レイトランチにも対応していただけるのはありがたい、新規店。

西東京市
10 /18 2017
田無   ファンタスティック酒場 ゴチャゴチャ


新店なので早めにUPします。
食べログにランチを始めたとの情報が載っていたので、狙ってみた次第。


20176 (72)

松屋と松乃家が並ぶその上階に大きなこちらの看板が出ていますねー・・・
北口の松屋の二階には系列店のセロリの花が入っていますが、
こちらは多分、松屋系列ではないと思います、何となく(^_^;)


20176 (73)

階段を上ると・・・おー、しっかりと作り込んでありますね!
14:50訪店。

ほお、若々しい感じの内観、ちょい怯む河井(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル
そんな河井をスカイブルーのカラコンをつけたお姉さんが優しくお出迎え。
2人掛けテーブル席へ通されてメニューを眺めます。


20176 (74)

20176 (75)

あら、カレー350円っすか!!(◎_◎;)
安いなあ、おい!!!(◎_◎;)
しかし初レビューにそれオーダーは何だか申し訳無い気持ちになりまして、
一押しっぽい「ローストビーフBOWL(650円)」をオーダー。
大盛り無料との事で当然「大盛り」で、
白米か十五穀米か択べるとの事で、なんとなく体に良さげとかなアレで「十五穀米」をチョイスして店内を見渡・・・せないかここからじゃ(*゚ー゚)>テヘヘッ


20176 (76)

真新しい店内は意外に奥行きありそうな感じ。そんなにゴチャゴチャしていませんよ(^_-)-☆
嬌声が遠くから聞こえてきますので、呑み利用の方もいらっしゃるのかも。
河井の頭上にはシャンデリア。

20176 (80)

Oh!ファンタスティック!!ヽ(´▽`)/


20176 (77)

BGMは今風の若い感じの、軽い感じの洋邦楽、ジャンルレスでやや大きめの音量。



20176 (78)

5分で竣工。
スープも付いて来ましたよ(^ー゚)ノ

ではでは。


20176 (81)

ローストビーフの上に掛かるは白髪ねぎと糸唐辛子、下には玉ねぎスライスが敷かれておりますな。
ソースの掛かりは少なめ、やや甘味が先行するお味。
ローストビーフ自体はオリジンのよりは厚みあり。
十五穀米は炊き上がり悪くはない。
ベチャっとした炊き上がりのお店・・・どことは言いませんがたまに立川のルミネ辺りで出会うけれど、そんなことよりは全然いい。
こちらのはちゃんとふっくら炊けています。
んで、ちゃんと大盛りだヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
しかしソースの掛かりが少ないのでライスの消費が滞る展開。難儀しつつ食べ進めます。
普通盛りならば丁度良い塩梅なのかも。


20176 (79)

スープはあっさりめのオニオンスープ。
完食。


味はまぁそれなりですが、この価格で大盛り無料、満足であります。
少なくともオリジンのアレよりはCPで上回っていると感じましたね。よく頑張っていると思います。
接客は若い感じでそつは無し。
河井的にはちょい入りづらさを感じましたが、入ってしまえばなんとでもなります(`・ω・´)キリッ
ちゃんとしたボリュームの飯を腹に収めたい、でも健康には気を使っている様な様なニュアンスでコスパを重視したい貴方、是非是非(^_-)-☆

なお、新店舗ゆえサービスの評価を控え、またやや甘めの採点となっている事、ご了承下さいませ。




関連ランキング:居酒屋 | 田無駅



スポンサーサイト

クオリティ高い「街中華」。

国分寺市
10 /17 2017
国分寺    秀永


あら・・・
醍醐系列のかつ上とだいごろう、いつの間にか富士そばと一竜になっとるがなガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
一竜は小手指でいただいた事があるんだけど、パン粉っぽいんだよな・・・
・・・っつーか、
すためし、がある、って事は・・・あそこの系列なのかな・・・
小手指のお店には無かったけれど、小手指のお店がオープンしてから国分寺のお店が出来るまでの間に、色々あったのでしょうなぁ・・・・・
ちなみに富士そばはダイタングループでした、ご参考までに。

河井はその先の通りへ・・・
ムタヒロ・・・・・は、並んでいるなぁ┐(´д`)┌ マイッタネ


20175月 (387)

