外観、おにぎり、おばあちゃん、三味一体。

さいたま市大宮区
09 /21 2017
大宮   つくば本店 駅前店



樅の木を後にした河井、大宮駅へと向か、


2017大宮 (133)

・・・う道すがら、こちらへ立ち寄りました。

確か、塩分がお好きなマイレビュアーさんがおにぎりを推してしたっけ・・・
と、思い出しまして(^_−)−☆
いやはや、素晴らしく昭和な外観、麗し。
16:20訪店。


2017大宮 (134)

おにぎりの入っているショーケースには売り切れが目立ちますな・・・と、


のぶなが!??
どういうおにぎりやねん((((;゚Д゚)))))))
・・・と一瞬思いましたが、
のざわな、でした(^_^;)
どうやらかなり疲れていた様ですな(^_^;)

さて、野沢菜か、ちりめんか・・・うむ、
塩分を摂ろう(`・ω・´)
塩気の多そうな「のざわな(125円)」をコール。

おばあちゃんの柔らかな応対にほっこり、いただきました。


2017大宮 (135)

出発待ちの電車内でいただきます。

ではでは。


2017大宮 (136)


2017大宮 (137)

ご飯はやや硬めの軽くしっとりしたタイプで炊き上がりは宜し。
野沢菜は塩気こそ期待したほどでは無かったのですが、ちゃんと風味あり。
ああ、なぁんか、ほっこりするわぁヽ(´▽`)/
おにぎりは小振りに見えましたが、厚みがありましたね。
4口で完食。

ボリュームはそれほどでもなかったですが、このお味でこの価格ならば満足。
お店の雰囲氣も良かったし、おばあちゃんの接客も柔らかく、それぞれに味がありました。
こういうお店が駅前にあると、なんだかホッとしますな。
願わくば、いつまでも、いついつまでも。
そんな事を思いながら、閉じようとする瞼に抗いつつ、
呆気なく負けた河井なのでした。


おしまい。




関連ランキング:おにぎり | 大宮駅



スポンサーサイト

イイ宮の「隠れ家」。

さいたま市大宮区
09 /21 2017
大宮    樅の木


何とかオムにありつけた河井、安堵しつつ大宮駅東口の狭い小径を歩きます。
ごちゃついた、いい雰囲氣のアーケード街には日高屋・・・
・・・磯丸、
・・・金の蔵、ってなんでやねーーん!!
雰囲気もへったくれもないやないかーい(゚Д゚)ゴルァ
しかし、ここだけはガチだった!!
むふふ、いい感じに草臥れた外観、期待が高まります( ̄ー ̄)
15:15訪店・・・と、店主、
「すいませーん、これからなんですよ」

え?これから!??なの、か・・・無念なり(T ^ T)
次回訪れた際の宿題だな、ロッカ。


2017大宮 (123)

むう、オムといい振られてばかりだな・・・で、第2候補のこちらへ。

タカシマヤの東、ファミマの隣の栗橋ビルの通路を進むと、

2017大宮 (126)


2017大宮 (127)

隠れる様に在りました。
15:20訪店。

渋みのあるマスターに「どこでもどうぞ」と仰っていただき、
ありがたく入口近くのテーブル席に座ってメニューをチラリ。
「アイスコーヒー(400円)」をオーダーして店内を見渡します。


2017大宮 (128)


2017大宮 (131)

年季の入った純喫茶然とした店内は雰囲氣あり。
机も床も綺麗に拭かれていて、よく手入れされている印象を受けます。

客はおばちゃんの大グループがかしましい(^_^;)

3分で竣工。
銅製のマグカップにて供せられました。

ではでは。


2017大宮 (132)

キンキンに冷えたコーヒーは苦味スッキリ、余韻もスッキリ、軽く甘味を感じますね。
飲みやすいけれど、グイっと飲み干すタイプでもない。
じっくり、いただきます。
エアコンとアイスコーヒーによって、暑さで茹だった河井の身体がゆるゆると冷まされていきます。

