしさあり。
明太子の効きは想像したより軽く、ジャガの甘味とチーズの旨味がメインを張ります。
瞬殺。

IMG_4889.jpg

続いては赤ワインで仕込んだ天然酵母パン
手に取った瞬間ずしりと来る重み、げに心地良し( ̄ー ̄)ニヤリ
お、赤ワインがぎゅっと詰まってる感じ。
その酸味とパンの香ばしさ、レーズンとくるみの風味が渾然一体。
レーズンとクルミは結構入っていますな。
これ1個でかなりお腹は満たされるでしょうね。
だから300円、全然高くない、むしろ安い。
つか飽きる(゚- ゚ )

IMG_4890.jpg

ラストを飾るはブロッコリーツナパン
ツナがたっぷり入っていますが味は濃くなくアッサリした感じ。

IMG_4891.jpg

ふかふかなパンがツナに合うね。
ブロッコリーは印象薄し。
完食。

総じて満足度は高め。
特に赤ワインで仕込んだ奴がインパクトありましたが、
多分、一気食いするタイプではないかもしれません(^_^;)

キューブに未練は残しましたが、行けて良かった♪( ´▽`)
今回はこの評価ですが、いつか再訪した時にまた評価は変わりそうな予感がしますね。




関連ランキング:パン | 田無駅


ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆

あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