で、少し戻ってこちらへ。
19:00訪店。

カウンターの中ほどの席へ座り、メニューを。
実は前もってリサーチしていまして、先ずは「サンラータン麺(900円)」だべや( ̄ー ̄)ニヤリ
だろう、と思いつつも、ついつい気分に任せて
「納豆チャーハン(720円)」を「大盛り(110円)」
を頼んでしまうのは、まぁ通常運転でしょうかね(*゚ー゚)>テヘヘッ


20175月 (381)

外観から感じたよりも狭い店内。テーブル席3卓にカウンターが6席くらい。
よく手入れされているお店特有の清潔感を感じますな。テーブルは当然スベスベであります。


20175月 (382)

先客は当初半分くらいの入りだったのですが、続々と客が入ってきてほぼ満席に。
皆さんメニューノールックでオーダーしていますな・・・ヘヴィな常連さんが多いお店の様です。
週替わりっぽい定食ものをオーダーしている方が多かったですね。
そして、満席になりました(;'∀')

20175月 (383)

・・・15分経過。
どうやらオーダーが立て込んでいた様ですな。
いつも混んでいる印象でしたが、もしかすると竣工が遅めなのかも。


20175月 (384)

20分で竣工。
めっちゃ納豆臭ヽ(∀゚ )人( ゚∀)ノヒャッハー
東海道新幹線の中で、ジェットのせいで歯車がズレた井之頭五郎氏の気持ち、今はよく分かります(^_^;)
盛りはなかなか良さげ。

ではでは。

20175月 (385)

おほう、パラパラに仕上がっていますねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ
炒めムラほぼ無し。
で、納豆の風味強靭(`・ω・´)キリッ
味付けは醤油強めかな?くどくならないギリギリの線。
まぁ納豆と醤油、ってこれ、無敵のタッグですよね(^ー゚)ノ
具は納豆、玉子、刻み葱。
ボリュームは見た目通り、ちゃんと大盛りでした。
満足の完食。


20175月 (386)

時間が無い人にはオススメ出来ませんが、時間に余裕がある人にはオススメ出来ますよ。
多分ここ、何を頼んでもそこそこ美味い気がします。
涼しくなったら酸辣湯麺、いただきに上がります(^_-)-☆

接客は普通。帰り際、「ありがとうございましたー」のエコー、いただきました。


20175月 (388)




関連ランキング:中華料理 | 国分寺駅



《再訪》 三色そば(ゆかり切り)。

練馬区
10 /13 2017
石神井公園    雷鳥


久しぶりにこちらへ足が向きました。
12:05訪店。

相変わらず清潔感あり。

カウンター席に座り、
「三色そば(1100円)」をオーダー。
入口前に立ててあったイーゼルを見て、変わりそばをいただこうかと思っていたのですが、
どうせならせいろと田舎も味わいたくなった次第。


20176 (21)

20176 (22)

先客は2組。
ご夫婦は昼呑みだ、羨ましい(^_^;)


20176 (23)

日本百名山の本とか読みつつ待ち、


20176 (24)

8分で竣工。
せいろも田舎も福井県の在来種らしい。
いずれも硬めでパラっとしたタイプに見えますな。

ではでは。

ゆかり切りは・・・


20176 (27)

爽やかふわぁ、っと紫蘇の香りが鼻腔を抜けていきます。
紫蘇の風味は程々に、爽やかな風味が押す感じ。
時折紫蘇の実がぷちんと弾けてアクセントとなりますな。
愉しいねぇ( ̄ー ̄)


20176 (26)

田舎は太く硬めな歯応え。
蕎麦の風味はガッチリ感じます。


20176 (25)

せいろはこの中では凡庸かな。
つゆは旨味がよく出た、ほろ苦みが効いた味わい。
瞬殺。

蕎麦湯はポタージュっぽいタイプ。
この前のとはちょい違う様に感じるがどうだろう?