と共に、猛烈に疲れが(^_^;)
蒸し暑さを喘ぎつつ氷川神社の参道を一ノ鳥居から歩いて、
博物館を巡って、
オム処に振られ振られて・・・歩き回ったなあ、
眠気と戦いつつ食べログの下書きを仕上げたりして暫しの間休ませていただきました。

接客は柔らかく、心地良し。
フラッと入って束の間安らぐ、そんな使い方がよく似合うオトナの隠れ家、
ってのが総評。

因みに全面喫煙可。タバコの煙が苦手な方にはオススメしにくい事、ご了承くださいませ。


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 大宮駅



【オムの細道:327】 人情味溢れる伯爵のオム。

さいたま市大宮区
09 /20 2017
大宮    伯爵邸


氷川神社、埼玉県立歴史と民俗の博物館と巡り、
人生初の東武野田線に乗って大宮駅へ。

さて、
では、オムりますよ(^_−)−☆
大宮駅の東口に老舗の洋食屋がありましてね・・・

って、あら!
中休みですか(゚- ゚ )

16時までランチタイムだとの情報でしたが臨時なのか、変わったのか・・・
うーむ、仕方無い・・・第二候補のお店へ向かいますよ(^_−)−☆
昭和の風情遺る小径の先にモダンな洋食屋さんがありましてね・・・

って、あら!!
シャッター下りてますか(゚- ゚ )

・・・仕方無い・・・まだ残しておきたかったが、安全策を取るしかないか。
店名からして恐らく池袋の伯爵の系列なのかな?
元は珈琲館だったらしいですが独立して、24時間営業している純喫茶がありましてね・・・

って、ほら!!!
やってたヽ(´▽`)/
14:35訪店。

店内中ほどの4人掛けテーブル席へ通され、メニューを・・・と、店主が出て来て
「お食事ですか?」
「はい」
「じゃあ時間は過ぎたけれどランチメニューでいいですよ」
とランチメニューを持って来て下さいました!
ランチタイム、14:30までだったので諦めていましたが、
有り難や、有り難や(T ^ T)
で、ランチメニューを開いて2秒、
懐かしのオムライス(850円)」をオーダーして店内を見渡します。


2017大宮 (117)

池袋の伯爵はゴージャス感溢れる内観でしたが、こちらはそうでもないですな。
年季の入った店内は薄暗く、どこか雑然とした雰囲氣、


2017大宮 (112)

でも手の行き届いた感じでテーブルはスベスベに拭かれてあります。
んで、居心地の良さはこちらの方が上ですな。
客はほぼ満席の入りで客層は母子連れ、若いカップル、おばちゃん、リーマン、夫婦とてんでバラバラ。
そこに人気の高さが伺えます。
BGMは喧騒。

隣の席では若い女子2人が「喫茶店オムライス、食べたかったの〜!!」とはしゃいでおります。
なんだか嬉しいなあヽ(´▽`)/
「河井も喫茶店のオム、食べたかったの〜!ヽ(´▽`)/」
とか思いながらニヤニヤしているところに、


2017大宮 (113)

4分で竣工、速いね。
んでもって、なかなかに雄大なオムであります。
薄焼き玉子の巻きオムですな。その中央をケチャが幅広く縦断。
withサラダとスープ。


2017大宮 (115)

2017大宮 (114)

スープが既にこぼれているのはご愛嬌(^_^;)

ではでは。


2017大宮 (116)


2017大宮 (118)

ライスは汁気少なめでややパサ付く感じのケチャップライス。寝かせてあるのかな?
でも温くはなくしっかり熱々。
ケチャップの効きはそれほど強くなく、上に掛かるケチャップに存在意義をもたらす味付け。
玉子はぷるんとした弾力のある火の通りでそこそこ厚みあり、
しっかり底まで巻いてあります。

具はハム、マッシュルーム、玉ねぎ、ピーマン。
つまりハムライスですな。
ハムの旨味と塩気が、薄味のケチャップライスの中で存在感あり。
そしてその食感がいいアクセントになっていますね。
ボリュームはそこそこありますよ(^_-)-☆
淡々と完食。