ボリュームは少なめですが、三者三様、違いを愉しめたかな。

お会計は1188円。そーだった税別だった(*゚ー゚)>テヘヘッ


20176 (28)



関連ランキング:そば(蕎麦) | 石神井公園駅



交通会館地下に広がる昭和なセカイ。

千代田区
10 /12 2017
有楽町   ローヤル



オム&オム&辛来飯と食べ歩いた河井、この日実は所用がありまして。
予定時間までまだ間があるな・・・
で、気になっていたとある団体が運営するカフェへ向かうと、あまりにそのまんまだったので尻込み(^_^;)
食べログを検索して、交通会館へ向かいます。

2017銀座 (41)

こちらには喫茶店が何店舗かあるみたい。
店名からしていずれも老舗な予感、期待を高めで地下一階へ・・・

2017銀座 (42)

2017銀座 (43)

ってこの階段からして昭和の香りがぷんぷんしやがるぜぇぇぇぇ!!
んでもってこの扉、昭和だねぇヽ(´▽`)/

2017銀座 (44)

フロアへ入ると、やはり老舗っぽいお店が多い。
阿蘇は中が見えなくて入りにくいな(^_^;)
で、こちらへ。

2017銀座 (45)

2017銀座 (46)

15:30訪店。

店員の兄ちゃんと目が合いましたが、スルーされました・・・勝手に座れという事かな( ˙-˙ )
奥のテーブル席に座ると追いかける様にロマンスグレーのおっちゃんが水を持ってきたので、
メニューノールックで「アイスコーヒー」をお願いして店内を見渡します。


2017銀座 (48)

いやあ・・・素晴らしき純喫茶の佇まい!!

2017銀座 (49)

椅子もテーブルも年季が入っていますが、よく手入れされている印象。
客層は年齢層高めで落ち着いた雰囲気。
BGMはラジオが掛かっていますが喧騒に掻き消されています。


2017銀座 (50)

2分で竣工。
コースターにプリントされた王冠のロゴがシブいねぇ( ̄ー ̄)

ではでは。


2017銀座 (51)

酸味のある・・・結構来ますな、酸味。
苦味と共に長い余韻。
じっくり飲むタイプのアイスコーヒーだ。

エアコンが適度に効いていて過ごしやすいですな。
ま、ちょっとテーブル低いけれども。
座高には揺るぎない自信を持つ河井には厳しめ(^_^;)

ジリジリと押し寄せて来た満腹感に満たされつつ、
予定時間まで時間を潰しました。


2017銀座 (52)

因みにアイスコーヒーは500円でした。
なお、全席喫煙可。
タバコの煙が苦手な方にはオススメ出来ない事、付記しておきます。


2017銀座 (47)




関連ランキング:喫茶店 | 有楽町駅銀座一丁目駅銀座駅



念願の辛来飯。

中央区
10 /03 2017
銀座一丁目   ニューキャッスル


オム&オムったあと、予定通りこちらへ。


2017銀座 (35)

食べログを始めた当初よりBMしていたこちら、創業は1946年。
上海から戻ってきた創業者が進駐軍からコーヒー豆を仕入れ、茶房を開いたところ大人気に。
その後独学でカレーを研究して辛来飯を開発。
これが評判を呼び、「銀座のカレーおじさん」と慕われたそうです。
彼が亡くなられた後は娘夫妻が暖簾を守ってきたのですが、
建物の老朽化と東日本大震災による地盤沈下のために閉店。
それを知った時は悲嘆に暮れたっけ・・・


2017銀座 (36)

しかし、
この味を受け継ぎたいという青年(三代目)が現れ、2013年に復活した次第。


2017銀座 (37)

地下へと続く階段を下りて、
14:55訪店。

あら、カフェバーみたいなオサレな雰囲気やないの(^_^;)

カウンター席へ座り、メニューを眺めます。


2017銀座 (38)

辛来飯(カライライス)のみ。
盛りの多さによって品川から川崎まで京浜東北線の駅名が付けられていて、
つん蒲【蒲田の先にツンのめった、という意味らしい】(900円)が普通くらいのボリュームだとか。
本来ならば川崎(大盛り)がマストであろう河井ですが、
辛来飯:蒲田(800円)」をオーダー。
つん蒲よりも1ランク少なめですが、いうても連食の果て、これで良し。
因みにこれより少ない大森より手前の辛来飯には目玉焼きが付かない、というのも蒲田をチョイスした動機の一つとなりました。
オーダーを聞いた三代目、早速目玉焼きを作り始め、
二代目?がライスをよそいカレーを掛けて、
目玉焼きを乗っけーの福神漬け添えてーの、