昔ながらのオムライス、という名称に違わぬクラシカルなオムでしたね。
ライスの具合は河井の好みから少し外れていましたけれども。
味はそこそこながら、このボリュームでサラダとスープがついてこの価格ならば、まあ満足は出来ました。
接客は国際色豊かな店員さん達がソツのない応対。
と、端の席で泣き出した赤ん坊を店主が抱き抱えてあやし始めました。

ああ、こういうお店は、強いわぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
好きこそ物の上手なれ、と言いますが、店主は人と交わるのがお好きな方なのでしょうな。
河井が感じた居心地の良さはきっと、そこから発現していたのでしょう。
人情味溢れる眠らない純喫茶、いつまでも、いつまでも。


つづく。




関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 大宮駅



入館料無しでも利用できますよ。

さいたま市大宮区
09 /17 2017
大宮公園    カフェパティオ


氷川神社を巡ったあと、埼玉県立歴史と民俗の博物館へ。


2017大宮 (82)

「レキシかよガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!」
とか思いつつ、

2017大宮 (80)


2017大宮 (84)


2017大宮 (83)

国宝、稲荷山古墳の鉄剣(複製)やほぼ原型をとどめた馬形埴輪を中心に見て回りました。
特に、特に、ね・・・

可愛いのですよ・・・


2017大宮 (85)

こいつが( ̄ー ̄)ニヤリ


その他にも文化財級の展示物がいくつもあり、なかなかに見応えがありましたね。


2017大宮 (81)

(なお、撮影可能な場所とそうでない場所がありますのでご注意くださいませ)


特に、板碑は圧巻!
そそり立つ巨大な板碑の数々を、ぽかあんと口を開けて見上げつつ見て回りました。
あとは土器の奥行きある陳列も良かった。土器フェチなら狂喜乱舞する事間違いないでしょう( ̄ー ̄)

じっくりと巡ったあと、館内にあるこちらへ。


2017大宮 (86)

あ、因みにこちらのお店、入館料(一般300円)を払わずとも入れますよ(^_−)−☆
13:25訪店。

カレーやチャーハンといった軽食もありますな。
しかし、まだお腹は減らない(うどんと団子4本食べていたので
「アイス抹茶オレ(380円)」をオーダーして店内を見渡します。


2017大宮 (87)

入館した頃にはほぼ満席でしたが、この時間になると客はまばらでした。
河井が最年少ですな、そんな客層です。
売店手前には土産品やグッズ、パンフレットなどが販売されています。
古墳柄のハンカチに激しく心揺さぶられているところに、

2分で竣工。
「甘くなっておりますのでそのままでお召し上がりください」
「うむ、承知いたした」
というやり取りを経て、着席。

ではでは。


2017大宮 (88)

おお、確かに甘~いね!
ちょいぬるいな・・・
冷えるまでしばし掻き回して・・・
あー、落ち着いたぁヽ(´▽`)/


2017大宮 (89)

この後、


2017大宮 (94)

そそる廃墟に後ろ髪をひかれつつ大宮公園駅まで向かい、


2017大宮 (99)

人生初の東武野田線を束の間ですが堪能ヽ(´▽`)/
この沿線も攻めたいんだけれど、河井には遠いんだよなあ(^_^;)
なんて思っているうちに電車は大宮駅のホームへ。


さて、オムタイムだ( ̄ー ̄)


つづく。




関連ランキング:レストラン(その他) | 大宮公園駅北大宮駅


氷川神社の門前団子屋、②。

さいたま市大宮区
09 /17 2017
北大宮   氷川だんご屋



この日は武蔵国三宮、または一宮とも言われる氷川神社を目指しました。
一ノ鳥居に面したたかのチェーンで団子をいただき、
参道を歩いて駕籠休みで一休み。
二ノ鳥居を過ぎた辺りにこちらのお店が見えて来ました。
本当は・・・こちらをこの日の一軒目と考えていたのですが・・・
なんだかんだで3軒目であります(*゚ー゚)>テヘヘッ
11:35訪店。

先客が2人。その後ろに立って待ちます。
隣には喫茶スペースもありますね・・・


2017大宮 (46)