1分で竣工、速いね。

あ、そうか・・・
オム&オムしているから、玉子をトリプルでダブらせてしまったのか・・・失敗した(^_^;)

ダークブラウンのルゥを覆い隠す様に目玉焼き。
福神漬けの赤が映えますな。

ではでは。


2017銀座 (39)

・・・そん、
なに、・・・・・は、
辛くないな。
激辛を想像していましたが、そこまで辛くはないですな。
甘味がジャブを放ち、コクとほろ苦みがズシンとストレート、
辛味はボディブローの様に徐々に効いてきて、
ニンニクと生姜がじわじわ来るお味。
これに白身の淡白さが合うな。

あっという間に中盤、黄身を割ると一気に円やかな展開。
福神漬けもいい仕事しやがる。
首筋が汗ばんできたところで瞬殺。

満腹だあ
とまでは、いかないくらいのボリューム(この前にオムライスと焼きオムを食べています悪しからず)。
これならつん蒲でもいけたなぁ。
期待が大き過ぎたかなぁ、感動まではしなかった(^_^;)
このボリュームでこの価格はちょいお高く感じますな。
清潔感のある店内でしたが、うーん、混んでいれば居心地良いのかもしれませんな。
妙なアウェイ感、ありましたから。
そそくさと店を後にして、


つづく。




関連ランキング:カレーライス | 銀座一丁目駅宝町駅東銀座駅



【オムの細道:329】 銀座で焼きオム。

中央区
09 /29 2017
銀座   仏蘭西屋



2017銀座 (15)

スイスでオムライスった後、本来の目的であるこちらへ。


2017銀座 (16)

階段を下りて、
14:00訪店。


2017銀座 (17)

おお、煙っておる(^_^;)
タバコの煙が苦手な方にはオススメしにくいな(^_^;)
一応分煙らしいですが、どこまで煙を遮断出来るかはわかりません。
左奥の端のテーブル席へ通され、メニューを・・・
あった( ̄ー ̄)

オムライスのオーブン焼き(1030円)」をオーダー。
セットのドリンクはアイスコーヒーを一緒のタイミングでお願いしました。
オム連食になるけれど、毛色が違うからまあいいんじゃないかな、いいと思うな、
いいでしょう(`・ω・´)
そんな事を思いながら店内を見渡します。


2017銀座 (18)


2017銀座 (24)

大きなシャンデリア煌めく、大箱純喫茶ってな内観の店内は、ほぼ満席の客の入り。
客層はリーマンやナイスミドルがメインかと思いきや、若い女性のお一人様も多いですね。
隣席の若いご夫婦が、こちらは英國屋系列だと話しておられました。

BGMは無く、喧騒。


2017銀座 (25)

9分でジュウジュウ言いながら焼きオム竣工。
チーズの焼ける匂いがたまらんねヽ(´▽`)/


2017銀座 (26)

大きくて底の浅い耐熱皿を玉子が覆い隠し、その上にはフライドオニオンが散らされていて、
半熟というより生卵に近いのが1個乗っかっております。
オムドリア、みたいな見た目ですな。

ではでは。



2017銀座 (28)

うむ、見た目はオムドリアみたいだけれど、ベシャメルソースは使われていないな。
これは確かに「焼きオム」だ。
うううむ、オムライス、奥が深いな(^_^;)

うううむ、ライス、底が浅いな(^_^;)
飯深は1.5cmくらい。


2017銀座 (29)

ドライトマトかな?ライスに混ぜ込まれていて甘味と酸味強めなお味、ですが、
味のメインを張るのはたっぷりと使われているとろけたチーズ。
焦げ目の香ばしさ、たまらんね(^_−)−☆
これにフライドオニオンの旨味が加わります。
具はハムが見えますが主張無し。


2017銀座 (30)

玉子は当然ながらハード、と思いきやふわふわな仕上がり。
故に存在感はあるものの、他の濃ゆいメンバーには敵わず、調整役といった役回り。
しかし、味が濃いなあ(^_^;)
さらに上に掛かるケチャップが酸味をプラス、
口内が味で飽和しそう(^_^;)


2017銀座 (31)