かき氷もいいな・・・とか考えていたら河井のターン。
団子は2本から購入可能との事。まぁ河井の思惑とは一致しています(^_-)-☆
「2本セット(200円)」をコール。
団子は2種類でしょうゆと海苔。それを各1本ずつお願いしました。

すぐに焼き上がり竣工。
見込み焼き、だったのかな?
竹皮を模した包みで巻かれて手渡しされました。

ほっほう、熱々だな・・・手がちょいと熱い(^_^;)
ささ、さっさといただこう。

ではでは。


2017大宮 (47)

先に顔を出した海苔からいきませうか。
おお、海苔の風味、来るねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
団子は柔らかく伸びがありますね。
手作りかな、形が不揃いなところがまたいいね(^_−)−☆


2017大宮 (48)

しょうゆは塩っぱ美味い辛口な味付け、河井好みであります。
焦げの香ばしさも感じられて、いやはや美味しいねヽ(´▽`)/
ニヤニヤしつつ瞬殺。

河井はどちらかというと伸びない焼き団子が好みなので、こちらの団子は好みとは外れるのですが、
それでも美味しくいただけましたね。
一本100円という価格はちょいお高めに感じますが、まあ観光地としては妥当。
つーか、美味しかったので満足です(^_−)−☆

団子、うどん、団子・・・
粉しか食べていないな(゚- ゚ )

とか考えつつ、氷川神社へ。

(容量オーバーで写真が全く載らないとは( -_-)・・・)

こちら、東京、埼玉を中心に200社以上ある氷川神社の総本社であります。
1100年前に編まれた『延喜式』にも載っている(延喜式内社)、由緒ある神社。
先述通り武蔵国の三宮とされていますが、(中世大いに栄えた事もあって)一宮となったとする説もあります。
因みに「大宮区」の「大宮」とは、この神社の事であります。
いやー、流石に大きいですなあ!!摂末社も多いね(^_−)−☆
参拝を済ませ、お茶のサービスをいただき暫し休憩。
そのあと社の裏へと回り、神池をぐるりと回って埼玉県立歴史と民俗の博物館へ向かいます。


つづく。





関連ランキング:甘味処 | 北大宮駅大宮駅



駕籠休みで一休み。

さいたま市大宮区
09 /17 2017
さいたま新都心   駕籠休み


氷川神社を目指した河井、一ノ鳥居から攻めて北上、
延々と参道が続きます。
先は・・・・・見えないね(^_^;)
ま、何せ2kmくらいあるからな・・・
その代わりに「うどん」の看板が見えました(^_^;)
立ち寄ってみると・・・お、やってるね!
飲食店って大体11時以降に開店するものだけれど、こちらは早いのか。
ならば、入っておこうか( ̄ー ̄)
10:45訪店。

中程の対面カウンター席に座り、メニューを


2017大宮 (22)

2017大宮 (23)

2017大宮 (24)

眺めますが、


2017大宮 (25)

それより気になる壁メニュー、力強い筆致で書かれているのは限定丼物メニューの数々。
価格からして恐らくミニ丼でしょうが、ダメだ!
今日はまだまだ先がある・・・そして胃袋には限界がある・・・
ここで満腹になるのは避けねばならぬ。
苦渋の決断!あゝ、圧倒的苦渋!!

で、河井のオーダーは最も無難っぽい「肉汁うどん並(680円)」。
これは無難だ・・・圧倒的無難っ!!!

と、おばちゃん、
「つけ麺で宜しいですか?」
「え、あ、ああ、はい、それで。」
「かけ」もあるのかな?

あと入口にズラリと置かれていた天ぷらから
「こしあぶら(100円)」をオーダーして店内を見渡します。


2017大宮 (27)

ウッディな店内は清潔感あり。
先客はまばらでしたが、待っている間にどんどん混んでいきます。


2017大宮 (26)

ここで食べログを検索してみると・・・あ、ここ、人気店なんだ∑(゚Д゚)!!
うむ、ラッキーだったみたいですな、河井(^_^;)


2017大宮 (28)

6分で竣工。
この太さでこのスピード、見込み茹でかな?
武蔵野うどんで御座い、ってな極太麺の登場です( ̄ー ̄)
今日は長野産の粉を使っているとの説明を受けました。なかなかにこだわりがある様な印象。

ではでは。


2017大宮 (29)

うどんはあつもりでした。
長〜い手打ち&手切りっぽいうどんで茹では柔らかめだな。
ワシワシ、とはいかずプルンとした食感でコシ、延びは弱め。


2017大宮 (30)

肉汁は澄んだ見た目で塩気と旨味がメインを張る、甘味控えめなタイプ。
味が強すぎないので具の豚肉や長ネギの味を味わえるくらいの余地があります。
添えられた刻み葱も風味良し。

しかし、どんどん客が入って来ますね、ほぼ満席になりました(^_^;)

半分ほど食べ進めたところで、こしあぶらをいただきます。


2017大宮 (31)

あー、懐かしいヽ(´▽`)/
5年くらい前、長野は伊那の桜やでいただいて以来かな?
衣は軽い食感で油切りも為されていますね。
よどみなく完食。

うどんはちょい好みと外れていました(もーちょい硬めの茹で上がりが良かったかな)が、それ以外は良かったですね。

おっと、河井の向かいに座った70代くらいのおっちゃんが大盛りをオーダーしてらっしゃいますぜ・・・
ああいう70代になりたいもんだ。
因みに河井がいただいた並は400gらしいですな。結構腹に溜まりました(^_^;)


2017大宮 (33)

接客はちょいバタついていたものの気を害する様な事は無かったです。
店主のおっちゃんが壁メニューの筆致そのままのバイタリティ溢れるキャラだったのが印象的。
なんだか元気をいただきましたね(^_−)−☆


2017大宮 (34)


2017大宮 (35)


さて、歩くか。



つづく。




関連ランキング:うどん | さいたま新都心駅大宮駅


氷川神社の門前団子屋、①。

さいたま市大宮区
09 /12 2017
さいたま新都心   たかのチェーン


この日は武蔵国三宮、または一宮とも言われる氷川神社を目指して大宮。
先ずは一ノ鳥居から攻めようヽ(´▽`)/
大宮駅を降りてしばらく北上すると、見えて来た( ̄ー ̄)


2017大宮 (4)

の前にこちらが目に入ったので吸い込まれた河井です(*゚ー゚)>テヘヘッ
10:35訪店。

ショーケースを眺める、ってえと安いねぇ!!
流石はタカノチェーン、この安さは正義だぁね(^_−)−☆


2017大宮 (6)

「焼きだんご(60円)」
「ごまあんだんご(80円)」を各1本ずつ購入。
店の脇のベンチに腰掛けていただくとします。

ではでは。


2017大宮 (7)

先ずは焼きだんごからいただきませうかね。

2017大宮 (8)

串には大きめの団子が4つ。
食感は柔らかいですが弾力辛うじてあり、
焦げた醤油の香ばしさが嬉しい一品でした。


2017大宮 (9)

続くごまあんだんごはずっしりと重いねぇ!
餡子たっぷり、黒胡麻びっしり、死角無しと来たもんだヽ(´▽`)/
餡子は甘過ぎず程良し。
瞬殺。

接客はお姉さんの明るい応対ありがたや。
朝から気待ちよい接客に出会えると、その後の一日に気分良く向き合えますな。

さて、歩くかあ!!!(゚Д゚)ノ ァィ


つづく。




関連ランキング:和菓子 | さいたま新都心駅北与野駅


悲しまないジョティ。

西東京市
09 /11 2017
田無    ジョティ



20175月 (273)

こちらの存在は知っていましたが、なかなか時間が合いませんでした。
この日はいつもより少し早くランチ休憩に入れまして、こちらへ。
14:25訪店。

お兄さんがにこやかに「いらっしゃいませ」。
しっかし、向こうの方って、ホント、いい笑顔するよねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

奥のテーブル席に通されて座り、メニューを眺めます。

20175月 (274)