ここでぷるぷるした卵を割ると、いい塩梅に円やかに。
ぷる玉、正解だ。


2017銀座 (32)

とはいえ味を足して足された先の円やかさ、後半は塩気も加わりコッテリな展開。
アイスコーヒーに助けられつつ、
完食。

オムドリアからホワイトソースを抜いた感じのオムでしたね。
でもその分、玉子の主張が感じられた様な。
ふわふわな仕上がりもその一助になったかも。
たっぷりと使われたチーズが焼く事に意味を生じさせていました。
実は焼きオム、今まで何度かいただいた事があります。
しかし、「焼く」事に意義を感じられないオムばかりだったのですよ。
こちらのオムにはそれがありましたね。
まあ、味、濃かったけれど(^_^;)
ボリュームは少なめ。

アイスコーヒーはセットのドリンクにしてはボリュームあり。


2017銀座 (33)

接客は、忙しそう。
ツン好みな方にはオススメ出来そうですな(^_^;)


2017銀座 (34)

ふむ・・・まだ、行けそうだな・・・・


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅


《再訪》 【オムの細道:328】 老舗の底力を感じるオム。

中央区
09 /23 2017
銀座   銀座スイス 銀座本店



2017銀座 (1)

この日、河井は有楽町駅から銀座方面へと歩いておりました。

狙うは仏蘭西亭、だったのですが
以前カツカレーをいただいたこちらを発見。

・・・

・・・・・ここ、オム、あったよな。
13:40訪店。

あら、改装されていますね。
前は無かったカウンター席に座ると寡黙なお兄さんがランチメニューを持ってきて下さいました、


2017銀座 (4)

が、オムは無し。


2017銀座 (5)

しかしグランドメニューにオム発見( ̄ー ̄)
オムライス(1300円)」をオーダーして店内を見渡します。


2017銀座 (7)

以前はこのカウンターの場所、確かクローク?
があったっけ。
それ以外は内観の印象変わらず、レジの位置も同じだったような。
以前ホールを仕切っていたおばちゃんは見えませんでしたが、お姉さんとお兄さんが見えます。
代替わりしたのだろうか?


2017銀座 (6)

直ぐにスープ竣工。
アサリとベーコン、双方の風味がバランス良く出ていますな。


2017銀座 (8)

続いて竣工したサラダに掛かる、さっぱりしたドレッシング、河井好み。
しっかり冷やされているのも好感。


2017銀座 (9)

8分でオム竣工。
オムに掛かるはデミグラスソースかな?
薄焼き玉子の巻きオムですな。

ではでは。


2017銀座 (10)

お!デミグラス、美味しいね(^_−)−☆
サラッとしたデミは酸味とコク濃厚なるもしつこくはなく、ほろ苦みが効いたお味。


2017銀座 (11)

ライスはバター?の効いたチキンライスで炒めムラ無く、パラッと仕上がっています。


2017銀座 (12)

トマト由来っぽい甘味と酸味がメインを張りますが、粗挽きの黒胡椒がパンチを効かせていますね。
具は鶏肉と玉ねぎ、マッシュルーム。
それぞれ違った食感をもたらし、噛むという行為が愉しいね(^_−)−☆
玉子はハードタイプ。

ボリュームはそこそこありますな。
きっとハヤシも美味しいんだろうな、
なんて思いつつ完食。

お会計は1404円。
あ、そーだった税別だった(^_^;)



2017銀座 (13)

つづく。




関連ランキング:洋食 | 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅


外観、おにぎり、おばあちゃん、三味一体。

さいたま市大宮区
09 /21 2017
大宮   つくば本店 駅前店



樅の木を後にした河井、大宮駅へと向か、


2017大宮 (133)

・・・う道すがら、こちらへ立ち寄りました。

確か、塩分がお好きなマイレビュアーさんがおにぎりを推してしたっけ・・・
と、思い出しまして(^_−)−☆
いやはや、素晴らしく昭和な外観、麗し。
16:20訪店。


2017大宮 (134)

おにぎりの入っているショーケースには売り切れが目立ちますな・・・と、


のぶなが!??
どういうおにぎりやねん((((;゚Д゚)))))))
・・・と一瞬思いましたが、
のざわな、でした(^_^;)
どうやらかなり疲れていた様ですな(^_^;)