ライスとナンのお代わりは1回無料ですな。
「Bセット(800円)」をオーダー。
カレーはチキン、キーマ、ほうれん草、ダル、ベジタブルからチョイス出来まして、
河井は「キーマカレー」を。
辛さは5段階から択べ、「4(辛口)」を、
セットのドリンクは「マンゴーラッシー」をチョイス。
因みにドリンク無しのAセットならば700円です。


20175月 (275)

20175月 (276)

直ぐに竣工したサラダにはキャベ千と共に人参や水菜?、コーンも入っていますね。

20175月 (277)

マンゴーラッシーは少なめ。

これを瞬殺して、店内を見渡します。

小さな居酒屋を改装しなのかな、かなり狭いですね。
1階は入口から右手に手狭な厨房があり、奥に2人掛け、4人掛けテーブルが各1卓、
その向かいには小さなカウンターが設けられていますが使われていない様で、店員さんたちの荷物置き場になっています(^_^;)
後から入ってきたおっちゃんが2階へ案内されていますから、2階にも客席があるみたい。
まあそーじゃないと採算取れんわな。

BGMは向こうのポップス。
しかし河井の脳内には山下達郎の「悲しみのジョディー」が掛かっていました。






20175月 (278)

6分で竣工。
鮮やかな黄色のターメリックライスの標高は低め。
対してチキンキーマはなかなかのボリューム。

ではでは。


20175月 (280)

キーマは甘さ控えめでコク旨味がメインを張ります。
スカッと辛さが口内を通り抜けますが停滞せず、ほどほどの効き。
鶏肉はしっかりと入っていて好感。
どことなく、河井が好きなレトルトの「鳥肌が立つカレー」を思い出させるお味、悪くないね( ̄ー ̄)ニヤリ


20175月 (279)

んでもってライスの進捗はそれほどでもなし(何でだろ!?


20175月 (281)

お代わりライスはデフォの2/3くらいのボリューム、想定内。
カレーをちょうど使い切って、完食。

んー、CP良くガッツリ行きたいならRAJの方がオススメかな?
でも味はそこそこ良かったです。もう一つ深みがあれば、とは思いましたが。

接客はゆる~いものでしたが嫌味は無し、多分ナチュラルなのだと思います(^_^;)
とはいえ、新店舗ゆえにサービスの評価は控え、
またやや甘い評価となっております事、ご了承くださいませ。




関連ランキング:インド料理 | 田無駅


【オムの細道:326】 「あんちゃん」手作りの可愛らしいオム。

小平市
09 /03 2017
青梅街道    あんちゃん


20175月 (414)

ここは長らく宿題店となっておりました。
だって、入りにくい(^_^;)
この日は勇気を出してカラカラと戸を・・・


20175月 (416)

っと、自動ドアだった∑(゚Д゚)
20:50訪店。

江口洋介、もとい、あんちゃんが「いらっしゃい」。
奥のカウンター席に座りメニューを眺めます。


20175月 (417)

ラーメン、焼きそば、丼物、カレー、定食、
一通り揃っておりますな・・・あ、

オムライス(770円)」をオーダー。
参ったな・・・牛丼を食べる気に満々だったのですが、オムがあるならば話は別だ(^_−)−☆
河井の知らないオム処、まだあったか( ̄ー ̄)
あんちゃんがキビキビと調理を始める中、店内を見渡します。


20175月 (418)


20175月 (420)

年季を感じる店内はよく使い込まれた印象で清潔感あり。カウンターはスベスベに拭かれております。
左に厨房があり、それに面して8席ほどのカウンター、通路を挟んで右の壁沿いに2人掛けテーブルが3卓というレイアウト。
BGMはFM。


20175月 (419)

『ひとつ屋根の下』というドラマに出ていた福山雅治のモノマネを(脳内で)繰り返しているところに、


20175月 (421)

5分で竣工。
あら、可愛らしいの来た( ̄ー ̄)


20175月 (422)

丸いオムにはケチャップが丸く乗り、さながら黄色い目玉のオヤジ。
with中華スープ。

ではでは。

玉子は厚みありふわふわした食感が前面に出ますが、
内側はとろっとさせてあり実はふわとろだったりします。


20175月 (424)

具は鶏肉と玉ねぎとシンプルですが、量はそれなりに入っていますよ。
実はメニューにはチキンライスもあるのですが、オムと同額なんですよね。
こういう場合、大概は
オムライス・・・肉無しケチャップライスを玉子で巻いたタイプ
チキンライス・・・鶏肉入りケチャップライス玉子無し
となるのですが、こちらのオムは鶏肉入り。
って事は、チキンライスはもっと具が多い、とかなのかなあ?
ま、良い意味で期待を裏切ってくれました( ̄ー ̄)
鶏肉はモモ肉かな、皮付きで下味がついています。
ライスは熱々でよく炒められており色ムラ無し。
ケチャップ控えめなお味でややオイリー、
他に独特の旨味を感じますが、河井の馬鹿舌ではその由来まではわかりません(^_^;)


20175月 (423)

中華スープは醤油やや強めの味わい。
後半はややコッテリ感じつつ、
瞬殺。

ボリュームは見た目通りやや少なめかな。
なのでCPは高くありませんが、中華食堂のオムにしては可愛らしいオム、堪能させていただきました。

接客はいい感じにメリハリあり、愛想良し。
最後まで河井の貸し切りでしたが、居心地は良かったです。

また近いうちに牛丼をいただきに訪れてみましょうか( ̄ー ̄)


20175月 (415)





関連ランキング:中華料理 | 青梅街道駅新小平駅一橋学園駅



【オムの細道:325】 大泉学園駅前の純喫茶でオム。

練馬区
08 /31 2017
大泉学園    喫茶アン



20175月 (358)

前から気になっていたお店。
大泉学園駅前にありながら、妙に入り辛さを感じていました。


20175月 (359)

20175月 (360)

この日は勇気を出して、


20175月 (361)

20175月 (362)

20175月 (363)

18:05訪店。

うわあ・・・
ええねぇ、この緑の統一感( ̄ー ̄)ニヤリ


20175月 (365)

窓際のテーブル席を確保してメニューを見ようかと思ったところに、
店員さんがにこやかに近づいてきました。

「食事ってまだ大丈夫ですか」
「大丈夫ですよ、ランチも」
マジか(;'∀')

「あ、じゃあランチ(850円)」のオムライスをお願いします。」
というやり取りを経て、
セットのドリンクはアイスコーヒーで、食前にお願いして店内を見渡します。


20175月 (364)

イージーリスニング掛かる店内はやや大きめの箱の純喫茶然。
カウンター無くテーブル席のみ、椅子は緑で統一されていますな。


20175月 (373)

やがて竣工したアイスコーヒーは苦味適度。


20175月 (374)

サラダはミニサイズですが、ヤングコーンが乗っていたりでポイント高し。

ううむ・・・
こんなに居心地良いのに、河井の貸し切り・・・何故だ!Σ(°д°lll)ガーン
デッキが出来て人の流れが変わってしまったのだろうか・・・
勿体無いなあ、こんなに居心地良いのに┐(´д`)┌ マイッタネ


20175月 (379)

あ、因みに灰皿が置かれているので喫煙可。
分煙とかはなさそうかな。


20175月 (375)

8分でオム竣工。


20175月 (376)

今は亡き上北沢の「論」のオムを思い出させる、皿一面のオム。
標高は低め、かな?

ではでは。


20175月 (377)

ライスはケチャップライスでパラっとしたタイプ、味は薄味だな。
故にハムの塩気が活きていますよ。
具はハム、マッシュルーム、玉ねぎ、ピーマン。
ピーマンは彩り程度の存在感ですが、ハムはたっぷり使われていて嬉しいヽ(´▽`)/


20175月 (378)

玉子は薄焼き。
リバースされていて表面はトロっとしています。
スムーズに完食。

論ほどではないにせよボリュームはそこそこありましたね。

接客は。柔らか。
麗らかな春の日の陽だまりみたいなお店でした。
まぁ、これに尽きますな( ̄ー ̄)ニヤリ




関連ランキング:喫茶店 | 大泉学園駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