さて、野沢菜か、ちりめんか・・・うむ、
塩分を摂ろう(`・ω・´)
塩気の多そうな「のざわな(125円)」をコール。

おばあちゃんの柔らかな応対にほっこり、いただきました。


2017大宮 (135)

出発待ちの電車内でいただきます。

ではでは。


2017大宮 (136)


2017大宮 (137)

ご飯はやや硬めの軽くしっとりしたタイプで炊き上がりは宜し。
野沢菜は塩気こそ期待したほどでは無かったのですが、ちゃんと風味あり。
ああ、なぁんか、ほっこりするわぁヽ(´▽`)/
おにぎりは小振りに見えましたが、厚みがありましたね。
4口で完食。

ボリュームはそれほどでもなかったですが、このお味でこの価格ならば満足。
お店の雰囲氣も良かったし、おばあちゃんの接客も柔らかく、それぞれに味がありました。
こういうお店が駅前にあると、なんだかホッとしますな。
願わくば、いつまでも、いついつまでも。
そんな事を思いながら、閉じようとする瞼に抗いつつ、
呆気なく負けた河井なのでした。


おしまい。




関連ランキング:おにぎり | 大宮駅



イイ宮の「隠れ家」。

さいたま市大宮区
09 /21 2017
大宮    樅の木


何とかオムにありつけた河井、安堵しつつ大宮駅東口の狭い小径を歩きます。
ごちゃついた、いい雰囲氣のアーケード街には日高屋・・・
・・・磯丸、
・・・金の蔵、ってなんでやねーーん!!
雰囲気もへったくれもないやないかーい(゚Д゚)ゴルァ
しかし、ここだけはガチだった!!
むふふ、いい感じに草臥れた外観、期待が高まります( ̄ー ̄)
15:15訪店・・・と、店主、
「すいませーん、これからなんですよ」

え?これから!??なの、か・・・無念なり(T ^ T)
次回訪れた際の宿題だな、ロッカ。


2017大宮 (123)

むう、オムといい振られてばかりだな・・・で、第2候補のこちらへ。

タカシマヤの東、ファミマの隣の栗橋ビルの通路を進むと、

2017大宮 (126)


2017大宮 (127)

隠れる様に在りました。
15:20訪店。

渋みのあるマスターに「どこでもどうぞ」と仰っていただき、
ありがたく入口近くのテーブル席に座ってメニューをチラリ。
「アイスコーヒー(400円)」をオーダーして店内を見渡します。


2017大宮 (128)


2017大宮 (131)

年季の入った純喫茶然とした店内は雰囲氣あり。
机も床も綺麗に拭かれていて、よく手入れされている印象を受けます。

客はおばちゃんの大グループがかしましい(^_^;)

3分で竣工。
銅製のマグカップにて供せられました。

ではでは。


2017大宮 (132)

キンキンに冷えたコーヒーは苦味スッキリ、余韻もスッキリ、軽く甘味を感じますね。
飲みやすいけれど、グイっと飲み干すタイプでもない。
じっくり、いただきます。
エアコンとアイスコーヒーによって、暑さで茹だった河井の身体がゆるゆると冷まされていきます。

と共に、猛烈に疲れが(^_^;)
蒸し暑さを喘ぎつつ氷川神社の参道を一ノ鳥居から歩いて、
博物館を巡って、
オム処に振られ振られて・・・歩き回ったなあ、
眠気と戦いつつ食べログの下書きを仕上げたりして暫しの間休ませていただきました。

接客は柔らかく、心地良し。
フラッと入って束の間安らぐ、そんな使い方がよく似合うオトナの隠れ家、
ってのが総評。

因みに全面喫煙可。タバコの煙が苦手な方にはオススメしにくい事、ご了承くださいませ。


つづく。




関連ランキング:喫茶店 | 大宮駅



【オムの細道:327】 人情味溢れる伯爵のオム。

さいたま市大宮区
09 /20 2017
大宮    伯爵邸


氷川神社、埼玉県立歴史と民俗の博物館と巡り、
人生初の東武野田線に乗って大宮駅へ。

さて、
では、オムりますよ(^_−)−☆
大宮駅の東口に老舗の洋食屋がありましてね・・・

って、あら!
中休みですか(゚- ゚ )

16時までランチタイムだとの情報でしたが臨時なのか、変わったのか・・・
うーむ、仕方無い・・・第二候補のお店へ向かいますよ(^_−)−☆
昭和の風情遺る小径の先にモダンな洋食屋さんがありましてね・・・

って、あら!!
シャッター下りてますか(゚- ゚ )

・・・仕方無い・・・まだ残しておきたかったが、安全策を取るしかないか。
店名からして恐らく池袋の伯爵の系列なのかな?
元は珈琲館だったらしいですが独立して、24時間営業している純喫茶がありましてね・・・

って、ほら!!!
やってたヽ(´▽`)/
14:35訪店。

店内中ほどの4人掛けテーブル席へ通され、メニューを・・・と、店主が出て来て
「お食事ですか?」
「はい」
「じゃあ時間は過ぎたけれどランチメニューでいいですよ」
とランチメニューを持って来て下さいました!
ランチタイム、14:30までだったので諦めていましたが、
有り難や、有り難や(T ^ T)
で、ランチメニューを開いて2秒、
懐かしのオムライス(850円)」をオーダーして店内を見渡します。


2017大宮 (117)

池袋の伯爵はゴージャス感溢れる内観でしたが、こちらはそうでもないですな。
年季の入った店内は薄暗く、どこか雑然とした雰囲氣、


2017大宮 (112)

でも手の行き届いた感じでテーブルはスベスベに拭かれてあります。
んで、居心地の良さはこちらの方が上ですな。
客はほぼ満席の入りで客層は母子連れ、若いカップル、おばちゃん、リーマン、夫婦とてんでバラバラ。
そこに人気の高さが伺えます。
BGMは喧騒。

隣の席では若い女子2人が「喫茶店オムライス、食べたかったの〜!!」とはしゃいでおります。
なんだか嬉しいなあヽ(´▽`)/
「河井も喫茶店のオム、食べたかったの〜!ヽ(´▽`)/」
とか思いながらニヤニヤしているところに、


2017大宮 (113)

4分で竣工、速いね。
んでもって、なかなかに雄大なオムであります。
薄焼き玉子の巻きオムですな。その中央をケチャが幅広く縦断。
withサラダとスープ。


2017大宮 (115)

2017大宮 (114)

スープが既にこぼれているのはご愛嬌(^_^;)

ではでは。


2017大宮 (116)


2017大宮 (118)

ライスは汁気少なめでややパサ付く感じのケチャップライス。寝かせてあるのかな?
でも温くはなくしっかり熱々。
ケチャップの効きはそれほど強くなく、上に掛かるケチャップに存在意義をもたらす味付け。
玉子はぷるんとした弾力のある火の通りでそこそこ厚みあり、
しっかり底まで巻いてあります。

具はハム、マッシュルーム、玉ねぎ、ピーマン。
つまりハムライスですな。
ハムの旨味と塩気が、薄味のケチャップライスの中で存在感あり。
そしてその食感がいいアクセントになっていますね。
ボリュームはそこそこありますよ(^_-)-☆
淡々と完食。

昔ながらのオムライス、という名称に違わぬクラシカルなオムでしたね。
ライスの具合は河井の好みから少し外れていましたけれども。
味はそこそこながら、このボリュームでサラダとスープがついてこの価格ならば、まあ満足は出来ました。
接客は国際色豊かな店員さん達がソツのない応対。
と、端の席で泣き出した赤ん坊を店主が抱き抱えてあやし始めました。

ああ、こういうお店は、強いわぁ( ̄ー ̄)ニヤリ
好きこそ物の上手なれ、と言いますが、店主は人と交わるのがお好きな方なのでしょうな。
河井が感じた居心地の良さはきっと、そこから発現していたのでしょう。
人情味溢れる眠らない純喫茶、いつまでも、いつまでも。


つづく。




関連ランキング:カフェ・喫茶(その他) | 大宮駅



ポニャトフスキ(河井継之助

オムライスを中心に各地のB級グルメや郷土料理あたりも狙いつつ、安くて美味しい料理を食べ漁るブログです。
名前だけでも憶えていってくださいませ(^_-)-☆
あ!!
オムライスの記事は「オムライス」で検索していただければ容易にリストアップ出来ますよ(^ー゚)ノ